Post

        

SMのためのSMだけの宴「ソウル歌謡大賞」

category - ジュンス
2016/ 01/ 15
                 




■キム・ジュンス、「ソウル歌謡大賞」人気賞受けても招待無かった
…候補になぜ上げたか?



 歌手キム・ジュンス(XIA)が「ソウル歌謡大賞の人気賞を受賞したが、授賞式には招待されなかった。

キム・ジュンスは、去る14日午後、ソウル松坡区オリンピック公園体操競技場で開かれた「韓国訪問の年記念第25回ソウル歌謡大賞で人気賞の主人公になった。

人気賞は、100%事前投票の結果で受賞者が決定された。投票は、昨年11月27日から1月12日までの47日間有料投票で進行され、キム・ジュンスは総46.7%の得票率を獲得した。

この日の授賞式は、KBS drama、KBS Wなどで生中継されたが、キム・ジュンスの姿は見られなかった。視聴者は、第1部の最後に3秒間放映された字幕を介してのみ、彼の受賞の知らせを一歩遅れて知ることができた。

"ソウル歌謡大賞"側は 授賞式前日の13日、ホームページを通じてキム・ジュンスの人気賞受賞の便りを知らせたが、肝心の彼を招待していなかった。また、授賞式当日のオンラインコミュニティなどを介して流出したキューシートに人気賞部門授賞は消えた。


 これに対してキム・ジュンスは、自分のSNSを介して(中略) ファンへの感謝の気持ちと申し訳なが込められたメッセージを残した。

続いてネイバーVアプリのライブ放送を介して、「私を舞台に一度上げようと、本当に長い時間... これ一度ではない。あまりにも多かった」とし、「広報大使なのに私たちだけ舞台ができなかった。これだけでなく、実際に様々で言葉にできない」と述べた。

また、キム・ジュンスは、「47日間有料で昼夜も夜も明かして投票した皆さんの心を誰よりもよく知っているので申し訳ない」とし、「だからより疲れないのだ。本当に感謝している。だから今日は放送を必ずやりたかった」と所感を伝えた。


 キム・ジュンスが所属するJYJは、今まで音楽番組出演はもちろん、各種歌謡授賞式で毎回候補にすら上がらず除外された。しかし、"ソウル歌謡大賞"側はキム・ジュンスを人気賞候補に上げ、ファンは、彼が放送に出演することができる唯一の機会という思いで有料投票にもかかわらずに全力を尽くしていた。

しかし、いざ受賞者を招待することは無く、ファンは"ソウル歌謡大賞"側に「こんなことなら なぜ候補に上げ有料投票を進行したのか。公式抗議する。」などの意見を出して怒りを禁じえずにいる状況。 これに対してソウル歌謡側は、「今年本賞を受賞する歌手を中心に招待した」という立場だけを出した。

先立ってJYJは、去る2011年「済州島の世界7大自然景観」の広報大使として活動したが、関連の特集放送出演が前日キャンセルされることもあったし、2014「仁川アジアゲーム」の広報大使に委嘱された当時・閉幕式舞台に上がることを置いて組織委員会側とで雑音が生じたこともあった。

JYJは7年間、放送に出演するのはもちろん、舞台に立つことさえ毎回外圧による被害を受けているにも関わらず、逆に、今回の授賞式を介して根強い人気を謳歌しているという点を証明したりもした。明らかに被害者はいるが、加害者は姿を現さないまま持続する差別、ファンはもちろん、大衆の眉さえひそめさせる。

(ソース 1/15 OBSプラスnews




ソウル市が協賛する「ソウル歌謡賞大賞」


■ 大きくなる「ソウル歌謡大賞」キム・ジュンス論議?、
パク・ウォンスン ソウル市長“状況把握中”


 グループJYJキム・ジュンス「ソウル歌謡大賞」(以下ソ歌大)不参加と人気賞授賞霧散論議がオンラインを中心に広まるとすぐに、パク・ウォンスン ソウル市長が状況を把握してみると明らかにした。

キム・ジュンスは14日ソウル、オリンピック公園体操競技場で開かれた‘韓国訪問の年記念 第25回ハイウォン ソウル歌謡大賞’人気賞事前投票結果46.7%の得票率で1位を占めたが参加しなかった。

問題はこの日、ソ歌大で人気賞授賞自体がなされなかったということ。 これに対しインターネットユーザーは公憤(社会の悪に対して、自分の利害をこえて感じる憤り)を吐いた。

あるインターネットユーザーは、パク・ウォンスン市長のソーシャルメディアに、「合計47日間の‘有料投票’後、不当な理由で、人気賞受賞者に渉外要請さえしない部分について、直接的な謝罪と納得できる解明をお願いします」という文を残した。

するとパク・ウォンスン市長は、「状況把握中です。 ジュンスさんはデセンバー公演で会ったことがありファンです」という答を残した。

(ソース 1/15 東亜日報


PS16011500213.jpg
ジュンスとパク・ウォンスン ソウル市長(写真=パク・ウォンスン ソウル市長twitter)


調査結果はいつ?








SMのためのSMだけの宴「ソウル歌謡大賞」でジュンスは利用だけ?

 「ソウル歌謡大賞」は、不公正な授賞式で定評のあった授賞式である。 表では公正だと言うが、2010年以後この授賞式が不公正で終わりを見せているという点は歌謡界と授賞式に少しだけ関心を持っていても分かる事である。

2010年以後この授賞式は、そのまま SMのための授賞式だと見ればいいほどだ。 特に、大賞に区分して見ると 2008年がワンダーガールスの年なのは誰でも分かる事実で、2009年少女時代の年だったということくらいは認めるしかないが、以後毎年 SMのための宴になっている。

2010年少女時代がまた大賞を受けたことは少しは認めることができるが、最高の活躍を見せたこれを追い抜いて SM スターを1人ずつ挟みこんで賞の価値を毀損させたという点が 不公正な授賞式だと感じさせらせた点だ。

2010年以降この授賞式は、そのままSMのための授賞式だと見ればいい程に 毎年粘り強く宴に他のアーチストが付き添いt人として立つ授賞式だというのが分る。

2011年大賞を少女時代に与え、スーパージュニアやSHINeeを1チームずつ挟みこんで、スーパージュニアが大賞を受ければ少女時代を挟みこんだし、2012年サイの江南スタイルが大賞を受ける時は f(x)とSHINee、スーパージュニアを。2013年 EXOが賞を受ける時は少女時代とシャイニーを挟みこんで賞を受賞させた。


51973_126067_268.gif


2012年には授賞式の途中でスーパージュニアが誕生日パーティーをする姿を見せたりして この授賞式のアイデンティティを知らせたりした。 やっぱり 2014年にも ‘中毒’ 曲で活動したEXOに大賞を授賞した‘ソウル歌謡大賞’は、本賞にスーパージュニアとテティソ、レッドベルベット、テミン(SHINee) などを挟みこんで自分たちの授賞式であるように構えた。

もちろんそれくらいの活躍を見せたから授賞式に入れたものと言えるが、誰も理解できない受賞者と思うに値するチームがひしめいていたから不公正と言える。
スーパージュニアやSHINeeは 韓国でまともに活躍しなかったし、実際あまり大きな反応もなかったのに、ぶっ通しで授賞者に名前を上げた理解することができない事に受け止められる。

2015年活躍したこの中でBoAが最高アルバム賞に名前を上げたことも延長線上で理解することができない事である。 それに 2015年 絶対 EXOがなることができなかった年にも大賞を与えたのが ‘ソウル歌謡大賞’だ。 アルバムをたくさん売ったのが基準ならBoAが受けることができなかったし、BoAが受けた賞の位置にはEXOがいなければならなかった。 しかし大賞を与えて授賞式の公正性を毀損させた。

2015年は誰が何と言ってもBIGBANGの年だった。4~5か月すべての部分でBIGBANGが先頭を走ったし文化を代表するアイコンだったが、彼らが大賞を受賞しないのは誰も理解させることができない事だ。
それでもその4~5か月後、EXOが引き続き文化を代表するアイコンの場合はともかく活動もまともになかった。ただファンダムの人気を維持しただけのこの年だったが、大賞だとは理解できないことである。


51973_126068_2623.gif


それに一番深刻なのは、実際活動も旺盛だったし音源成績も良かったキム・ジュンスが 人気賞部門に上がったのに受賞者として招待しないことが深刻な問題。

本賞の受賞者を中心に授賞式を詰め込むという言葉は、偏向進行であることを証明することでも彼らは強行した。伝統的に「ソウル歌謡大賞」が本賞中心の授賞式だったならまだしも、以前までの人気賞授賞者の授賞式が突然急変して、その部門を授賞していないのはどのようにも納得できないことである。

2014年には人気賞にテミン(SHINee)が受賞者で舞台に上がったので、こういう‘ソ歌大’側の話はお話にもならない。

また、「ソウル歌謡大賞」は、今回の授賞式の人気賞投票を有料で進行した。有料で人気賞投票を進めたとすれば、当然この部門の受賞者がその栄光を手にするために舞台に上がって受賞するべきだった。 しかし彼らは有料投票をしても受賞者を舞台に上げなかった。

今回の授賞式でキム・ジュンスだけ招待しなかったというのは大きな問題だ。
他の受賞者のうち授賞式に参加できなかったアーティストは、企画会社とスケジュールを相談したので上がらなくても代理受賞が可能だったが、キム・ジュンスは最初から招待しなかった。 国内にいたし参加できたのに招待にならないのだ。

「ソウル歌謡大賞」側がしたこととは、声優の声を借りて、画面にだけキム・ジュンスの人気賞の事実を知らせたことが全てだ。さらに代理受賞もなかった。キム・ジュンスは「ソウル歌謡大賞」に参加できず、個人放送を介して受賞感を間接的に伝えるというあきれた体験をしなければならなかった。


51973_126066_2544.gif


有料投票をしてすべての受賞者を招待したのに キム・ジュンスを招待者名簿から抜いて本賞中心の授賞式を整えたというのは、明らかに不公正な行為だ。

また、チョン・ヒョンム(MC)は、そうでなくとも鋭敏な事を置いて ただ笑い素材に使ってファンたちの非難を買うほかはなかった。
チョン・ヒョンムは、キム・ジュンスと熱愛説が出た共同MCのハニ(EXID)に、「‘遵守するから’と呼べば良いか」と言って非難を買った。 キム・ジュンスを念頭に置いた冗談ということぐらいは皆分かる。

その上ずっとキム・ジュンスを‘その方’と表現した点は十分に非難されることだ。
なぜキム・ジュンスが‘その方’と呼ばれなければならないのか理解できないことで、これは不公正だということを証明したことだ。 人気賞受賞者は当然名前を呼ばれなければならない。 しかし‘その方’と言ったことは 当初から招待する気心が無かったということで、SMと関連があると見るほかはないから これはファンと大衆を憤怒させることだ。

単純に見れば単純なこともあるとしても、関連性ある部分を羅列して合わせてみるならば、これが不公正さの端だったということが分かるので、批判を越えて非難するほか無い。

「ソウル歌謡大賞」は、SMのための祭りであった。
だからキム・ジュンスが招待対象から排除されたのだ。
これは明確に不公正なことで、端的に この授賞式は‘JYJ法’を破った授賞式である

(ソース 1/15 mediaus)









あのSM所属のMCは、ジュンスの名前すらまともに口にしなかったという

それでもジュンスを使って人を困惑させるクソギャグを飛ばす

ジュンスが招待されなかったことを知ってるハニさんは、
それだけでも かなり辛い気持ちであの場に立っていただろうに


「ソウル歌謡大賞」
SMの意向かメディアのご機嫌とりなのか、
ジュンスが招待されなかった件を潰すかのように、
ハニさんが授賞式で泣いたことを取り上げる記事が量産されてますね


どちらが重要で"恥"か ということくらいは誰もがよく分かっているらしい











にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ハニちゃん泣いちゃいましたね。
ハニのファンなのでビックリしました…。
帰ってからジュンスにちゃんと慰めてもらったかな。
ファンだからこそ二人には幸せになってほしいです。
堂々と公式発表したのだから早めに結婚すればいいのにって思います。
そうすればこんな風にガチャガチャいじられることもなくなるかも。
ハニにはいつも最高の笑顔でいてほしいんです。
彼女が大好きだから。ハニに泣いてほしくないです。
ハニが心配なんです。
Re: ゆきのはなサンへ
 コメントsりがとうございました^^
そうですか~~ ハニちゃんのファンの方なんですね
ハニちゃんも、人気賞を取ったジュンスがまたもTV局からこういう仕打ちを受けたことで、ショックが重なってたと思います
まだ、熱愛認定から時間もそんなに経ってない時期だし,,
ええ?!もう結婚ですかっ
それはジュンスのファンがちょっと(笑)
ハニさん、歌も初めて聴いたんですが、将来が楽しみな歌い手さんですね
もっと逞しく強くなって、沢山笑ってくれると信じてますよ
ゆきのはなサンも ファイチンです!!