Post

        

Dr.JIN 第20話 あら~いスジ書き

category - ドクターJIN
2012/ 07/ 31
                 
★ドクターJIN 第20話

ほんとに荒い 粗すじです


・イ・ハウン権力あきらめた.."朝鮮は私の信仰

  興宣大院君イ・ハウンは、ジンヒョク)に"もう天主教迫害を防ぐことはできなくなった"と明らかにした。

そして、"私が壊れるのは関係ない"として "王の父である私が西洋人と手を握ったという事実が知らされたならば王はどうなるか"と反問した。
イ・ハウンは最後に、"信頼のために国のために命捧げるだろう。私には朝鮮が信仰だ"と話す。



・ヨンフィが投獄されたヨンレに会う

無題2


 獄の檻をはさんで切ない目で見つめ合うヨンフィと妹ヨンレ。
両班家の娘としての平凡な人生を拒否し、結局悲劇を迎えたヨンレと、妹を窮地に追いやったという自責の念に苦しむヨンフィ。「天主教を裏切って生きて世界を変えろ」とヨンレに言うが、、
過酷な監獄の苦しみを味わう妹を眺める兄ヨンフィの目には深い悲しみがにじみ出た。



・信者たちの運命を憂うギョンタクだったが

 ギョンタクは父ビョンヒに、"天主教信者をどのようにされるおつもりか"と尋ねた.
ギョンタクは"教会信者は可哀そうな人達です、一族の慈悲を見せるために天主教信者を放免されてはどうか"と進言するが、父ビョンヒは、"とんでもない話だ"と断る。ギョンタクは天主教信者であるヨンレを生かすために信者を放免しようといったのだった。

jj1_20120730232244.jpg

しかしビョンヒは、「庶民たちの怒りを信者に向けた方がいい、興宣大院君はよくやってくれたものだ」と答え皆で嘲笑う。

無題




・チュンホンが朝鮮に来た理由が明らかになった“ジンヒョクの歴史介入防ぐために”

興宣大院君イ・ハウンは、天主教迫害事件で権力と地位を失うことになり、チュンホンの妓館で酒を浴びる。
これに対し、これ以上見ていることができなかったジンヒョクは、イ・ハウンに激しく反発する。

201207292200323010_1 - コピー

ジンヒョクは“思いのままにして下さい。酒に陥って賭博に陥って..旦那様は家が栄えたその時のまま亡くなって下さい。王が心配だと言っていながら.. それなら、その方ためにできることを探さなければならないのではないか”と悔しがる。

だが、イ・ハウンは、“権力も位も失って何で殿下を守るのか”と自暴自棄な姿を見せる。
それに対しジンヒョクは、"力があってここまできたのか?私は今後を見ない。私が知っている歴史がめちゃくちゃになるのを見たくない"と鋭く言い放ち席を立つ。


 妓館を出ようとするジンヒョクを、チュンホンが差し迫ったように近づき引き止めた。

201207292200323010_1_20120730222830.jpg

 チュンホンはジンヒョクに、“それがどうなろうが絶対に歴史に介入してはいけない”と言い、“旦那様を救うことを大切にしてきた。幼い私があちらの世界から戻ってきた理由は 旦那様を守るためだ”と明かしたが、ミナを救うべきという考えに捕われたジンヒョクは、チュンホンの話を聞こうとしなかった。

ジンヒョクは、真実を明らかにしようとしていたチュンホンに "私を欺いた。興宣大院君の野慾のために私を利用しただけだ"と言いって チュンホンの手を冷たく振り払う。



・ギョンタクが天主教信者の歴史上の運命を知る

 ジンヒョクに会ったギョンタクは、彼が書いた書付を読み返す。
そこに、天主教信者が大勢殺されたことが書かれていることに驚愕するギョンタク。

jj2_20120730233230.jpg




・ジンヒョク、ヨンレに"私のために生きてほしい"

20120729221403962.jpg

 投獄されたヨンレをジンヒョクが訪ねていく。

ジンヒョクの説得にもかかわらず、“ジン医員は医術を捨てて生きて行くことができますか?それでも生きていたといえる人生ですか?”として、背教をしないという固い決心を見せる。
そんなヨンレにジンヒョクは、"もちろん大変だろう。生き残るのはもっと苦しいだろう"と言い、"しかしお嬢さんの運命は お嬢さん一人だけのことではないかもしれない"と言う。
これに対しヨンレは、"それは何の話ですか"と質問する。ジンヒョクは"分からない。何と説明したらよいかも判らないが、ただ私のために"と頼んだ。
これを聞いたヨンレは、とめどなく涙を流す。




・ギョンタク、ヨンレを生かすために自らを刃で切らせた

 ギョンタクは天主教信者を殺せという命令文書を伝達するために出発する参議の護衛をする。
が、これにヨンフィ一行が立ち塞がった。

20120729221311359 - コピー

親しい友であるギョンタクとヨンフィは刃を合わせて闘う。
しかし、戦いの終わりにギョンタクは、"俺を切れ。でなければ疑われる"とヨンフィに言う。
驚き迷うヨンフィだったが、結局ギョンタクの腕を切って文書を奪って逃げた。

20120729221311359.jpg




 いよいよ天主教信者たちの処刑の日が来る。

信者たちを前に、テギュンは「生きたかったら十字架を踏め」と命じる。
しかしヨンレは、殉死を選ぶ。首をはねられる寸前、王の使いが信者の放免を伝えにくる。

jin1_20120731000425.jpg
jin2_20120731000424.jpg

ギョンタクがヨンフィに密約書を奪わせたことで、イハウンはビョンヒに責められる危険が消えたことから天主教迫害を止めろとの御名を下した。
死の危機に直面したヨンレはこれで命を救われた、ギョンタクはまたもヨンレの命を救ったのだった。




 ギョンタクと父ビョンヒ

「申し訳ありません」とし、イ・ギョリの文書は心配ありませんと言うギョンタク。
ビョンヒは、ギョンタクの傷を見ながら「刀を使う者は刀を怖がらなければならない」といたわる(フリ?)

jj3_20120731002200.jpg
jin5.jpg

神父とイハウンの密約書はイハウンを政治から退くようにする程強力な力を持ったものだった。
ギョンタクは一族を生かすために友人も裏切ってこの書信を掠めてきたが、ギョンタクはヨンフィにこの密約書を渡した。疑いを避けようと腕に矢を立てて刃物で切った。
密約書を失った代わりに、ビョンヒと趙大妃が作成した後嗣関連書をビョンヒに渡した。

201207300631280210_1.jpg



 ヨンフィはイ・ハウンに、密約書を奪うのを助けたギョンタクに言及して“これで従事官が機密を漏洩しないことが明らかになったわけだ”と主張したが、イ・ハウンは、“幾つもの顔を持つ者、その中のどれが本物なのか不明だね”とギョンタクを疑った。




・幼い高宗(コジョン)ミョンボク、やはり賢かった。

ミョンボクは、天主教迫害を押し切るというビョンヒに反旗を翻した。

カカシのように座っていた幼い高宗は、"うちの母は教会信者、父がそのような天主教迫害を納めたが、両親の意をおさめろということか"として"恐れる王がどうして君主の資格があるか"と怒りを現した。

これに対しイハウンは、百回同感を表わして"三男人の抗争(不正腐敗した政府の租税制も運営に対して問題を提起して三男地方で蜂起した騒動)を是正しようと国の合法制を実施する"と明らかにした。合法制は両班(ヤンバン)層を含んだすべての家ごとに税金を賦課する制度だ。

イハウンは、"両班(ヤンバン)層を含んだすべての家から税金を徴収し、身分と関係なく徴収するだろう。両班(ヤンバン)と平民を区分してその色に差別を置くだろう"と伝えた。

(意味がよく判らなィ.. 



・安東キム氏首長ビョンヒが息子のギョンタクを疑い始めた。

20120729224311859.jpg

 神父リデルと密約を結んだ文書を左議政ビョンヒに奪われたイ・ハウンだったが、これを再び手に入れるとすぐに天主教迫害を止めて、両班(ヤンバン)からも税金を徴収する合法制を実施することを宣言した。

これに対しビョンヒの嫡子テギュンは、父に“いくら考えてもあきれます。裸で追い出されて当然な者が逆に倉をはたこうとしています。”として悔しさを吐きだした。

その話を静かに聞いていたビョンヒだが、実は、文書を奪われたことに釈然としないものを感じていた。
“なぜ盗賊がそれを知って狙ったのか?”と問いテギュンを驚かせる。
ビョンヒは、怒りを押さえるように“蘭に虫が付いた。家にも虫が絡まることがある。綿密に観察してこそ見えてくる”と、間接的に庶子ギョンタクを疑う発言をした。これに対し嫡子テギュンは、"あいつの後を探ってみることにしましょう"として喜ぶ。



・ジンヒョクの正体にビョンヒが気づいた

 ビョンヒは、診察のためとしてジンヒョクを屋敷に呼びひそかに質問を投げかけた。
ビョンヒは“君は医術をどこで習ったのか。清国人か?..西洋人か?”として“でなければ遠い未来で習ったのか”と言ってジンヒョクを当惑させた。

201207292229513010_1 - コピー

引き続きビョンヒは、ふろ敷包の中に入っていたジンヒョクの医師家運と運動靴を見せた。ジンヒョクは、驚いた。ビョンヒは嫡子テギュンに、“お前は清国などに行った時むこうの物をたくさん見ただろう?”と尋ねるとテギュンは、“しかしその何処でもこのような物は見たことがないです”と答えてジンヒョクを見つめた。

 この時、ギョンタクが入ってきた。

201207292229513010_1.jpg

ビョンヒはギョンタクにも“お前はジン医員の正体を知っていたのか。どうしてすぐに告げなかったか”と尋ねた。これに対しギョンタクは、“あまりにも驚くべきことなので確実な内幕を調べてみようと思いました”と答えた。

ビョンヒは、ジンヒョクに“ジン医員、私もかつてその神秘な医術に敬服して君が格別な医師だということは分かったが、真に信じることができないことだね。君が未来から来た医師だとは。興宣大院君イ・ハウンが、破竹の勢いでその場に上がった理由が納得が行くよ..”として、ジンヒョクがイ・ハウンに未来を教えた知らせたとにおわせた。

続けてビョンヒが、“興宣大院君があの地位に上がったのも君おかげではないか?”と尋ねると、すぐにジンヒョクは“いいえ。興宣大院君が王の父になるのは歴史が定めたことです”と答えた。
これに対しビョンヒは、“私たちの安東キム氏はどうなるのか。興宣大院君には天気を洩らし出しておきながら薄情にふるまうのか。興宣大院君にだけ教えようとする理由は何か?”として最後まで口を開かないジンヒョクを皮肉った。
ビョンヒは、自身の側にジンヒョクを引きこもうとするがジンヒョクはその提案を断る。



 ビョンヒは、ジンヒョクがイハウン宛てに残した書札(歴史が書かれた書付)を参考にして、神父リデルを呼び出し布教を許諾する代わりに清国に天主教弾圧の実態を知らせて丙寅事変を起こそうという計略をたてる。

ジンヒョクが未来人という事実を知ったビョンヒ。以後ジンヒョクの話を伝え聞いたビョンヒは、フランス神父リデルを呼び入れて戦争を計画した。

ビョンヒはリデルに"朝鮮の実力者は私だ。天主学の運命も私の処理次第だ"として、"清国に行ったらあなたの国の軍艦を追い立てろ。朝鮮を攻めてあなた軍隊の武力を見せてほしい"と提案した。

これに対しリデルは、"戦争をしないと約束した"として強い拒否感を表わした。だが、ビョンヒは頑強だった。
彼は"私の要求のとおりしなければならない。朝鮮に大砲を何発かだけ撃てばあなたの願いを約束する。どちら側が国と教会信者に有利なのかよく考えろ"と脅迫した。

リデルは心を決められないまま右往左往する姿を見せた。ビョンヒはギョンタクに、「リデルが迷っているようなら、側近を殺せ」と命じる。驚くギョンタクだたが、命令を実行する。
ビョンヒは、朝鮮に戦争まで起こしてもイハウンを追いやろうとした。


 



・チュンホンが意味深長な一言を残し息をひきとる。

 ジンヒョクに絶えず歴史に介入するなと言い続けてきたチュンホン。
チュンホンがジンヒョクを止めれば止めるほど二人の間はますます遠ざかった。

201207292254775463_1.jpg

が、チュンホンはジンヒョクを救うという自身の任務をすべてやりぬいた。
チュンホンは、暴漢の襲撃にあったジンヒョクを庇って自身が代わりに刃で切られる。

h201207292352131110_1 - コピー

死の間際、チュンホンはジンヒョクに、"旦那様にはみな伝えたが、まだ真実の一つがある"と言う。
"私がここに来た理由は旦那様を救うことだった。一緒に生きることはできない運命を持って生まれたその方のために旦那様が消滅することを防ぐために来たのだ" と衝撃的な真実を打ち明けた。

そして、"旦那様がそのように守りたい、そこにいらっしゃったその方はすでに死にました"として、
"その方を生かすために努める必要がない" という話を最後にこと切れた。

h201207292352131110_1.jpg

ジンヒョクは、死んだチュンホンにすがって"それはどういう事か"と泣き叫んだが、
チュンホンは意味深長な遺言だけを残したまま逝った。




かなり はしょってすみまシェン


ギョンタクの父ビョンヒ 実に恐るべしっ

チュンホンが残した言葉 ”あなたが守りたいその方はすでに亡くなっている"

そして、ジンヒョクはいつ頭の手術に戻るの??

そして、そして、ギョンタクはどーなっていくのか?

未だ溶けない謎もが多い Dr.JIN

残り2話でどう完結させるのか 興味しんしんでござりますっ








にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おじゃまします
待ってました。
 日本語、ほんと助かります。ありがとうございました^^
終われるのか~?
さとちさん今晩は~今晩はとっても涼すィ~

20話の訳をありがとうございます~
本当に訳がわからず観るドラマ、たぶん、おそらく
ってな感じでしか意味をとら得られず・・・・
でもこうして訳を上げてくださると~
「おお~そーだったんだ!、なるほど」と内容がしっかりわかってきます。

日本版JINは面白く1、2シリーズともみました。
でも、韓国版は日本のそれとは違って(歴史から違ってますし)
歴史がわからなければダメかもって思いつつも
ギョンタク登場でストーリーが枝分かれしてきてとっても面白いです~
最終で延長にもなって・・>▽<

でも本当に後2話でちゃんと皆がちゃんと鞘におさまるんでしょうか・・・尻切れトンボにならないようにガンバッテ
有終の美を飾ってほしいです。
何時も助かります^^
それにしても難しいね
人間模様・・今と昔が交差する中、朝鮮と言う激動の時代背景があるので、尚更複雑・・・?
こりゃあ~~じっくり見ないと解んないわ~~

後2回で終わりなんて淋しいけど、最後どうなるのか知りたいし・・・
ギョンちゃん、親父にシッポ掴まれ無いよう気を付けて欲しいし・・・
兄も悪だからまた蹴られでもしたら可哀そうだし・・・
最後ギョンちゃんの笑顔見たいなぁ~~ (無理かしらん・・?)
日本なら映画化なんてのも有るだろうけど、向こうじゃあないよね^^
さとちさん忙しいのに訳何時も有難~~!
                         では、またね^^
Re: byjchan さんへ^^
ちょちいと遅くなりました^^;
しかも かなり飛ばしてますね~~
次はがんばりますわ~~ 笑
Re: IZUさんへ^^
こんばんは~
20話、こんなんでもよかったですかあ? 笑
ずいぶん詰め込んでますよね=

実は私は 日本版の方は見て無いので、どこがどう同じなのかさっぱりなんですよ
でも、すごい人気でしたよね 
こちらのJINはちょっと伸び悩んでるけど、中身が濃すぎますよね~
最近は、もー権力抗争みたいになって 誰が主役だっけ??てな感じ?
ま、私としてはジェジュン中心だからよいんですけどね~^^

残り2回、まったく結末が読めない!
うまく盛り上げて欲しいですね=★
Re: ミドチンさんへ^^
今読み直したら、、、
こんなんで意味判りましたか~~?^^;

なんかホントに切なくなってしまうギョンタクよねえ。。
お父たまからも イハウンからも疑惑の目
ヨンフィだけが頼り、タクフィかぽー ふぁいちーん!!

でも、これどーねなるのかさっぱり分からなくなってきたわ
ジンの頭の中の胎児はなんのだ??
どーやって現代に戻ったんだ??
そしてギョンタクは とことん可哀そうな結末なのか、それともけっこう幸せになるのか?
あと2回だわよーー ちょと心配 笑

私も訳を載せながら復習してます、なにせ動画じゃさっぱりで~
いつも、ありがとうございます
韓国語、ぜんぜんわからないので、一応、リアルタイムで視聴していますが、ギョン様の登場が少なくなると、眠気が襲ってきて、いつのまにか夢でギョン様に会っています。
言葉がわからないし、朝鮮の歴史がわからないので、画面ばかり見ていても、どうしようもありません。
でも、ギョン様の美しさや迫力の演技を見たくて、なるべく眠らないように頑張っています。
さとちさんの日本語訳のおかげで、内容がどうにか理解でき、とても助かっています。

残すところ、2話になってしまいましたね。
それにしても、話がとても複雑で、2話で完結できるのでしょうか?
それとも、日本の「仁」のようにシーズン2を考えているのでしょうか?
とても興味がわきます。

また、よろしくお願いします。
ストーリーがやっと少し分かりました~
こんばんは、まじょ様。
20話の大筋も、おかげさまで、少しだけど理解できました(史劇複雑で~)
ありがとうございます。
私は土放映を日にみて、日放映を土に見る1週間遅れなんです~。
予習をしないと、複雑でホンとに??ですよね。
と、言いながらギョンタクしか目に入らす、でへへです。後2回で収集がつくのか気になりまっす。
Re:もぐこさんへ^^
JINもますます 混むみ入ってきましたね~
でも、リアルタイムで見たいし 笑
ジェジュン見てるだけで楽しいですもんね❤
載せた訳もあとから読んでみると もうちっと判り易く書けないものかと思います

謎はまだまだ 謎のまま
オクセジャはラストの2回がすごく感動的だったから
JINもうめく盛り上がるとよいですよねーー

シーズン2! それいいですね=♪
ギョンタク中心で ぜひっ 
Re: math さんへ^^
ほ~んとにおおまかな 粗筋で しゅみませ~~ん
書きなしたいくらいですよー 笑

そっか、ゆっくり楽しんでる方もいるんだー
週2回もいいけど 長く楽しみたいって気もしますよね
なにせあと2回、この週末で終りかと思うと寂し=

いっぱい出てきて欲しいですね ギョンタ君 ❤