ジェジュンインスタ、他 カン・ドンウォンで雑談



ジェジュン Instagram

「ああ くらくらする
ビッグバンのだってさ ウウウ
#うるさい」


아 정신없어 빅뱅꺼래 ㄷ ㄷ ㄷ #시끄러

kim jae joongさん(@jj_1986_jj)がシェアした投稿 -




ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

眠気飛んだなりね 
 

kc-anxv-1519-20_2.jpg



「#LOVE」

jjist201703062.png
(jj_1986_jj instagram)



 
▼ C-jeS Instagram

「今週もお疲れさま👏 来週も😄👍
#キム・ジェジュンジェジュン#KIMJAEJOONG#アジアツアー#ASIATOUR#亞洲巡演#コンサート#Concert#演唱会
#2017_KIMJAEJOONG_ASIATOUR#The_REBIRTH_of_J
#サイコー#週末#よく過ごしました#マッチョ#クッパム#香港#Hongkong#マカオ#Macau#澳門#台湾#Taiwan#台灣#タイ#Thailand#私たちもうすぐ会いましょう#cjes.tagram」

cjaist201703051.png
(1041 x 785)
(3/5 cjes.tagram)

cjsist201703041.png
(707 x 882)
(3/4 cjes.tagram)


「3月25日と4月1日、キムジェジュン初のマカオ 台湾高雄コンサート開催!」

00665s7ugy1fdd6amhlw1j30j30phgpd.jpg
(687 x 917) (CJES_Official weibo)



<アジアツアー日程>

▶3月11日(土) 香港~AsiaWorld-Expo ホール10 18時

(asiaworld-expo.com)

jjAWTH.png

▶3月18日(土) タイ(バンコク)~フアマーク・インドアスタジアム 18時
▶3月25日(土) マカオ~コタイアリーナ 20時
▶4月1日(土) 台湾~高雄アリーナ 19時30分









■ 日本の追撃を受ける韓流

 フジテレビの2015年のドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』をリメークした中国バージョンが先月21日、テンセントで放送された。このウェブドラマは恋愛や結婚に全く関心がない2人の男女が結婚を目標にぎこちないデートをしながら恋愛の意味に気づいていくというストーリーだ。男女主人公の結婚観は「結婚は恋とは関係がなくて契約にすぎない」というものだ。

ドラマを見た中国人視聴者の反応は分かれた。主人公の結婚観について「受け入れることができない」という人がいる半面、「意味が深く完成度が高い良心劇」と評価する若い視聴者もいる。

このような若者の心を反映する中国特有の社会的背景は春節(旧正月)だ。家族と離れて1年間働き、春節に故郷に帰る人たちが直面する問題の一つは家族の逼婚(結婚強要)だ。ある20代の女性は春節7連休中に見合いを10回もしたという。彼女たちの心を代弁して慰めるコンテンツも必要な時代だ。

『デート』のように2017年から中国で日本コンテンツをリメークする作品が次々と登場するだろう。『深夜食堂』『最高の離婚』『秒速5センチメートル』『プロポーズ大作戦』『ドラゴン桜』などがすべてリメークされたりリメークを準備中という。

フジテレビの番組『VS嵐』の版権を買って制作したバラエティー番組『高等少年団』も18日から浙江省衛星テレビが放送する予定だ。実際、中国で韓流コンテンツの人気および話題性と比較すると日本のコンテンツはその間「非主流」に属してきた。

中国バージョン『デート』を制作したプロデューサーの孫佳亮氏は青年時報のインタビューで「中国市場において韓国ドラマの影響力は下降傾向とみられ、日本の放送局が中国企業に提示する版権料が高くなっている」と説明した。

孫氏は「韓国ドラマは主にスターインキュベーティングに重点を置く半面、日本ドラマは社会現象あるいは葛藤を反映する」と韓国と日本のドラマの違いについても言及した。

中国で日本コンテンツが急浮上するのは韓流が寒冷期に入ったという理由もあるだろうが、社会的な葛藤を繊細に扱うという点も間違いなくあるだろう。韓国ドラマもそのような実力を十分に持つと考える。

中国最大のコンテンツレビューサイト豆弁で韓国ドラマ『応答せよ1988』の評点は9.5点(10点満点)、『ディア・マイ・フレンズ』は9.4点、『未生』は9.2点だった。寒冷期が過ぎて韓国ブームが再び中国市場に起こる時が早くなることを期待する。

(ソース 3/6 中央日報日本語版








カン・ドンウォン、
「母方の曽祖父が親日活動家」 ネットの書き込みが拡散
所属事務所が削除要請し、騒動拡大
カン・ドンウォンは謝罪コメント発表


■ カン・ドンウォン、親日先祖論議で見た歴史認識の重要性

20170302001360_0.jpg

 去る3.1節に前後して芸能人の歴史論議がまた浮上した。

俳優カン・ドンウォン(写真)の親日先祖が広く知られて以後、カン・ドンウォン側が対応に出て論議を育てた局面だ。

最近あるネチズンがポータルサイト ブログに、カン・ドンウォンの外曽祖父を親日派だと指摘した某映画メディアの記事をリンクして以後、カン・ドンウォン側がこれを「名誉毀損」とし、ポータルサイト側に掲示文ブロックを要求した事実が知られて論議がおきた。

このネチズンは、先月28日夜、「カン・ドンウォンに来たメール」というタイトルで、「ない話を作り出したのでもなく君がそうしたわけでもなく、歴史が記憶するそのままを歪曲したわけでもない」として、「だからといって歴史は変わりはしない。 隠そうとする民族に未来はないのと同じだ」と批判した。

カン・ドンウォンの外曽祖父はイジョンマン(1885~1977)で、民族問題研究所親日人名辞典に登載されている。
これによればイジョンマンは、日帝時代 親日団体'朝鮮臨戦報国団'の理事を歴任した事業家で、平安北道(ピョンアンブクド)自省の金銀鉱区を所有して'鉱山王'と呼ばれるたりもした。

論議は過去カン・ドンウォンが外曽祖父を「芸術であられた」と称賛した2007年インタビューまで広く知られて歴史認識問題に広まっている。 一部では、カン・ドンウォンが、外曽祖父を「芸術」と定義したのを置いて、外曽祖父の親日行為を知らなかったこともあると擁護論も咲いた。 知らなかったということがカン・ドンウォンにとって有利な解明であろうか。 知らなかったというのは歴史に対する無知をつまむべき議論の口実を提供することができる。

連座制は危険だ。 単に親日派の子孫という理由で誤った歴史の責任を問うのは行き過ぎという指摘も妥当だ。しかし、親日残滓清算が正しく行われていなかった大韓民国の現代史で親日の子孫が経済的、社会的に独立軍の子孫よりも優位に立ったことは否定することはできない。だが、親日残滓清算がまともになされることが出来なかった大韓民国現代史において、親日の子孫が経済的・社会的に独立軍子孫より有利な位置を先に獲得したことは否定できない。

歴史的ルーツは本人の選択によるものではない。「金のスプーン」という流行語もそれぞれの立場で運だが、羨望の中にいる時期の視線は不運でもある。幸運であれ不運であれ血筋というルーツは否定することができない性質の遺産である。

親日派清算問題が今日まで問題だと指摘されて、日本と少女像問題でまだ国家間の葛藤を経るなど現在の大韓民国は決着させることが出来なかった歴史清算問題に直面している。 誤った過去を認めた後反省と責任の姿勢で今日に臨むのと、自身のルーツから否定するのは差が大きい。

昨年、AOAのジミンは、あるケーブルチャネル芸能番組で安重根義士を知らなかったという理由で非難された。 昨年8月15日光復節に戦犯日章旗模様の掲示物をSNSにあげたティファニーは出演中だった芸能番組を下車するなど、歴史に対する無知を現した代価は骨身に沁みた。 今回のカン・ドンウォン側の対応は、「名誉毀損」という理由で恥ずかしい歴史を覆うことに汲々とした形が非難を育てる結果を産んだ。 歴史が簡単に消されるなら 誤った歴史も簡単に書かれることが自明だ。

(ソース 3/2 SEGYA)



■ [公式謝罪]カン・ドンウォン
"親日家族史衝撃、未熟な対応など全部私の誤り"


 カン・ドンウォンが直接親日家族社について謝罪した。

(以下、カン・ドンウォン謝罪文)

こんにちは。 カン・ドンウォンです。

先に外曽祖父と関連して物議をかもしたこと 頭を下げて深く謝罪申し上げます。

幼い時期から私は外曽祖父の美談を聞いて育ってきました。 おばあさんが独立有功者の子孫だったために外曽祖父に対する美談を自然に受け入れてきたし、2007年インタビューをした時点にはその方の誤った行動を正確に認知できませんでした。 もう一度深く謝罪申し上げます。

今回のことは紛らわしかったし、衝撃も大きかったです。 さらに家族史と関連したことなので問題を正確に把握しなければならなかったし、また関連した資料を覗いて見る時間が必要でした。

この過程から出た未熟な対応と関連して関連者方々に謝罪申し上げます。 合わせて早く私の立場をお伝えすることができない点も全て謝罪申し上げます。

私もまた俳優であることに先立ち、大韓民国国民の一人として、誤った歴史を正さなければならないし再びそのような恥ずかしいことが繰返しあってはならないと考えてきました。

そのために今回のことに対して心より恥ずかしいと考えています。

過去を正確に認知できない点、未熟な対応で論議を起こした点、短い時間内で私の立場を申し上げることができない点、全て私の誤りだと痛感します。

私は、私の外曽祖父の恥ずかしい過去を知ることになりました。 今回のことを通じて、歴史に対してより一層勉強して、また、反省していきます。合わせて微弱ではありますが私がやるべきことを探して実践します。 もう一度今回のことで心配をおかけしたすべての方に心よりお詫び申し上げます。


(ソース 3/5 スポーツ朝鮮



■ 親日派騒動激化、カン・ドンウォンの祖母に関心集まる

 俳優カン・ドンウォンが母方の曽祖父イ・ジョンマン氏(1885-1977)の親日行為をめぐり物議を醸したことについて謝罪したが、一方で母方の祖母が独立有功者の子孫だと明かしたことを受け、人々の関心が集まっている。

カン・ドンウォンは5日「曽祖父に関して物議を醸したことをおわびする。幼いころから母方の曽祖父の美談を聞いて育ってきた。母方の祖母が独立有功者の子孫なので、母方の曽祖父に対する美談を自然と受け入れていた」と説明。イ・ジョンマン氏の名前が親日人名事典に載っている一方で、母方の祖母は独立運動家の子孫というわけだ。

以下はニュースサイトへ ➡ 3/6 朝鮮日報日本語版



この方も、最近ご無沙汰してますが、かつて<まじょの好物>でした

曾祖父(ひいじいちゃん)の経歴でここまでの騒動になる国
反日感情が薄まること無く 生生しく呼吸している国
近頃は、芸能記事を読んでるだけでも、自分の認識越えてるなと改めて思う私め。

自分から日韓問題に関わっていく芸能人は別として、
誰がいつ何を理由に追い詰められるが分らなくなっている昨今、
自分の国からなのか日本からなのか、それすら。
日本に対して好意的な気持ちが強ければ強いほど、
そうした状況に陥った時の苦しみは深くなるはず(多分)。


歴史問題の認識が正しいとか間違いだとかとは別の話で、
私めなんぞ、ジェジュン溺愛と日韓問題は直で繋がってませんから、
まさしく、「それとこれとは別」で


ただ、
日本の韓流スターファンがよく言う
「(私の)○○は違うから」には不安を覚えます。
「日本を本当に愛してくれている」
だとしても、有難いと思うのみで 何事が勃発したときこちらは何もしてやれない。
日韓問題にはあまりに力があるから,, とてつもない負のエネルギーが,,
しかもファンは底なしに優しくても、日本という国は彼らにはそうではない。

ファンが大声を張り上げても、
世論の前では虫の声程度にかき消される
(すでに身に沁みてもいる,,)



お~~、もう真夜中っ
この話書いてると 終わらないので
続きはまた すみません





 




にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: よ~ちんさんへ

 こんばんは~^^
嗚呼、3月にお二人の、
そうでしたかあ
こちらはまだ外は真っ白ですが、東京はもう春ですよね?

ジェジュン、いったいどうした?
いかにも不健康そうな顔見ると、入隊してた頃のパーンとした若者顔を欲してしまう私め
日本でエネルギー使い果たしたんじゃないかとちょと心配ですネ

カン・ドンウォン氏の件、日本に対する恨みの根、なんと深いことか
ひいじいちゃんですからして、、
(アジアの先端を行ってるような韓流スターが醸し出すイメージとのギャップが,,)
時々思うのは、同じアイドルのファンでも違うのかも?てことです
だから分裂当時より随分と韓国発のファンの考えとか物事の捉え方は慎重に見るようになってる気がします
(ただ、たまにヤホーとかに載るジェジュンの記事なんかでも、コメント欄見ると日本人にもゲッソリくることはありますね=)

ジェジュンの元気回復を祈りながら、遅い春を待ってみます~
桜は連休後の北海道です 遠いですう^^

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

さとち

Author:さとち
ジェジュンがオモロくて仕方ない♪ 
留守番ぼけ★リハちゅー

JYJ見守ってます
1幕東方神起は永遠のお宝

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

インフォメーション

 いらっしゃいませ。
ジェジュンファン、そして1幕東方神起お宝&JYJ見守りちゅーの管理人'さとち'です。
現在、仕事の都合で記事更新はぼちぼちになっております。

当ブログで掲載した画像等は個人で楽しむためのもので、全ての著作権は著作権元に帰属します。

フリーエリア

Love You More




検索フォーム

Categories...

openclose

FC2ブログランキング

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ページの先頭へ戻る