Post

        

ジェジュン話 JJの写真&お祝い動画&MINE話 ほか

category - ジェジュン
2016/ 01/ 21
                 




○ pwrock100さん インスタグラム 

pwr.png

pwr - コピー
(748 x 514)


団体写真だというが、
ジェジュンそこに見えるようではないですか...?
違ったら嗚咽
拡大してみると合うような方が

2952569852_aa7b71b1_image.jpeg

990394673_d18e9fd9.jpeg

(ソース 1/21 DCKJJギャラリー




○ pooraeさん インスタグラム 

poorae.png


「今上げることができる2
#キム・ジェジュン#jyj#何の撮影だった#singer#歌手#今あげようと思い
#舞台裏 #bts #CF #商用#広告#ある日#撮影


160120.jpg
(※ポチで拡大 1080 x 810)

(https://www.instagram.com/poorae/)


160120_201601211017193c3.jpg









★ Angel Wingさん 祝・お誕生日動画

ジェジュン Jaejoong Fans Birthday Project 2016 お誕生日企画




そして、

ファンからのバースデイ企画
「MINE」MV 再生500万回達成 
おめでと~~v(^^)v





私めも昨晩は 500万回射程圏内ということでちょと多めに再生しときました  (

現在もう 5,007,778回に
 



2013年のminiアルバム「I」発売時のインタビュー記事が、またよく読まれてるようなので、
そこから少し

Q-「MINE」の全体的なコンセプトは今のあなたが置かれている状況とも関係があるようだ?

JJ: まあ、そうかもしれない。蛇が体に巻きついているのは、絶えずに僕の首を締めてくる何かを表現したもので、カラスの群れの中を走るのは、暗い何かに立ち向かって乗り越えるという意味だ。

何がどれだけあっても僕は大丈夫、僕は勇敢だという自信を表現したものでもある。僕の領域は狭いけど、僕はこの中で本当に幸せで、自由に生きているから、ここには手を出すなという意味。



今さらながら、キムバダ氏のロックバンドへのこだわりにも気が付いた私め
読み飛ばしてたのか?

JJ: 通常ガイドラインの演奏があって、そこにボーカルを完璧に載せてからセッションを入れるが、キム・バダ先輩はセッションを100%完璧に完成してから、最後にボーカルを載せた。
演奏のパートをとても大事にしていて、演奏が素晴らしすぎてそれだけ聞いても鳥肌が立つ時があった。


(ソース JYJ ジェジュン「僕の領域は狭いけど、その中で幸せで、自由に生きている」)


「MINE」それではもう一回聴いてみましょう 




改めてこのインタビューを読んで、
最もジェジュンらしさを感じたのはこの言葉でした~ちょと意外

Q-「MINE」は歌詞からミュージックビデオまで、アルバムに収録された曲の中で一番強い曲だ。これをタイトル曲として決めた時は、悩まなかったのか。

JJ: 最後まで、ミュージックビデオを撮る直前まで真剣に悩んだ。もう少し大衆的な「One Kiss」の方が良いのではないかと思った。その反面「MINE」は強烈な曲なので、好き嫌いがはっきりするし、少し危険性があると思った。でも、タイトル曲はミュージックビデオを撮影するじゃないか。それを考えたら、単にサウンドだけではなく、映像の表現を加味してさらに様々な雰囲気を表現できる曲が「MINE」だと思った。



近年の売れるK-pop曲の傾向と対策としてまず挙げられるのは、中毒性のある言葉やメロディの反復だと言われますよね。大手になるほど「確実に売れること」が至上命題だとも。

(その韓国で、アイドルがロックアルバムを出すというところからして、
ジェジュンのソロ音楽活動の至上命題は何か?の答えは見えるわけですが)

ジェジュンも 商業的な成功は欲しいに決まっているけれど、
でもそれが最優先事項とはまんず思えない。
自作他者作に関わらず、聴く人用に 曲をどう上手く仕上げるかということより、
まず自分が曲の中に在って、外に向かって階段を昇りつめて完成させていく歌手であり作り手
と そんな感じ? (どう表現すればいいのだろ~ 


ジェジュンらしさを求めることと、ファン達にだけでなく確実に売れること
今のK-pop市場でこの二つが共存するには いささかの難しさが伴うことは分かる 
あんな活動環境だし

でも私は、常にその両方を求めているので、
しかも 私めの脳内ではそれが成り立つから
考え始めると 何かしらのジレンマに陥り、 
象のコキコキの尻尾を持って振り回してみたりするワケです
(愛着が増しますネ v(^^)v )






正規 2集 ♪

2950630952_31ba4318_1_8086857fcd18ed514a58cd216a5e32006593bfe4.gif


2集 早く ♪♪

1889093350_4c2b175b_image.gif



566-1 - コピー




何書こうとしてたのか分からなくなったので、次の話題に 








■ イ・スンギ ユ・アイン行って、ユン・シユン、キム・ジェジュン来て...2016年に軍入隊・グローバルスターは?


 韓国芸能界で活動する男性芸能人なら避けることができないことが一つある。まさに「軍入隊」だ。
軍服務は 南北が分断された状況で、身体の健康な韓国人男性なら必ず履行しなければため、この問題はどんな問題よりも鋭敏になるしかない。過去には、ユ・スンジュンが軍入隊を避けて入国が禁止され、今も感情に訴えているが世論を元に戻すには力不足だ。逆にユ・スンホは、新兵教育大隊で助手として服務しながら誠実に軍生活を終えて除隊した後、より大きな愛を受けている。

2016年に軍入隊を終えて帰ってくるスターがいる。 これらはいわゆる‘ディス免除権’を取得したスターで、軍服務を誠実に遂行して芸能界復帰を控えている。


20160118182712_111.jpg

一番最初に転役を申告するスターはユン・シユンで、来る27日転役を控えている。.
2013年、ソウル地方警察庁広報団(笛演劇団)に合格したが、これをキャンセルして義務警察として服務したパク・ギウンもやはり今年除隊を控えている。(一部略)

下半期もスターたちの転役は続く。昨年3月に入隊したスーパージュニアシンドンとソンミン、JYJキム・ジェジュンが12月に満期転役する。シンドンは来る12月23日転役予定で、ソンミンとキム・ジェジュンは、同月30日に軍服務を終えファンのそばに帰ってくる。この他にも現役ではないが、社会服務要員として代替服務中のイ・ミンギが来る8月3日に召集解除される。


20160118182604_222.jpg


そうかと思えば2016年現在の位置を後にして軍服務を控えるスターもいる。 これらの共通点は現在それこそ‘1Hotハン’位置で最高の活躍を広げているというところにある。

1986年生まれのユ・アインは 今年31歳(満30歳)で、上半期に入隊する可能性が高い。
「正しい生活男」のイメージが強いイ・スンギは来る2月1日入隊する。(一部略)

軍入隊をしなければならスターたちが86〜88年生まれに属する点で、アイドルメンバーたちも軍入隊を欠かせない。先にスーパージュニアキュヒョンは、MBC「黄金漁場 - ラジオスター」で入隊計画を話した事があり、リョウクも「2015 KBS芸能大賞」で間接的に発表した。
また、最近EXIDハニとの熱愛事実を明らかにしたJYJキム・ジュンスもソロ正規3集発売とコンサート開催記念記者会見で、「大韓民国として当然行かなければならないこと」としながら、キム・ジェジュン、パク・ユチョンの後に続くことを示唆した。
また、87年生まれのイ・ミンホ、チャン・グンソク、チ・チャンウクをはじめ、88年2月生まれのキム・スヒョンなど韓流スターたちも入営対象者に挙げられている。

軍服務はスターを応援するファンには残念な期間であるかもしれないが、休みなしに駆けて来たスターにとっては 2年間の充電を行うことができる時間でもある。また、過去には、長期間の軍服務での認知度の低下が復帰において困難な障害物として作用したが、最近では好材料として作用し、軍隊に行ってきたスターは「ディス免除権」を得て、さらに良いイメージで活躍している。最近のユ・スンホとソン・ジュンギなどだけ見ても、軍入隊は悪材料ではなく好材料であることが分かる。

※ 「까방권」とは「까임방지권(ディス免除権)」を意味するネット用語。称賛に値する発言や行動をした者や功績のある者に対する褒め言葉として使われる。

(ソース 1/21 スポーツソウル)








■ “JYJ法”SMAPの解散騒動を受けて日本で話題に

日本にSMAPがいなかったらどうなっていたんだろうと思うほど、今も日本ではSMAP解散騒動の余波が続いている。

そんな中、Yahoo Japan!で韓国の“JYJ法”と呼ばれる法改正が日本の芸能界にとっても非常に参考となる法律であると主張したコラムが掲載され、視線を引きつけた。

このコラムの執筆者である松谷創一郎氏は、SMのシステムとJYJの現状について説明した。それから、JYJが5年経った今でも芸能界で強い圧力を受けることになったと指摘した。そして、JYJのケースを例として取り上げながら、韓国で“JYJ法”という、芸能界に公正性をもたらす画期的な法改正がされたと説明した。JYJ法とは、第三者の圧力によって放送会社が特定の人物の出演中止を禁止するという内容である。

しかし、相変わらずJYJはその後も音楽番組に出演できない状況が続いたと松谷創一郎氏は説明した。最近行われた「ソウル歌謡大賞」の人気投票でJYJのジュンスが1位になってもイベントに出演することができなかったという事実も付け加えた。

松谷創一郎氏は続けて、今回のSMAPの騒動はジャニーズ事務所の一族経営による管理で、業界内外を強圧的に支配するその姿は、まさに昭和の中小企業だとした。

このコラムがポータルサイトYahoo! JAPANに掲載されると、日本のネットユーザーは積極的な意見を示しながら爆発的な反応を見せている。

(ソース 1/21kstyle















にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
まじょさん、大寒とはやっぱり裏切らない寒さを持ってきますね。

お誕生日企画のジェジュンの歌とファンのコメント 観ながら涙が止まらなかった。

み~んなジェジュン愛に溢れていて 思いを同じくする方たちがいっぱいいて心強いです。

SMAPもファンに支えられてる自分たちを再認識したでしょうね。(安定した仕事の場が有ると忘れがちになりますよね)

ジェジュンは “ファンあっての自分”感をいつも持ってる人だと思います。

言い換えれば“危機感”との背中合わせ、  だからいい歌、いい演技、いい表情の奥にあるものを我々は感じとって心配してみたり・・・、
まるで心療医学博士=ファン だったり、

第二集も発売日が決まりたくさんの診療医学博士さんたちも 癒されます。  







Re: よ~ちんさんへ
 や~~ 今日は冷え込んでますね
アルバムの具体的な話が出たおかげで温まりました i-1

ジェジュンのお誕生日に向けて、色々始まってますね♪
エンジェルさんの動画、私も参加させて貰ったんですがいつもながら頭下がります
イラストとかも沢山UPされそうだし、ご当人は不在でも例年以上にファンが頑張りそうな予感しますね

SMAPはねえ,, やっぱりこれぞ国民的芸能人★だった! 
このまま何事もなかったようにジャニーズ事務所も変わらず安泰かと思うと残念だけど早く決着したのは良かったデス。
でも疲れました~~ 5分裂思い出すしで^^;

ジェジュンへの思い入れや考え方は、ファンそれぞれがホントに深くて強くて
何十万人がみんなどこかしら違いそうですね
分ったようなこと書く時には勇気がいります(笑)