Post

        

SM '過去は覆う' という意味は何か

category - JYJ
2012/ 08/ 12
                 
  昨日DNBNサイトでも紹介されて話題になっているデジャウォのコラム記事です

(さっき見たら じゅりちゃんが 紹介して下さってたのと元記事は同じですね。
読まれて無い方はいかがですか^^)


■ SMがJYJに渡した '過去は覆う' という意味は何か?


 実質的な敗北宣言をしたSMと違い、相変わらず整理されていない問題のために合意しないJYJ。
彼らが行った3年間の紛争は、来る9月すべて解決されるしかなくなりました。
JYJとSM間の紛争は、すでに法院がJYJの手を上げたやったが、日本活動と係わる清算問題をはっきりと整理しようというJYJの要求に "過去を覆おう" というSMの荒唐な要求には合意を見出すことはできませんでした。

 JYJに食い下がったSM、しっぽを下げてしまった

 最終判決は9月だが、現在としてはJYJの完勝でSMの惨敗とみられそうです。
火だるまの契約紛争については、すでに法院がJYJの手を上げてやりました。
しかし、これを受け入れないSMが、組織を動員して放送出演を強制的に阻んできたという点で非難を避けることはできなかったでしょう。

法院の判決さえ無視して関連利益集団たちの集まりの力で放送を掌握した邪悪なSMによって、JYJはこの間放送出演が徹底的に阻止されていました。歌手たちが音楽放送に出演することができないことほど手に負えないことはなかったはずです。


無題


 アルバムを出して活動しても音楽放送には順位さえ集計されない。まるで幽霊のような扱われたJYJ。
そのすべてのものは、SMの強大な力のせいだったし、その結果は血なまぐさかったです。誤った利己心がどれだけ多くの人々に被害を与えるしかなかったかをSMは過去の3年間でしっかり見せてくれました。


 JYJの3人のメンバーの、誤った契約関係を改善するための彼らの努力は、結果的に残されたSM所属歌手たちに恩恵を帰しました。奴隷契約と呼ばれた契約は、現実的で合理的な契約に変更されたし、収入の分配に関しても前向きな方式に変更されたという点は、確かにJYJの効果でした。

もし、JYJメンバー達が巨大な企画会社であるSMを相手に合理的な契約問題に言及しなかったらどうだったでしょうか?
彼らは絶対に変わらなかったはずです。最後の瞬間までも甲乙の差を厳格にさせて自分達の権利のみを主張する可能性が高かったから。JYJがすべての矢を放ったのであり、法的な論争に導いたから残されたSM所属芸能人たちがより良い条件で恩恵を受けることができるようになったと言う点は否定できない事実です。



 SMが変わると他の芸能企画社たちも合理的な契約に変わっていったし、アイドル企画会社が先進的な合理性を強調する雰囲気に変わったということは鼓舞的です。誰かが先に立って問題を解決しようと努力しなければ、決して変わることができないという点でJYJの選択と勇気は称賛された当然です。

彼らは、巨大企画社であるSMを相手に"ゴリアテとダウト(ギリシャ神話)"のような喧嘩に繋がる状況で、幾多の非難を浴びなければならなかったです。SMによって作られ操作された情報が、まるで事実だと広がっていって、彼らの前にが湾曲され、ただお金の奴隷になったJYJが裏切りをしたと世論操作をする姿には驚きました。

最近、T-ara論争で多くの人々が今一度悟ったように、強固な位置にある芸能企画社たちの横暴がどれほど破廉恥かは3年前のJYJとSMの論難ですでに証明されました。まるで自分達が、ひたすらアイドルとして成功したいと望む生徒たちを手伝い彼らが夢を掴むようにする善良な存在へと引き上げようとする姿は荒唐なばかりです。


 徹底的に事業中心で 金儲け最優先を課題にした企画社が、まるでチャリティでもするように自らを包装する姿に驚いだのです。もっと所属社の社長を'お父さん'として過度な忠誠心を現す一部の姿もあまり肯定的に受け入れられなかったです。彼らの本心を疑いたくなるような過度さは論難になるしかなったから。


 死力を尽くしてJYJの活動を阻もうと努力するSMの姿は酷くなるだけでした。
日本の活動を阻むために別れた日本のパートナーとまた手を合わせて、国内では芸能企画社社長たちが主軸になった組織を通じて放送会社に圧力をかけて出演がせきないように阻む行為は今も続いています。


法院で、専属契約紛争と係わってもうJYJの手を上げてやって彼らが思い切りやれるようにしてくれたにも関わらず現実は違いました。ボブウィ山に君臨するかのように 自社のアイドルた達を楯に放送会社を脅威させるやり方でJYJの放送活動に歯止めをかける悪行は現在もそのままだから。


"意見の違いがとても大きく合意点を導気出すことができなかった。我々は、日本の活動と係わる清算問題をはっきりと整理しなければならないという立場だったが、SM側は過去を覆おうという姿勢だった"

JYJの弁護を引き受けている世宗のイムサンヒョク弁護士が明らかにした内容を見れば、SMとJYJ間の問題が何なのかが明確に現われています。

すでにJYJとSM間の専属契約紛争はJYJの勝利で終結した状況で、現在まで合意してきた争点は過去の日本活動に係る清算問題でした。

JYJは、すでにSMとは関係がない存在だから、放送活動が自由にできるという話でもあります。そして問題になっている部分は、過去の日本の活動を通じて積まれた収益金に対する清算問題を解決していないSMを相手に訴訟が続いているという意味でした。


合意点を見いだすことができないとSM側では何の言葉も言わないまま沈黙だけを通しているし、JYJ側は論難の中心が何なのか明確にしているという点でも 誰が正しいことをしているのか明確になりました。非公開で開かれた調停でSMが出した話というのは "過去の問題をこれからは覆おう" ということだったという点が荒唐です。


 3年間JYJを苦しめて、イメージに大きな打撃を与えてきた彼らが、法院がJYJの手を上げてやると これからは過去のことは不問にふそうというやり方に出るというのは荒唐なばかりです。JYJを世の中で一番ならない人間たちに作りあげた彼らが、今になって過去の問題をうっとおしいとする底意が何なのか分らないです。


 明らかな事実は、JYJが完璧にSMを相手に勝利を納めたという点です。たとえ日本の活動に係る清算部分が残っているとはいえ、9月の宣告で法院は最終的にJYJの手を上げてやるしかないです。最終宣告後にも利益集団たちの集まりが果たして彼らの放送出演を邪魔して出るのか知りたいです。


 ただ自分達の利益だけを代弁する存在たちの不合理な行動等も、今回の機会に惜しまれなければならないでしょう。彼らが9月以降、放送活動を自由にできたら芸能天気図は急激に変わるしかなさそうです。
9月以降のJYJの活動が期待されるのは、3年の間 残念な活動しかできずにきたからですね。
手には負えない時間を過ごした分、最終判決以降は旺盛な活動をするJYJになるように祈ります。


(ソース デーシャウォ HOTイシュー



 それにしても、こんな判りやすい問題を
よくぞ今日まで引っ張ってきたものだと思いますね。

SMの言う”過去を覆う”というのは、具体的にはどれのこと?
そう首をひねった方も多いのではないでしょうか。

自分たちが間違ったことはしていないというなら、とことん闘ってもよいはず。
不利益を被って酷い苦労を味わっているのは3人の側だけだし、
SMは上昇気流真っ只中の 株価急上昇中ーだし。
世界制覇を夢見る大企業のメンツもあるだろうに、
自らが正義だというなら この巨人の腰が引けるわけがない。

しかし引けてる、負けは判っている。


 3人が過去に蓋をしてチャラにすれば、さっそく和解して自由な活動を阻まないということなんでしょうが
しかし、法院でそんな裏話ができるはずがない、自分の首絞めちゃいますよね
裁判所もすべてはお見通しだと思いますが、表向きは3人の活動の邪魔はしてない
ということになってるんだし。。

SMが出した調停案、読んでみたいものです。


それにしても、裏の手口には長けていても、まっとうな闘いには弱いですねえ、SM。

そういう体質の方がよほど怖いですが、、、
だからこそ3人は裁判という公の闘いを挑むしかなかったんですよね。
裏の取引で対等に渡りあえる相手ではないわけで

かたくなに見えるほどに裁判で妥協しなかった3人。
訴訟自体、'なぜそんな極端な手段を?' という意見も随分目にしてきたけれど、
3人とC-jeSには、まっとうなルールが通じるリングは法廷だけだった、ということですよね。


私めも、時間の経過とともに、この訴訟問題の背景がやっとストンと理解できた気がしてます。

SMにしてみれば ホントに3人は裏切り者ですよね
稼ぎのいい飼い犬だと思っていたのに 手を咬まれた主は逆上した。
それこそJINの台詞を思い出しますね



本日のJIN最終話,放送は22時10分から
もうすぐです^^








にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

あー、JIN終わっちゃいましたね
やっぱり最後はああなりますか・・・ね
ギョンタク壮絶な最期、ヨンフィの悲しみの叫び・・・
友情は悲しい別れの最後で更に深く、そして切ないですね
余韻が~~切れそうにないわ・・・明日早いのに如何しましょ

裁判でのコラム記事・・・
時間あったら、もう一度じっくり読ませてね
それにしても、さとちさんのコメいいですねぇ~~
ちょっと弱気に成っていた自分に 勝~ッ!!
そう、法廷と言うリングの上で正々堂々と戦っている彼らに
もっと熱い声援を送らないとね  ガ~~ンバ!!

では、またね  お休みん^^
Re: ミドチンさんへ^^
予想してたとはいえ、え=?!ここで とがっくりィ。。
ヨンレとの別れ、ヨンフィの叫び
これは 生で言葉を分りながら観たいシーンでしたねえ
ドラマが終わった後のNGシーンで あちゃ=!!だったけど(笑)
あれがあった良かったわあ 

このコラム記事、韓国でどう受け止められているかがよく判る内容でしたよ
ははっ なんか久々に本気でゴタク並べたカンジで スッキリ
訴訟しかなかったのよね3人には、でなきゃ何を言っても曖昧にされたと思う
裁判から下りなかったからこそ、非難はあってもSMに自浄効果をもたらした
その恩恵を受けられなかったのが3人だけだというのが ファンとしては悔しいけど

ゆっくりしてるかなあ?3匹の仔犬たち~~^^