Post

        

ジュンスのインタビューについて

category - ジュンス
2012/ 12/ 01
                 
  SMとの裁判が終結したことについて、
ジュンスのインタビューの まっとうな内容を載せておきます。



■ JYJキム・ジュンスが自分たちの専属契約無効訴訟の意味に対して言及した。[毎日経済スタートゥデーイ・ヒョンウ記者]

  キム・ジュンスは29日(現地時間)ドイツ エッセンにあるホテルで記者たちと会って、
3年4ヶ月間続いた前所属社SMエンターテイメントと専属契約関連訴訟が終わった時点で、
東方神起の再結合の可能性に対して『東方神起としてはご挨拶することはできない点は残念だと考える』と話した。
直接的な説明ではないが、自らも東方神起の再結合の可能性を低く占っている とのこと。


キム・ジュンスは、『私もやはり東方神起で芸能界に入って歌手になったので残念なことは事実だ』として、
『残念で申し訳ないが、いつも東方神起という名前は胸中に残っていることで、
東方神起として活動した5年は私だけでなくどんな方も忘れないで記憶することだと思う』
と話した。

引き続き、
『いつかは東方神起という名を連ねて再び舞台に立つことができるならば 漠然とではあるが、これ以上の幸せはないようだ』と付け加えた。

キム・ジュンスは、『私たちは会社(SM)と不公正について戦っただけで 東方神起という名前を捨てたかったことも、東方神起を離れたかったからでもない。』と、東方神起に対する愛情を隠さなかった。

自身を初めて世の中に知らせたシアという名前も同じこと。
キム・ジュンスは、『ミュージカルではキム・ジュンスという実名を使っていて、その名前が書かれた私を記憶して見に来てくれれば それに報いることだけでも意味深いことだが、
私はシアという名前で開始したし、そのまま歌手シアとして良い姿を見せてあげたい』とも話した。

キム・ジュンスは、シア・ジュンスという名前で東方神起でデビューして知られたが、SMと専属契約紛争以後シア・ジュンスという名前をこれ以上使用できなくなった。
去る5月発表した自身の初めてのソロ アルバムでも、東方神起時代の表記である‘XIAH’からHを抜いた‘シア’(XIA)という名前でアルバムを出したりした。

以下略
(ソース startoday


▼ Kstyle 記事から

  JYJのジュンスが、28日にSMエンターテイメントとの調停合意で契約関係を完全に終了したことに関して、「僕も驚いたが、勇気づけられることだ。ここ3年4ヶ月間の訴訟が、後輩たちのための踏み台になると思う」と話した。

ワールドツアーのためにドイツに滞在しているジュンスは、29日(現地時間)の午後5時、ドイツのシェラトンエッセンホテルで会った記者たちにこのように明かし、「正直、突然の発表だった。(調停合意の)タイミングはもっと早く出るべきだったと思っていたが、ずるずると先延ばしになっていたので、(今回の調停発表には)驚いた。僕たちとしては、3年4ヶ月という時間を無駄に過ごしたのではないと思う」と話した。

また、「ドイツに移動する途中に聞いたので、まだメンバーたちに会っていない。韓国に戻ったら、メンバーたちと一緒に話し合いたい。実は3年4ヶ月間、僕たちが実質的に得たものは多くない。ただ、はっきり話せることは、訴訟後、後輩たちがよりよい環境でスタートできる足場になったのではないかということだ。契約期間が減り、通常7年になったと聞いているが、それだけでもほっとした」と話した。

今回の調停合意を受けて、一部ではJYJの今後のテレビ出演問題が話題になっている。これに関してジュンスは「実は敏感な問題だ。もし、このような調停の結果で、テレビ出演ができるようになるのなら、前回の仮処分の申請時に可能になるべきことだった。今回の調停によってテレビ出演ができるかどうかは、僕たちも知りたいことだ」と話した。

彼らは事実上、東方神起からの脱退が確実となった。ジュンスは「時間がかなり過ぎ去ってしまった。残念なことは、今としては東方神起としてご挨拶できないことだ。僕も東方神起として歌手を始めたので、本当に残念に思う。でも現在としては惜しむしかない状況のようだ」と話した。

また、ジュンスは「(訴訟は)事務所との不公正な問題について戦っただけで、東方神起を離れたかったわけではない。不本意ながらこのような結果になってしまった。ファンの皆様には申し訳ないけれど、東方神起というタイトルは、僕の心の中に残っている。漠然とではあるけれど、いつか東方神起としてステージに立つことができれば、それ以上幸せなことはないと思う」と話した。
(ソース kstyle


ジュンスは、かつて自分が所属した"東方神起"というグループに対する、
分裂問題の前も後も、常に変わらない愛情を語っていますが、
記事によっては、まさにジュンスは今、東方神起として活動したいと願っている、
とも受け止められるニュアンスがありました。

私の前記事もそうでしたね
読み返してみると 言葉が不足してました。







にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

そんなぁ・・
まじょ様

「いつか東方神起としてステージに立つことが出来ればそれ以上幸せなことはないと思う」

ジュンスが率直に言ったことが
私は嬉しかったけど。

もっと言えば 「いつか」 でなく 
なるべく早い時期に
五人が笑いあえたら もっといいな 
とも思うけど。(極秘でもね)

誤解も曲解もないと思うんだけどなぁ

☆私もジュンスと同じ「夢」を持っているから☆



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
長くてすんません
色々ありすぎて、何書いていいかわからんです。
あっちやこっちの記事を読むでけでアップアップ。
裁判関係は皆様のコメントに同意、でございます。
とにかくこれからですね。係争中、との肩書きがなくなったという事がめでたい、としか今は言えん。

裁判和解でなぜか落ち込んでたオルペンはん達が、こぞってジュンちゃんコメントで喜んどりました。
JYJオンリさん、ちゃんと受け止めて的な。
あれもツイ情報では

「漠然とするだろうがいつか東方神起という名前で舞台に立つならば感慨が新しいようだ」…って多分直訳だったのに、 「東方神起として活動できたら、幸せ」って見出しに変わって今は「東方神起として活動したい」」

との事で、本来の意味と随分違うんではないかと思います。
昔からのファンの方は、感慨深くて、涙した、とか、嬉しい、とかの感想が多いみたいで。
新規ファンの私なぞは、??でしたよ、最初読んだときは。
まあ、本人達のいつか5人でやってみても良いか、という気持ちがあると言う事と
(気持ちがあるかどうかは別として)
ファンが二幕も応援する、という事は別問題と思いますし、私は実際二幕には全く興味がありません。
とにかくJYJで、しっかりやっていっておくれ、もうカラカラなんです、としか言いようがない。

和解以前だけど、もう麗しすぎる完璧かっこいいジェジュン記事と情報であふれかえって、
萌え萌えながら、だからかえって寂しい、もう限界、歌手JJが見たい、
というジェジュンペンブロガーさんが多かったです。
実は私も。ジャッカル関連の記事なんだから、俳優としてフォーカスされてるのが当然多いのだけど
だから発言も自然俳優としてが多かったし、寂しさは募る。
サンフランシスコの例の24時間Kポップのアリランチャンネル見てると、
あっちゃ〜、って感じでどれもこれも同じで、お腹いっぱい。
JYJにはどっぷり韓国芸能界にひたってほしくないな、なんて思ってしまうのです。
記事を読めば読むほど、ジェジュンが韓国の芸能人だってひしひしと感じて
寂しさが募るのでしょうか。だから、裁判終結には皆さん、心が↑でしたよね。
和解当日、そのアリランチャンネルで一幕の呪文のMVが流れたのです。
たぶんそのチャンネルで始めて一幕見ました。二幕特集はしょっちゅうなんだけど。
やっぱり何かが変わったのかしら。

記事読む限り、3人が会う時間もままならないようだけど、
時がきたらちゃんと最高のパフォーマンスをみせてよね〜
あ、それからminminnさん、Mukuさん、レポありがとうございました。ほんとに楽しかった。

ところで、しましまさんのブログ名が「avexもJYJを自由にしちゃいなYO〜!」
に変わってたのには受けた。Good Job !! ¥( ᵅั ᴈ ᵅั )~♬
Re: 春花さんへ
こんばんは 春花さん、
正確なコメントは これです
いろんな記事が ばーっと ジュンがまさに 東方神起に今すぐにでも戻りたと言ったかのような
タイトル付けして記事を出したから、
アンチだけでなく、ジュンスに対する仲間内のファンからも吹き出したらしく、
これは、詳しいものを載せるべきだと判断しました。

アンチは、これ見ても同じことじゃないの?と言いそうだけど
東方神起を捨てたくせに というのが彼女らの言い分だから、、

私は、アンチの餌食だなぁ、と、それだけが気ががりでしたが、
実はそれだけではなかった
でも、そうですよ、
五人が笑い合う姿が見たい、これは活動とは関係ない人としての次元の話ですよ

他の記事はそこから逸脱して曲解してしまっていた、
そこがシアペンさんらが心配してるとこだろうと思います。
Re: iibesa さんへ
この結末は、SMをどこまで信用できるか?にかかってますよね
そう考えると、胃が痛くなりますが、、
3人の行動で、大手芸能事務所の所属アイドル達には目に見える恩恵があった
芸能界自体を良い方向にむけさせることもした。
しかし、3人は今のところは、"与えたのみ" です。
胃が痛いので、iibesaさんの読み、外れて欲しいです まじで、、
Re: ホヒハマさんへ
> 色々ありすぎて、何書いていいかわからんです。

同じくです

理論的には、3人は勝ったと言えるけど、まだそれが見えない
人の為には充分なったし、彼らが引き出した芸能事務所の契約条項の改善は
韓国の芸能界にとってはいつか誰かがやらなければならないことをやったと思う。
それに関連して、これもある、あれも、と様々な問題点も取り上げられるようになった。
しかし、3人だけは これからですよ。
いい変化が実際に見えてくるまで、あの世界は信用ならない 
みなさん そういう気持ちなんですよね?

ああ、やはり ジュンちゃんコメントでオールが大喜びでしたか、、
最近私も、けっこう温厚かと思ってたけど(爆)
ツイに混じってくるオールの言葉に、"うせろ!" と思うことしきり。
まあ、数では「東方神起で活動したい」と銘打った記事が多かったですが、
本来の意味とは違う、ということで別記事を載せました

この記事、詳しい方じゃなくても、なんていうか、JYJファンなら主旨は伝わると思ってましたよ、
心配だったのは アンチだけで
東方神起への深い愛情、無理やり切り離されたに等しいんですから、当然じゃと思うけど。
3人が捨てたという人もいるけど、5人で、を捨てようとしたわけじゃない。
どれ程辛かったか、ファンの側としても、あれほど信じたくなかったことはないし。
"いつかは、" これはジュンちゃんの心が見ている夢だと思いますよ、
3人が今どう頑張っていて、ファンが今なにを必死で応援しているかとは
また別の話だと 私は解釈しました。
そして、私もまた、人として手を取り合う5人の姿が見たい。
その点では、活動がどうとか SMがAが、なんてことも関係ないス 
ジュンちゃんは 人として余程にまっとうなんじゃないでしょうかね

う~~ん、
ジェジュンですかあ、、、
正直、舞台挨拶はいつまでやるの?? 的な。。。
やらねばならぬ という責任感、しかしソロアルバムももっと曲が溜まってからだと言ってるし
おとといかな、3人のこの3年を総括したような動画見て 私は無口になっていた
なんていうのか、喪失感に近いような(← あまりの本音に鍵したい)
願望が多すぎるのかもしれないわねぇ、、何を見ても埋まらない、そんな感じ、、
まあ、そういうときは くっそおおお!となるのが私なんだけどね^^;
つまらんこと書きました 笑

そこでは これまで一幕すら流れてなかったのですか?
二幕特集ばかりで、余計に3人ファンが見なくなってたのかな?
そういう 微妙な変化は ちょと興味ありますね

あ~~ 納得!
ちょと前に しましまさんが この名前JYJペンに嫌がられないかな?って質問してきたんですよ、
私ったら 記事のタイトルのことかと思って、問題ねーべさ って答えたんだけど
そっちだったかーー笑 ほんとォもろい子よね^^ すごく真っ直ぐだし
ジュンちゃーん♪
率直に私は嬉しかったなぁ。
5人の復活ってことではなくて、
ジュンスやJYJの言ってる事が当初から変わってないんだってことに。
これだけ色々なことがあっても、相も変わらず東方神起という名を大切に思ってるんだね。
みんなで頑張ってきた東方神起という名に誇りを持ってるんだね。
思い入れがあって当たり前だと思うけど。

東方神起として活動していたのだから、その名を出したからといって
今のJYJを粗末にしてるわけでなし、過去も大切にしながら
今はそれ以上にJYJとして頑張っているんだからいいんじゃないのかな?
ジュンスはある程度バッシングがあることはわかっていたと思うんだ。
それでも思った事を正直に言うのってジュンスらしいと私は思いました。
そんなジュンちゃんが私は好き(*^^)一番はジェジュンなんだけど(^◇^)

アンチは東方神起の名を出してオルペンへのアピールなんて事言ってますけど、
(まだまだ酷い事言ってましたけどアホかって感じです(-_-メ))
オルペンさんはジュンスの発言が無くても相変わらずのスタンスでした。
喜んでるの見て言ってる意味わかる?って感じはしましたけど。

それより一番大事な事はJYJのこれから!
裁判が終わったからと言って安心できないのがあの会社!
嘘っぱちが得意ですからね。

3人が出る音楽番組やお笑いなんて視聴率UP間違いなしじゃない?
3人の戯れと歌声が恋しいなぁ(T_T)
来年こそはライブ期待してます!チケット当たれ♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: のりこさんへ
そうでしたかぁ のりこさんも^^

3人は変わってないということですもんね
まあ、私のコメントも残念だった、とシアペンさんからいただきまして
JJペンがこれで批判してる、とも
(内輪でそういうのがいるから、困ったもんなんですよね)

そもそも、3人は東方神起を捨てたと批判されている
こうして終結した今、言いたかったんでしょうね はっきりと
ルーツですもん、大切思って当然、
あんまりぐちゃぐちゃ説明せずに すっぱり言ってるところを見ると、
それなりの反応は 覚悟の上ですかね

アンチは こんなこと信じられたら、責めの理由を失いますよね
まあ、元々、失われてますけど、

あ、ジェジュンがツイ再会しましたね!!
最初の写真が寝姿とは 笑
ジジにも久しぶりに会えたし~~~
楽しみ、いや生きがいがまた増えた=★
Re: kaoru さんへ
こんばんは~~

そーですか、kaoruさんも真っ直ぐに受け止めた組ですね^^
余計な憶測するファン(?)がいるから困るということだけですね
東方神起は今も3人にとって大切なもの
しかも、決して自分から捨てたなんぞという誤解はされたくないことでもあるだろうし

私は、時々思うんですよ
次に涙が止まらないことがあるとしたら、5人が一緒に笑う姿を見るときかもしれない、って
これは、活動とかそういうこととは別
ジュンちゃんが言う 漠然とした心のなかの夢みたいなもの
それが5人の本当の幸せだと思うから
おばはん的にはね^^

SMはちょっと不安ですよね
もし3人の活動がこれまでと大差なくても関係ないと言い張れる状況ができたわけだし
どこかが壁を破れば、、早くそれが見たいものですね