Post

        

Dr.JIN 19話荒すじ

category - ドクターJIN
2012/ 07/ 29
                 
★ 'ドクターJIN' 第19話

 昨日の第19話、SBSがオリンピック中継で"紳士の品格"を放送しなかったこともあり、
番組の最高の視聴率となったそうです。


では、荒すじです


 19話では天主教の迫害事件を本格的に描いてドラマ視聴者たちの目を引いた。
興宣大院君イハウンの天主教迫害が本格的に始まる場面と、これに対して危機に陥るヨンレの姿が描かれた。

天主教迫害が始まりリデル神父を都城の外に連れ出そうと同行したヨンレ。
ついに取締兵に発見され連行されそうになったが、ジンヒョクが間一髪で二人を救う。

 城下ではギョンタク以下軍兵が神父を探していた。

3_20120729072401.jpg
2_20120729072400.jpg



 ジンヒョクに救われ都城内の隠家に着いたヨンレと神父だったが、ジンヒョクは「あれほど教会へは行くなと言ったのに」とヨンレを叱責する。しかしヨンレは「神父の命も大事です」と言う。

 都城下には二人の人相書が貼られ、天主教信者が次々と捕えられて連行されていた。

jin2_20120729082950.jpg

ジンヒョクは、ヨンレとリデル神父を都城の外に連れ出そうとする。彼は二人を死体に見せかけ荷車に隠して都城を抜け出ようとするが軍兵に発見されそうになる。ホ狂が、ジンヒョクは王様の医者だと説明するが、確認する必要があると執拗に迫られる。ジンヒョクが、"疫病です" と言うと、軍兵は早く行くよううながした。

 二人は無事に城外に逃避する。しかしジンヒョクは、このままリデル神父が清国に渡って行ったならば歴史のとおり'丙寅事変'は避けられないと、かつて読んだ歴史書を思い出しヨンレの未来を心配する。

ジンヒョクが、ヨンレとリデル神父を残して外に出ると、泣いている幼い子供に会う。

JIn3.jpg

ジンヒョクは子供をなだめるために紙飛行機を作った。子供は紙飛行機を貰って泣きやんだ。当時の朝鮮には紙飛行機は無かった。
ジンヒョクが子供の名前を尋ねると彼は'チン・スンヨン'と答えた。ジンヒョクは"おじさんもチン氏だな"と驚いて"これはおじさんからの贈り物"と言いながら紙飛行機を渡そうと子供の手に触れた。と、その瞬間、衝撃を受けて紙飛行機をとり落とす。
再び拾いあげて子供に紙飛行機を渡したが、ジンヒョクは"今のは何だったのだろう?静電気か?"と驚いた。



 一方、ビョンヒら安東キム氏はイハウンとの攻防に策を練る。

16-1.jpg

父ビョンヒは、イギョリが保管している趙大妃との覚書を取り戻すようギョンタクに命令する。「はいアボシ様」と答えるギョンタク。


 そしてイハウンも、イ・ギョリの屋敷を訪ね、趙大妃とビョンヒが 王ミョンボクを追い落とそうと交わした覚書の行方を探りだそうとする。



 都城から逃れて隠家に潜むヨンレと神父の元を訪ねたジンヒョク。
リデル神父は、「清国の天津に駐留している私たちの艦隊を呼び起こすつもりだ。天主教迫害を理解することはできない。兄弟姉妹を救うためなら仕方ない、天主教導を迫害する朝鮮を容赦できない」として清国に行って軍隊を引っ張ってくると話すが、ヨンレは彼を止める。だが、これによって丙寅事変が起きることを知っていたジンヒョクは、歴史を変えられないと考え、ただ彼の話を聞くしかなかった。

ヨンレはジンヒョクに、「戦争が起きるということですか?」と尋ね、「いくら歴史だとしても、できるならば救わざるを得ないのではないですか」と言ってイハウンを説得するよう懇願する。



無題1

 夜も更けて、イ・ギョリの館に忍び込もうとするギョンタクの部下ら。忍び込もうとしたその時、塀を越えてジュパリらが飛び出て来る。館の見張りに気付かれ双方とも退却する。

イ・ギョリは、ビョンヒと大妃の覚書が狙われたことに気が付く。

覚書を持ち出せなかった経緯をイハウンに報告するジュパリらだが、イハウンはそうしたことも予想していた。


2012072901141847_1_rstarcej - コピー (2)

ビョンヒもまた、イハウンが覚書を手に入れようとしている事を知り警戒する。



 ヨンレにイハウンを説得するよう懇願されたジンヒョクは、悩んだ末にイハウンを訪ねる。

20120728223615963 - コピー

ジンヒョクの話にイハウンは無視して背を向ける。ジンヒョクは"天主教迫害を止めなければならない理由がある"として"神父が戻れば天主教教会信者が戦争を起こすだろう"と話し出す。

20120728223615963.jpg

イハウンは、「迫害を止める名分がない。政治はとはそういうものだ。名分と実利なしでは何の力もない」として、「権力というのは真に恐ろしいのだ。しかしその権力より恐ろしいのは その権力を誰が握っているかだ。再び安東キム氏手にこの国を渡すことが正しいことか。君と私は全てみな失うだろう"と話した.

だが、ジンヒョクは"名分は戦争にのせられる民心ならば良いのか。合法制を実施しなさい"と助言した。

彼は、「どうせ後日旦那様がする政策だ。天主教迫害を止めて両班(ヤンバン)からも税金を集める号砲制を実施すれば天主教で揺れた国民らの心をつかめるはずだ。明らかなことはリデル神父をこのまま送りかえしてはいけない」とイハウンを説得した。



 しかし、ジンヒョクと連れ立ちどこかに出明るイハウンの姿をギョンタクが見つめていた。

2012072901141847_1_rstarcej - コピー

ギョンタクは、部下に、イハウンらの行き先を報告するよう命じる。




 ジンヒョクの案内で神父の隠家を訪れたイハウン。
イハウンとリデル神父は会って協約を結ぶ。朝鮮はこれ以上天主教導を迫害しないということ、朝鮮の許諾なしに通商と開港をしないということが主な内容だった。イハウンは「天主教迫害を止める」とし、リデル神父もまた、朝鮮が危機に陥って助けを必要とする時は積極的に助けるとしイハウンへの全面的な支持を送ることを約束した。

20120728224009851 - コピー

 ジンヒョクはこの協約により丙寅事変を防ぐことになって、興宣大院君の鎖国政策に多くの影響を及ぼすことが分かったが彼には仕方のない選択だった。



 その頃、ジンヒョクとイハウンの動きを感づいたギョンタクは、ヨンフィに二人が向った先を尋ね、リデル神父に会いに行ったという事実を知る。

626014104.jpg

ギョンタクはヨンフィに、「この話は聞かなかったことにしよう」と言って別れる。

6_20120729112838.jpg
7_20120729112838.jpg



 リデル神父とイハウンの密約を斡旋して帰って着たジンヒョクは、先に出会った子供が事故に遭ったのを知る。
急いで駆けつけると、その子供は 彼は自身が贈った紙飛行機を捉えようとして事故に遭ったと判った。

mudai2.jpg

子供を治療するために傷に手を触れたジンヒョクは、再び意味不明な衝撃を感じた。

無題4



 イ・ギュリがイハウンに、趙大妃とビョンヒが交わした覚書を渡す。

無題3


 清国に旅立ったリデル神父だったが、ギョンタクが道を防いで立った。

20120728224009851_20120729141348.jpg

ギョンタクはリデルと興宣大院君の協約が入れられた書札を手に入れる。
ギョンタクは協約を手に入れると、"これで大御所様の命を得た。これで成した。"としてリデルを殺さずに清国に送り返した。

10_20120729141348.jpg


結局、丙寅事変を止めようとしたジンヒョクとイハウンの計画は、ギョンタクの陰謀によって水泡と消えた。
歴史を変えるのはそんなに容易なことではなかった。



20120728230211525.jpg

 子供の手術を始めたジンヒョクは突然頭痛を感じ、体が霞み消えそうなる危機に処した。
子供を生かそうとするほどジンヒョクのからだは形を失われた。

驚くヨンレとホ狂。ジンヒョクの体が消えようとするのと同時に、突然ジンヒョクの頭の中に現代で働いていた病院の風景が浮び上がった。消えそうなジンヒョクを見て、ヨンレは呼吸を止めた子供に人工呼吸をして命を生かそうと努めた。


 興宣大院君イハウンは、キム・ビョンヒと趙大妃が後嗣を企てて分けた覚書を手に入れたことで、これを謀逆の証拠として安東キム氏を清算しようと意気揚々としていた。

無題5


しかし、イハウンと神父の協約を手に入れたビョンヒにも、逆にイハウンを追い落とす口実ができた。

無題6

この状況に衝撃を受けるイハウン。

そしてヨンフィもこの日、彼が唯一ギョンタクにだけ口にした興宣大院君とリデル神父の密約が盛られた書札をビョンヒが握ったことで、まさか としながらもギョンタクが二重スパイであることを確信する。

無題7




 ジンヒョクは自分が過去にタイムスリップした理由を知る。

ジンヒョクは、偶然に会った謎の子供ジンスンヤングの手術を執刀いたが、手術の途中わからないひどい苦痛で未来を行き交って体さえ消える危機を経験した。
ジンヒョックは子供が死んで行く瞬間自分の正体も消えていることを感じて その子供と自分に強い連結の輪があることを感じた。
現代の恋人ミナが 平行宇宙論の話をしていた記憶を手探りしたジンヒョックは、その子供が自分の全く違った世の中で生きている人物で、もしかしたら自分の先祖かも知れないという考えに行き着く。
ヨンレが危機に直面するほどミナの命も危なげだった記憶が思い浮かんでヨンレがミナだということも判った。
また、自分が過去にタイムスリップした理由が、まさしくヨンレを守るためだというのも理解して、この間彼女を見知ることができなかったことに対する切なさが零れ落ちた。




 イハウンがビョンヒに敗北する

イハウンとビョンヒは密かに会合を持つ。

 13_20120729145809.jpg
無題12

すでに神父との協約をビョンヒ側に奪われたイハウンは、ビョンヒに対し、
息子の高宗を生かすために政治から手を切ると約束するしかなかった。

無題14
無題13

 ギョンタクとヨンフィも顔を合わせる。

無題8

ヨンフィはギョンタクに、過ぎた日、無名界の首領であることを隠したことを謝って"君を信じることができなかった、違うと言ってくれ、君を失いたくない" と切々と語り、どうにか友人を守りたい気持ち表わした。
ヨンフィは、「世の中を変えるという話に君を付き合わせてしまった。君の気持ちもお構いなしに、すまない」とした。


無15


 ヨンフィと別れた直後、ギョンタクの部下が、天主教信者を連行したと報告する。
そこにヨンレの姿を見たギョンタクは驚愕する。

無題10
無題11


 
 イハウンと会ったジンヒョク。

イハウンは、ジンヒョクに、"この席にミョンボクを座らせた時、国民らと君らと私自らに真に多くの約束をした。安東キム氏派閥勢力政治を切ってなくした王権を取り戻し苦痛を受ける国民らを救う。腐りきった朝鮮を耕し直して新しい朝鮮を作るぞ"と話した。
それに続いて、"守らないのではなく。守ることができなくなった"と苦々しく話した後"今日からすべての政治から手を切ってきれいに退くことにした"と明らかにした

ジンヒョクが天主教迫害を止めさせ、朝鮮とフランスの戦争をも阻もうとした努力は水泡と化した。


(20話に続く)




捕えられたヨンレの運命やいかに

それ以上に気になるギョンタクの運命と ヨンフィとの友情

残り3話となったJIN じっくり味わいたいと思います^^






にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

助かってます
いつも拝見しています。
 こちらにアップして下さる「JIN」のあらすじで、どれだけ助かっているか…。感謝しています。
 今晩もよろしくお願いします^^
おせわななってます
さとちさん今晩は~

私も、こちらで毎回ストーリーの解説をアップしてくださって~どれほど嬉しいか・・・>▽<
毎回、こちらで読んで次回を見れば、内容がつながって
いく気分です~

ありがとうございます!!
JIN終わるのかぁ~
私もまじょ様の「荒すじ」でたいへん助かっています。
韓国語を勉強しろって話ですね・・・。
画像とセットなのでありがたく分かりやすいんですよ。
あと3回ですね。週末どうするか(笑)
淋しいようなジェジュンに休んでほしいような、、、
超複雑な私です。
ジェジュンファイト♪
まじょ様ファイト♪
Re: byjchan さんへ^^
ご利用ありがとうございま~す
20話も、なかなかに濃い内容でしたねーー
こちらの荒すじは、少々お待ちくださいね ごめめですう^^;
Re: IZUさんへ^^
毎度ありがとうございますう
ギョンタクもますます先が読めなくなってきたみたいですねー
来週で終りかと思うと、寂しスイ=!

Re: mathさんへ^^
おやや?mathさんも これご利用でしたか?
勉強とはいっても、時代劇はまじ難しそー笑
この荒すじ、韓国の芸能記事の翻訳を繋げているのでちょと時間がかかるんですよ
ということで、今日は仕事なので20話はまだです~~^^;

ああ、いよいよ来週ですねえ。。存分に楽しませてもらいましょ=!
mathさんもふぁいちんですっ!

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: mukuさんへ^^
これはこれは~~ 良かったですね=
でも暑いしね~ くれぐれものんびりでネ

いや、あれはまさにタイムリーでした!
どんな状況で あのツイのになったのか、、、
yukiちゃんも、皆さんも、mukuさんも(私も?)元気もらってくれたらなーー

JIN、ま~~~あれやこれやですっごいですね
チュンホンの言葉が非常に気になりますが
パパからもイハウンからも疑いの目で見られて。。。
やっぱ頼りはまゆげの兄貴だけですねっ!!

本音、この話は22回じゃ足りないなんてもんじゃないスね
なんか粗いわぁ、、ははっ^^;

あ、私のも粗すじですね~~
20話 濃いので苦戦してます 笑

じゃ、だらだら~~とファイちんですよ=^^)/