Post

        

ジェジュン-コンビニモクバン2&タイ公演記事

category - ジェジュン
2017/ 03/ 19
                 


▼ C-jeS Instagram

「まもなく 3時! ジェジュンの日本コンビニモクバン、二番目の話が公開されます!
#キム・ジェジュン#おうちご飯キム先生#The_Homemade_Food_Master #Mr_KIM #シーズン2 #2話#公開#クックバン#モクバン#Cook #キムジュンだけの_サイコーな組み合わせ_公開#納豆との相性抜群な_それは#コンビニ#3月19日#ネイバー#TVキャスト#Vライブ」






jjw.png

目に涙が見える
(うれし涙)



検証

jje.png


791-1 - コピー (2)




おうちご飯キム先生2-第2話
<食べ物に対するジェジュンのマナー>






オマケ:「ジェジュンのスペシャル2秒広告」

納豆編
jj2n2.png

  


コーンスープ編
jj2n32.png

566-1 - コピー (4)


b22_2017031922345748e.png









ジェジュン(JYJ)、4年ぶりにタイ公演…5000人が熱狂

 4年ぶりにタイを訪れたジェジュン(JYJ)の人気は相変わらず凄かった。

 1月のソウルを皮切りに日本・横浜、大阪、名古屋、埼玉を経て、香港ファンまで“ジェイホリック”にしたジェジュンが、タイでもその熱気を継続した。2013年3月以来、ソロとして4年ぶりにタイを訪れたジェジュンは18日、自分を待っていた多くのタイファンと熱い再会を果たした。

 18日午後、バンコク・セントラルワールドで行われた記者会見にはTVチャンネル「CH9」「Ch.8」「TRUE INSIDE」「SPRING NEWS」、日刊紙「DAILY NEWS」「NEAWNA」「THAIRATH」、ラジオ「Tofu pop radio」などタイ主要メディア100社がジェジュンを取材するため集まるなど、熱気を帯びていた。

 ジェジュンは記者会見で、「きのう空港に多くのファンが来て、喜んで出迎えてくださいました。前回訪問したときより、さらに情熱的に歓迎してくださり、愛をくださったので気分が良いです」とし、「きょう公演会場で皆さんからどれぐらい大きな応援やパワーをもらうことができるのか、楽しみです」と久しぶりにタイを訪問した感想や公演への意気込みを伝えた。

 続いて午後6時(現地時間)、ジェジュンの公演が行われるタイのフアマーク室内体育館はタイのファンはもちろん、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム、シンガポールなど周辺国から集まった約5000人のファンで埋め尽くされた。彼らは赤いペンライトを振り、4年ぶりに会うジェジュンの公演にときめいていた。

 オープニングステージを終え、姿を現したジェジュンは「4年ぶりに僕のコンサートに来てくださりありがとうございます。きのうタイに入国し、タイを満喫しました。食べ物も味わって」とあいさつをし、「タイはゴールドカラーが似合いそうなので、特別にタイではゴールカラーの衣装を準備しました」と準備した衣装を披露し、ファンの大歓声を浴びながらコンサートが始まった。ファンはジェジュンの一言一言に耳を傾け、ジェジュンはそんなファンと優しい口調で話をしながら、温かい時間を過ごしていった。

 ジェジュンは「タイを表す全てのもの」というドレスコードを着て来たファンを一人一人紹介したり、「Good morning night」のステージで「もう1回」と叫ぶファンのため、数回アンコールステージを披露するなど、久しぶりに会ったタイファンのため、惜しみないファンサービスをした。特に、今回のアジアツアーの中では、タイ公演で初めて披露するステージ「Butterfly」の前奏が流れると、ファンは驚きと喜びの歓声を上げ、どのステージよりも熱烈な反応を示し、会場はお祭りムードに。

 再びタイを訪れたジェジュンへの感謝として、ファンはさまざまなイベントで気持ちを伝えた。「Welcome back KJJ」と書かれたカードセクションを掲げ、ジェジュンと再会した感動を表した。アンコール曲「守ってあげる」になると、「いつもここにいるからね」と書かれたプラカードイベントも披露。これに対し、ジェジュンは「皆さんがいつもここにいてくれるなら、またすぐに会えるでしょう。国籍関係なく、みんなが同じ気持ちでこの会場にいるのだと思います。皆さんありがとうございます」と最後のあいさつをし、会場を涙に染めた。

 タイ公演関係者は「チケットは発売3分で、5000席が全席完売を記録したジェジュンの健在ぶりに驚いたが、きょうの公演を見ると、ファンの熱気はもっとスゴかった。会場に響き渡った歓声の大きさで、タイファンがどれだけ彼を待っていたのかが分かったし、ステージ上での魅力的なパフォーマンスを見て、なぜファンがこれだけジェジュンに熱狂するのかを肌で感じた」と伝えた。

 ジェジュンは25日にマカオ、4月1日に台湾で残りの中華圏ツアーを展開していく予定だ。

(ソース 3/19 WoW!Korea )



こちとら それどころじゃないのヨ
と思いつつも、
中国の韓流禁止令も気になる私め、



■ EXO・キム・ジェジュン、次世代K-POP市場東南アジア予熱

NISI20170319_0012803972_web.jpg
NISI20170319_0012803975_web.jpg


 サード(THAAD・米国の高高度ミサイル防衛システム)報復措置である「限韓令・韓流禁止令」で中国内のKポップ韓流が打撃を受け、日本と共に再び注目されている東南アジア市場が熱している。

 SMエンターテイメントによると、EXOは18日、マレーシア・クアラルンプールのスタジアム・メルデカで三度目の単独コンサートツアー「EXO PLANET #3 - EXO'rDIUM」を成功裏に終えた。

SMは「EXOが1年ぶりにクアラルンプールで開催するコンサートであるだけに、一層アップグレードされた舞台を披露し、現地ファンたちのより一層爆発的な呼応を引き出した」と誇示した。EXOは、来る4月2日また他の東南アジア国家であるシンガポールにこのツアーを引き続く。

 これと共に、グループ「JYJ」のメンバーキム・ジェジュンが、同日、4年ぶりに訪れたタイのバンコク内フアマーク室内体育館でコンサートを盛況裏に展開した。

タイ現地ファンたちはもちろん、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム、シンガポールなど、周辺国から集まった5000余ファンたちで一杯だったと所属会社C-jeSエンターティメントが伝えた。

 コンサート直前、バンコクセントラルワールドで行われた記者会見には、TVチャンネルのCH9、Ch.8をはじめ、タイの主要な100以上のメディアが殺到した。


ツアー日程は早目に計画されるので、最近相次いだ東南アジアKポップ コンサートがサードの直接的な影響を及ぼしたと見るには難しい。 だが、サード以後 韓流の多角化が緊急な問題と指摘され東南アジア市場が浮び上がったし、これに伴い、以前よりさらに手を入れているのは明らかだ。

イ・スマンSMエンターテイメント総括プロデューサーは14日、インドネシア ジャカールで開かれた「韓・インドネシアビジネスサミット」で東南アジアをベースにしたアイドルグループを出す計画だと明らかにした。

(ソース 3/19 newsis )


■ 「限韓令」中国の代わりに東南アジア"…
EXO・キム・ジェジュン、マレー・タイ公演盛況


 韓国のサード(THAAD・高高度ミサイル防衛システム)の配置決定で、中国の全方位報復措置が拡散した中、Kポップスターたちの東南アジア公演が盛況裏に開催された。

東南アジアはかなり以前から韓流が伝播したが、歌謡界がしばらく中国市場に集中してスターの活動が下火になったが、中国の「限韓令・韓流制限令」で市場多角化の必要性が提起され、再び注目されている。

(中略)
AKR20170319038500005_02_i.jpg

 昨年12月に除隊した後、日本と香港などを回ってアジアツアー中のキム・ジェジュンがタイを訪問した。

2013年3月以後4年ぶりにタイを訪れた彼は、去る18日バンコク フアマーク室内体育館で開かれた公演で、タイをはじめとしミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム、シンガポールなど周辺国から集まった5千余ファンたちの歓呼を受けた。

タイ入国当時、左側胸に黒いリボンを付けて、昨年逝去したプミポン・アドゥンヤデート国王を哀悼したキム・ジェジュンは、公演でも「タイはゴールド カラーがよく似合うようなので特にタイでゴールドの衣装を準備した」と話して拍手を受けた。

また、タイ公演で初めて'Butterfly'のステージを披露するファンサービスもした。

すると観客は、「ウェルカムバックKJJ」と書かれたカードセクションを展開し、アンコール曲「守ってあげる」の舞台で「いつもここにいるよ」と書かれているプラカードイベントで応えた。

キム・ジェジュンは25日、マカオ、4月1日、台湾で同じ公演を続けていく。


 実際には、このような大型歌手たちは、中国の活動が打撃を受ける前にツアーごとに東南アジア地域での公演を開催し、サードの影響で変化を図ったと見るのは難しい。しかし、歌謡界は限韓令をきっかけに、他のアジアの国に訪問地域を拡大するなど、変化を試みている。

大多数の企画会社は、日本韓流が両国の冷却期で沈滞し、中国韓流が政治的な理由で深刻な打撃を受ける経験をして、市場進出の多角化の必要性をもう一度悟ることになったと口をそろえた。

ある大型レコード企画会社取締役は、「去る15年間、拡散した韓流は、日本に続き中国市場の依存度が高かった」として、「その間中国活動に時間をたくさん注いだが 今回の危機を体験して Kポップ韓流がしっかり位置した他のアジア地域のファンたちに会う方向で日程を組んでいる」と話した。

また他のアイドル企画会社代表は、「中国との関係が改善されるように願うが、限韓令が長期化する可能性を排除することはできない」として、「所属グループも今年ツアーを計画中なので行っていないアジア国家で公演を計画中だ」と付け加えた。

(ソース 3/19 聯合ニュース











にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

わらった~~~
まじょ様 こんにちは

お忙しい中 怒涛のジェジュン活動に
気の休まる間もないことと お察しします^^
倒れないでくださいね

昨夜 ↑のコンビニモクバン2を見ながら
思いっきり 笑ってしまいました
今も 思い出すと ゲラゲラ笑いそうです

何がって あの ジェジュンの「叫び」!!!
そんな声出すんだぁ~~と
可笑しくて 

つい この前 
「守ってあげる」のサビで
あーんなに やさしい きれいな声を アカペラで
聴いたばかりの耳に
信じられないような 唸り声 やら 叫び声
そんなに 大感激する??
(コンビニから 感謝状来るかも^^)

これが ジェジュンなんですかねぇ

いやぁ やっぱり 面白くてたまらんって
なって来ますね

まじょ様 の 気持が
だんだん 分かってきたようで
ちょっと コワイ この頃です
Re: 春花さんへ
 こんばんわにござりますm(^^)m
遅くなりましてスミマセンですう
うちの職場、人使い荒くてもうもう~~~

それね!
私も やややや でしたよ
オッサン化?と書こうとしたけどやめときましたハハハ
普段友達なんかとはあんな会話なんでしょうね
さすがッス局長★

いやホント、ジェジュンといえば ォもろい 
綺麗なお顔してますが、かなりやばばですよ
まじジェジュン星人としかいいようがない
だから私の場合は 恋人?←それはいささか違うようなで^^;
脱いでも またかいな かじぇひくなよーみたいなネ
けっこうどうでもいい 放任主義ファンデス 
ファンも色々ですよん

そう思い続けて10年でもいまだに心底「ぎょえ=」がある
歌いっぷりなんかもそうですが

実にコワイですう~~~ 笑