Post

        

ジェジュン 我々は欲心なしに楽に暮らす人々ではない

category - ジェジュン
2012/ 11/ 25
                 
 JYJの来年の中国4都市コンサートの開催が決まったそうでございますね

昨日の隼人さんブログは、なかなかジ~~ンとくるものがありました。
来年はきっと日本でも、
私めもそう信じて、明るい展望を持ってこの冬を乗り切ろうと思います^^


そして、映画ジャッカル、
日本からのも、”行ってきま~~す!”の声が聞こえてきてます。

ま~~~、けっこう散々な批評とかもありますが、
ファンのための映画じゃねーか!だそうで、
こりゃファンにとっては さぞかし美味かと思われます


1日中見てきてくださ~~い 



ジャッカル、これはジェジュンの起爆剤になりそうですね 



■ [インタビュー]キム・ジェジュン
“興行不振…初めての酒で腹がいっぱいになることもあるんですか?”


image_readmed_2012_775462_1353714676782778.jpg




グループJYJキム・ジェジュン(26)のスクリーン デビュー作‘ジャッカルが来る’(監督ペ・ヒョンジュン)、
韓流トップスターに挙げられる彼の初めての主演作品だが、興行成績が大いによくない。
まだ行く道が遠い。
去る15日封切り、累積観客が18万人余りだ。
期待が大きかったようだが失望しないで明るく笑う。


「残念ですけれど大丈夫です。
初めての酒で腹がいっぱいになることはないでしょう。
本当に立派な俳優も失敗したり、成功したりもするからです。
映画界に足場を踏み出すこと自体が有り難いことでしょう。
今回の映画を通じて他の作品をまたしたいという欲を持つようになりましたよ。」



キム・ジェジュンは、壊れたことに対して負担もないし心配もない。
「作られたビジュアルが好きな方たちもいるから‘彼らの心に害を及ぼすのはでないか’と心配になるけれども、このような姿を好きな方たちもいること」と、しながら、「意図したものは よく撮れたようだ」と笑った。
ただし、「主演であったために感じる緊張感と圧迫感があった」と打ち明けた。

「前興行の有無を考えて作品に臨みはしません。どのようにすれば歌手キム・ジェジュンが演技者になって俳優の間で水が流れるように自然に調和を作り出すかに悩みます。新しく挑戦する姿も見せてあげたい。ドラマ‘ボスを守れ’‘ドクターJIN’のようにです。」


image_readbot_2012_775462_1353714676782779.jpg



 キム・ジェジュンが所属するJYJは、国内はもちろん、海外でも相当な人気だ。
昨年から今年の初めまで全世界15都市でワールドツアーを進行、総21万人のファンたちを動員したことがある。JYJがなぜ人気があるのかを 考えてみたことがあるだろうか。


「私たちは自由でないでしょう。公平でない垣根の中でずっと何かをしようと努力しています。
そのような過程は残念な報告、さらに助けようとする人もいるようです。
ファンたちに表現する窓口が多くあるべきですが私たちは狭いです。でも集中しています。
表現する場所が公演会場しか無いじゃないですか、それで他の方々が‘人気があるんだねー’と思うでしょう?」(笑い)

JYJは、東方神起を出てSMエンターテイメントと鬱々とした争い継続している。
地上波はもちろん、ケーブル放送も出演制裁を受けている。
キム・ジェジュンは、「迂余曲折の荒波に乗るっているみたいだ」と表現した。
特級新人で登場して途方もない人気を呼んでいる途中に下積みも経験したし、再びまた打って上がった。
彼は、「そのような経験は 良いみたいです」として、「10年後の未来が期待される」と話した。

(過去の恋バナなど、皆さん散々読まれてる部分は割愛します 笑)


キム・ジェジュンはまた、「初めてオーディションに行った時は、歌が上手な方ではなかった。ジュンスが生き証人」と笑って、「お金が無かったので、会社があった狎鴎亭から乙支路までよく歩いて通ったが、CDプレーヤーを無限に繰り返して聞いて口ずさんだのが 今の私があることに役に立ったようだ」と記憶する。


image_readtop_2012_775462_1353714676782777.jpg



 JYJは、時間が過ぎながら歌手活動と共に演技への領域も広げている。
パク・ユチョンはTVドラマ、キム・ジュンスはミュージカル界で名前を知らせた。
キム・ジェジュンは、今回の作品を通じて映画界に名前を知らせたりしたが、他のメンバーの人気とは違って惜しい。メンバーがうらやましくはないだろうか。また、メンバーは互いにどんな助言をするだろうか。


「メンバーは羨ましくはありません。
私は自分自身に対して厳しい方ですが、長い目で見れば今の過程が私には助けになるようです。
また、私たちは互いに尊重し尊敬して助言もしないです。お互いの能力を信じていますね。
私たちはみな "欲心なしに楽に暮す人々" ではないということは判っています。
"あの子が欲張れば当然上手いはず!" と思って 本人はもっと頑張ろうとします。」(笑い)



image__2012_775462_1353714676782780.jpg




いつのまにか来年でデビュー 10年になる。
キム・ジェジュンは、「10年前に 10年後を思ったことがあるのに今も 10年後にはそのまましたい事をしながら暮してあるようだ」と言った。
彼は、笑い話で 「幸いに 10年前と比べて私を含めたジュンス、ユチョンは さっぱり老けないのが良い」と言って爆笑を噴き出した。

(ソース 11/24 star.mk,co,kr






■ 'ジャッカルが来る' 金在中 "いつも新しい姿で.."
[조정원イシューチーム記者]

ドラマ 'ボスを守れ'の財界プリンス チァムウォン, 'ドクターJIN' のカリスマ従事官キム・ギョングタクなど演技者として安定した評価を得た グループJYJ メンバーキム・ジェジュンが、初スクリーンデビュー作 'ジャッカルが来る'で これまでとは全く違う'壊れた'姿を披露した。

「いつも新しい姿を見せたかったです。 'ジャッカルが来る'を通じて、こういう姿を集中的に見せたかったんです。 これまで重い役を沢山したが、私が持っている他の部分もあるということを知らせたかったんです。」

そのためか、キム・ジェジュンは‘ジャッカルが来る’で、誰より多く壊れて熱心に転がり落ちた。
しらじらしさまで兼ね備えた傍若無人のトップスターチェ・ヒョンの話だ。


20121124000031_0.jpg



 最近、ソウル江南の某所で会ったキム・ジェジュンは、ちょっと早い朝時間なのか、急に肌寒くなった気候のせいかちょっとすぼんでいた。 しかし、カメラシャッターが早く動くと、たちどころに真摯な '芸能人モード'に戻ってきた。

「いけずうずうしい行動は、役柄ーを引き受けない以上見せるのは難しいでしょう。このようなキャラクターを通じて ずうずうしさ自体を一度やってみたかったです。‘ジャッカルが来る’には、普段自分の姿とずうずうしい姿がたくさん溶け込んでいます。」


 彼は、劇中 女キラージャッカルから生き残るために自身を偽りのチェ・ホンだと主張して、音痴も向こうへ行くほどの歌実力をリリースするかと思えば、腹に空気を吹き込んでおたまじゃくし杯を作るなど、これまでのすっきりしていてシャープなイメージを果敢に捨てた。
だが、それに比べて‘ジャッカルが来る’の成績は 振るわない状態だ。


「私には、そのまま映画をしたということ自体が良い機会であり 経験でした。
もちろん、興行を離れて考える訳には行かないが、私がお見せすることができる一つの出口だったと考えます。
ひとつに機会であり、得たものも余りに多かったですね。
演技が私の前に現れて人生の活力の素を吹き込んだみたいです。
一緒に音楽にも意欲がでるようになりましたし。」



 キム・ジェジュンは、何か新しいことに対する絶え間ない試みをしたし、意欲を見せたし、時には欲も出した。

「本当に我を忘れて撮ったようです。今になって見るからあたかも新しい作品に接するように‘あんな風に撮ったんだな’という気がしました。疲れて、撮影の合間に居眠りもたくさんしましたよ。ご飯を食べれば睡眠をあきらめて、寝るにはご飯をあきらめなければならないほどでしたから。その二つを両立できる方法として栄養剤を食べることを選択しました。」


 歌手として活動してすでに9年。迂余曲折も多かった。
芸能人としての人生は、彼に多くのことを享受できるようにしたが、平凡な日常を享受することができる機会を奪い取った。もし、彼に芸能人でない一般人として一週間という時間が与えられればどんなことをしたいだろうか?


「一応、人がガヤガヤ騒ぐ屋台に行ってみたいです。美味しいモノも食べて気楽に酒も一杯飲んでから、翌日に帰って..翌日にはショッピングもしながら見物をしに行くでしょう。東大門に行かないまま8年度が過ぎたようです。そして、テーマパークに行って遊具にも思い切り乗って。撮影のために行ったことは何度かありますが、いざ 遊具は乗ってみることができませんでした。振り返ると本当にそうですね。ハハ」


  キム・ジェジュンも、彼を好むファンたちも、歳月を押し戻すことはできない。初めて持った心を失わずに成長していく純粋な彼の姿に、ファンたちは変わりない愛を送っている。

「多くの仕事を体験しながら、倒れたり骨を折ったりもしまたが、その時ごとに力を与えて下さったファンたちに常に感謝します。皆さんと一緒だったから苦難と逆境にも勝ち抜くことができたようです。」


  自身が好むスターの一言が個人に及ぼす影響は実にすごかった。キム・ジェジュンは対話の末、実際に起こったファンとの思い出を一つ持ち出した。

「あるファンの1人に‘勉強を熱心にして下さい’と応援を一言贈ったら、本当に1等になりました。さらには日本で、早稲田大学に入った方もいましたよ。ファンたちとの縁を より一層大切に考えることになった契機になりましたよ。」


  インタビューの最後に、彼は‘ジャッカルが来る’で共演したキム・ソンニョンに謝罪の一言とまだ映画に接することが出来なかったファンたちに挨拶を残した。

“試写会の時撮影にカットが多くてエネルギー消耗があったことを‘気を使った’と言ったことがあるんですが、話題になったせいで不本意で、キム・ソンニョン先輩には申し訳ありませんでした。誤解なければという風です。まだ‘ジャッカルがくる’と会う前の方々は、簡単に軽い気持ちでひとまず見られたらいいですね。私どもの映画には途方もない長所が隠れています。見れば見るほどな映画です。多くの愛お願いします。」

 幕の合い間を利用して映画に対する広報も忘れないキム・ジェジュン。
歌手としても演技者としても、彼が持つ隠された魅力を 思う存分発揮するのを期待する。


jj1.png

jj2.png

jj3.png



(ソース 11/24 ヘラルド経済




”インタビューを受けて、後で傷付いていたりする。”
ジェジュンにはそんな弱さがある、と、ジヒョ姉さんが話してましたが、
これらもまさに、そうだったかも
興行成績を問われるのは、主演俳優にとっては相当キツイことだろうに。

こうして、沢山のインタビューを読んで私が感じるのは、
ジェジュン自身が、"人からどうイメージされているか?" というこだわりから抜け出せたらいいな、
ということです。

JINのギョンタクは、実際、壊れてましたよね(笑)
本当の意味で、キム・ジェジュンというアイドル歌手のイメージは失せていたし、
そこには、ジェジュンが壊れようがカリスマだろうが関係ない、ひとつの役柄としての存在感がしっかりあった。

考えてみると、ジャッカルは、自分のイメージを壊したいというジェジュンの望みに反して、
一般の映画ファンにとっては、、最も アイドルキム・ジェジュンを意識させるものだったのかもしれない。
(JINは見てないし、とか、男性アイドルには興味がないから仕方ないっ!、という男性の意見もありで)

私めとしては、ホント そろそろお歌に集中しない?と、ジェジュンをつんつんしたいとこですが、
こうなってくると、
ジェジュンが演技の世界で まだ挑戦したい!! とする気持ちはよく判る。

『 私たち(メンバー)はみな、"欲心なしに楽に暮す人々" ではない 』
いいですねー、ジェジュンの口からこういう言葉が出るって。



良い結果も、そうでないことも、ファンはジェジュンと分かち合って進む、
"なにクソ!根性" 半端ないジェジュペンでございますよ 
鍛えられてます 世間様にも、ジェジュン本人にも 笑




近頃、
こういう表情のジェジュンがお気に入り 


691531799 - コピー


やる気が、ムクムク湧いてくるベサ~ 








にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おはようございます♪
まじょ様、おひさしぶりです(いつも久しぶりの挨拶ばかりのようで・・・・(汗)^^;)
ジェジュンのインタビュー記事色々読みましたが、本当に素直な気持ちを話しているなぁと感じています。
感受性豊かでウイットもあるし、答えにくい嫌味としか感じられないような質問も中にはあり~で、でもジェジュンは正面から受けているなという気がして、「本気勝負」って頭に浮かびましたよ、私。

歌手ジェジュンがもちろん好きですけど、人間ジェジュンに惚れたJJペンとしては、
>やる気が、ムクムク湧いてくるベサ~
ですよ~!!

北海道弁に激しく喜んでしまい、つい家事の手が止まり、むふむふしてしまいました!
ジャッカル、北海道で見たいです!

今朝は2度、昨日よりも少し暖かいけれど、雪国の長い冬が来ましたね。
でもジェジュン愛と心は室内と同じように厚い・熱いですよ~♪
ジェジュン、ファイト~
まじょ様、ファイト~
日曜の朝から
まじょさん。おはようございます^^
穏やかな休日をジェジュン堪能しています。

もう終いかなと思っても出るわ出るわでジェジュン記事止まりませんね。毎日嬉しぃ^^。
それにしても、同じような質問にも毎回違うエピを挟めて、また感動的?な発言もしてとジェジュンの機転が伝わります。
爆弾も何個かアリで、ふふっ本人も反応を楽しんでる?

その発言の内容に一気一憂してるファンのツイ見てるよね。
確かめずにはいられないジェジュン。お疲れ様だけどそれも楽しみの一つかな?
傷つくことが多くとも知りたい見たい、厄介な性分^^。

一週間あったら何がしたい?って、まんまデートでしょ^^;
ショッピングして東大門行って遊具に乗って・・。
まぁね、15・6歳からこの生活だから~、普通のこと出来てないから~したいンだよね^^。

そういう意味で今回の道頓堀ぶらり旅は楽しめたのかな。
ああ、ツイ始めた頃韓国の地下鉄にも乗ってましたよね。
ソウルタワーにも行って。
ユチョンと一杯やった後も写真あげてましたね。
この過激スケジュールが終わったら、またつぶやいて写真もあげてくれるかな~。コピコジのアカでも何でもいいから^^。

欲心なしに楽に暮らす人・・ドキッ!
ハイ、頑張ります(^-^)/
留守明けは大変
さとちさん今晩は~

いや~1日、2日留守にしてPC観ないと皆さんの記事に
追いつくのが大変なのにジェジュン喉等の記事・・・
ぁ~ンユチョンのドラマもまだ見れてない><

私も日産スタジアムのFCMENの試合行って来ました~
サッカーは何回か行ったことあるけど、私は完全今回は
ジュンス目的(ほんとはジェジュンペンだけどとにかくジュンすが来て
歌うのであれば、行かねばなるまいってことで)

今年春のFCMENの試合も見に行ったリダペン、ジュンスペン
総勢7名で今回は7万収容のスタジアム
春は4万の国立、春の時はリダも出ると言っていて
土壇場でキャンセル・・・だから主不在でリダペンたちは参加
されたそうで、そしてジェジュンペンユチョンペンの人も多くってほとんど4万に近い観客
でも今回はお天気もはっきりせず、ジュンスライブも後で決まったし、
リダノ出場も・・・けれどやはり目立ったのは
ジュンスとリダの政党ペンたち、ジェジュンやユチョンのペンは
前回に比べるとみられなかったそうです~

でもジェジュンペンの私も、鳥肌が立つジュンスのステージでしたよ!
ジュンスペンにしてみたら本当にこんなことはないってくらいの感動もん、
2曲だけって時には落胆の声が響いたけど
やっぱり皆さん今日ここで2曲歌えただけでも・・・って思いにかわってましたね~
私は最初のNOGainの歌にジ~ンでしたがやっぱり
3人が一緒に日本のステージに立ったときに泣こうと思いましたね

もうこれで、私の今年の予定は終了です!
後は来年に向けて私も金銭、体力共に蓄えの体制ですv-91
今晩はゆっくりユチョンドラマ鑑賞です!
Re: mathさんへ
こんにちは~~

数えておけば良かったな~ と思う位インタビュー記事がどんどん出てきてますね
韓国では、TV以外は 実にフリーなんですね
取材する側もやりやすいのかな?あまり気は使ってなさそうだし 笑

ジェジュンは 良くても悪くても避けては通れないから、大変
これは、さすがのジェジュンも、気持ちに火がついてるでしょうね
なんだかこう、たまにね、ガツン!とやる気剥き出しのジェジュンも見たい気がします。
我慢や忍耐より楽なんじゃないでしょうか?
そういう願いも込めて、”やる気が、ムクムク湧いてくるベサ~”で締めてみました^^

いつ北海道にも上陸してくれるかな~~?
やっぱ札幌だけかな~~??
と、今から妄想ちゅーです♪
>
> 今朝は2度、昨日よりも少し暖かいけれど、雪国の長い冬が来ましたね。
> でもジェジュン愛と心は室内と同じように厚い・熱いですよ~♪
> ジェジュン、ファイト~
> まじょ様、ファイト~
Re: kanaha さんへ
こんばんは~~

寒いけど、日差しが暖かくていい日曜日でした
そうなんですよ、もうないだろう と思ってたら まだまだ
こんなに取材って受けるものなんですかね??
どこも、なにか新しい話を引き出そうとやっきになってる感じで面白い
とにかく たまげます~~ いいけど~~

へーー そんなにツイで反応があるんですか?
やっぱ、恋バナで?笑
どうもジェジュンの場合、生々しさがないというか~~ なんか可愛い 爆
(ごめめねーーじぇじゅううう)
演技とはいえ、ぽっぽを何だと思ってんだ?みたいな pupu~~

なんか、テーマパークの遊具の話には ちょっと可哀そうになっちゃいました
いいだけ遊ばせてやりたいですね
その時はね、彼女連れでもいいわ 笑

昨日、ジュンちゃんの動画探してたら、慶太君と東京タワーに行った話をしてるのが出てきて
なつかしかったですよ
いまはとにかく舞台挨拶回りなんですかね?
なんだか、この映画に関しては ちょとc-jeSにモノ申したい、なんてつい^^;

ジェジュンの口から なに気にでも闘争心の感じられる言葉を聞くと
妙に気持ちがいい 最近の私です

Re: IZUさんへ
今晩は、お帰りなさいまし~~~

ジュンちゃんのライブ、大評判ですね
やっぱり、歌う姿に勝るもの無し★

でも、やっぱり前回より観客の入りが悪かったんですね
そのせいで、ジュンちゃんのライブが実現したという話らしいけど、
この韓流への逆風のなか、もっとアンテナぱきっと立てて風を読んで欲しかった~

もっと気候のいい時に、ごちゃごちゃ言わんと 
ばきーんと気持ちよく宣伝して派手にやって欲しいですね
来年はどうなるだろ? それが気になってしまいます

ま~~ とにかく生タランタ 見たいものですわん
ははっ 私なんぞ 動画でジンジン来ちゃって うるってました
来年、実現しますね 3人のコンサート(私の中ではすでに決定!^^)

あ、ユチョドラ、これ面白いですよ~~
おすすめですう♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
今晩は^^
さむ~~い 全国的にスッキリしない天気なのかしら・・?
勿論、さとちさん所も寒いでしょうね  大丈夫・・?

ジェジュン良い事言ってますね
そう三人共何時だって一生懸命よ  全然楽なんかしてないわよね  

演技もっとやりたいって・・・思った通り、逆境の中でこそ奮起するタイプだわ
でも、ジヒョ姉も言ってたように、弱さを解って居るからこそ、あえて後ろを振り向かないようにしてるのね
良いも悪いも気になるしこだわるから、もっと頑張ろうって自分を奮い立たせるんだろうなぁ~~
ジェジュンのそんないじらしさも好きなのよね❤
もうほっとけないし・・・アへ・・

自分の外見にこだわって、それを払拭するように、色んな姿を見せるんじゃあなくて、これから年齢と共に熟していく演技を楽しみながら、今したいことを無理なく選択していっても良いような気がする・・・
でも色々やってみたいんだよね  若いから・・・^^

ジュンスとユチョンなんてすっかり強くなってしまって・・・
兄貴を頼みますよ^^!

最後のサジン・・ ジェジュンの一点を見据えた目・・いいですねぇ~~

さとちさんのコメ・・いつもながら感心しますよ  素晴らしい☆   
ありがとね^^  では・・



Re: ルッチママさんへ
あっという間の三連休でしたね、なんでこう早いのかしら~
いい言葉でしたよね、「欲心なしに楽に暮らす人ではない」
この言葉がジェジュンの口がら出た、すごく印象的で、記事タイトルにしてみました^^
いい言葉ですよね、ことに、ひたむきに夢をかなえようと努力する人から聞くと、

とにかく ジャッカルは 自分の目で早く見たいですねっ!
私も、コメディ映画が大好きなので面白いと思うんですよ 笑
(ことに韓国映画の笑いは けっこう壺にハマります)

私がふと思うのは、果たして、ジェジュンが考えるほど、
演技の世界に向う時、ジェジュンのイメージは問題なのか?ということなんです。
ジェジュン本人にとってのこだわりなんだろうな、と。
そういう意味で、ジェジュンにはこの作品は意味があったと思うし、良かったとも思います。
そいて、ジェジュンの中で、ひとつのケリが付くといいな、と。
自分のどういう姿を見せたいか、その意識から解放されて、
主役でも脇役でも、自分は白紙なのだという大らかな気持ちで、
じっくりでいい、演技の世界で伸び伸びと幅を広げて行ってくれたら、と思ったりしてます。

そうですかあ、良かったんですね ジュンス
実は時間が押していた、という話も見ました。話より歌いたくてたまらなかったらしいですね、ジュンス。
行った方が皆さん、ジュンちゃんのパフォーマンスは別格だった と言ってますねーー
ルッチママさんもそう思ったんですね!やっぱしな~~~~♪
いいお疲れでしたね!! 
Re: 栗さんへ
アメリカ、4連休でしたか?
飲んで食って、歌と踊りはJYJで~~♪ なんちってね~~
いつも忙しそうな栗さんが、ふわふわ~としてるようで よかったすう♪

そーなんですよ、インタビュー記事が出るわ 出るわで
目にするもの全部載せたら てーへんなことになるので、
マニアックにチョイスしてました ^^;

ジェジュンも、これだけインタビュー受け続けると、
じぇんじぇん違うこと言うわけにもいかずで 大変ですね
その質問 もういっす って、言いたい話もあるでしょうね pupu~~
そうそう、こぼれ落ちるものがなきゃ お手上げですよ~
いくらジェジュペンでもね 笑

幾つものインタビューを読見続けてると、なにげに読む側にもそれなりのイメージができてくる
っていうか、浮かび上がってくるものがありますね
>どういう星の下に生まれたのか?

あはっ これも、思いますよね

なにか、当然あるべきもの?
激しい競争社会に 自分の強い意思で夢を実現させようと15歳で単身上京(ていうのかな?)
そういう力強さとか、無鉄砲さとか、あって当然の貪欲さとか、
天然ぶちかましのジェジュンを、垣間見たような気がしたのが、
"我々は欲心無しに楽に暮らす人々ではない" という言葉でござりました。

私は、ジェジュンが持つそういう一面もとても好きなんですよね

あはは~~ Jinはぶっ壊れてましたよね? ちゃうのかな??
無心で、という気がしたし、
歌にしても、ジェジュンには こちらの想像を超えてぶっ飛ぶことがままある
感動しますよね、だから止められないんだな~~

来年、日本でライブが実現したら 来ますか?
楽しみですねーーー
ここで あーだこーだ言い合ってる皆さんとも会えるかな?と思うと
楽しみも膨らみますわ~♪

あ、ユチョドラ、
やばやばですわ、なにか、またひとつ越えた感すらありますね ユチョの演技は
Re: ミドチンさんへ
こんばんは~~
今日は朝起きたら外が真っ白で びっくり
確かにねえ もうすぐ12月の北海道、甘く見ちゃいかんわあ 笑

ジェジュンのインタビュー、ま~~止まらン止まらん
これだけで出て来るってのは そう無いことだよね
そして、舞台挨拶も止まらない またイベント打つみたいね

ジェジュンは、自分が思う壁をひとつひとつ壊して進もうとしてるのかな?
なにか、すごく慎重になってるような そういう諸々があったせいだろうけど、、
ファンなりに いろいろ考える今日この頃です 
あっけらかんとね、これがやりたいんだ!ってこと頑張れ~~デス
ファンはそんなジェジュンを見ていたい❤ そういうことよね^^

ジェジュンにはジェジュンの時間の流れがあっていいと思うわ

さっき、またELLEの写真を見て いい記事だったなあ と思ってたとこ
ジェジュンそのものがドラマになってるていうか、
当のご本人は、この途方もない自分の魅力に気が付いているかしら??

流行りとか、誰かと同じ事をジェジュンにはめ込まないで欲しい、
なにか、全く違う目線を持った ジェジュンをPDできるスタッフがいるといいな、なんてネ^^;
チョット、思ったりしてます

最近、強さを感じさせるジェジュンの写真に惹かれるんですよ
私もおちゅかれかしら?笑