Post

        

ユチョンJYJFBより インタビュー記事など

category - ユチョン
2015/ 07/ 22
                 




JYJ official FaceBook

「悪戯っ子 朴有天が行く〜
横浜! 準備はできていますか」



11760104_816345875127445_5651630102213598705_n.jpg
11760197_816345891794110_7311996136784488794_n.jpg





10670134_719587498187834_1857068994760999636_n.jpg
10406770_719587528187831_3835265963558901396_n.jpg
11781807_719587611521156_5113632654127017608_n.jpg
11703142_719587734854477_2833751002969457065_n.jpg





■ [酔中トーク②]パク·ユチョン「キム·ジェジュンと27分通話...10年ぶりに」


htm_201507229421c010c011.jpg




 パク・ユチョン(29)は天上芸能人だ。

2003年東方神起でデビューして2009年JYJ、2010年俳優活動などすることごとに失敗はなかった。 派手にデビューしたその華やかさは長く持続している。 10年以上の芸能界生活でまだ後退が全くなかった。 特に演技者領域でより一層その活躍は光る。 2011年百想芸術大賞で'成均館スキャンダル'でTV部門新人賞を受けた後、2015年映画'海霧'で映画部門新人賞を握った。 男アイドル出身で俳優二つの部門で新人賞を握ったのは初めてだ。 受賞の余韻が行く頃また会ったパク・ユチョンは、余裕があるように見えた。 インタビュー用の写真を撮った後突然普段着に着替えると、「とても暑いです。 天気はなぜこのように暑いのか」とビール杯を一気に飲み干す。

20代を演芸活動で送ったパク・ユチョンは 8月27日入所する。 現役でない公益勤務だが、2年4ヶ月余り代替服務でしばらく私たちのそばを離れる。 「本当に現役で行きたかったです。 喘息がネックになって何回か再検査も受けたが危険な程でいけないと言いますね。 気に障ります。」

軽く顔に赤味が上がってくる位2時間あまり杯を傾けたパク・ユチョンは、「私が招集解除する日またインタビューです。 もう少し安らかな姿で再びお目にかかります」と言った。 2年以上芸能界活動をしないのにどんな質問をやり取りするかと尋ねたら、「たくさん尋ねることあるでしょう。 好きなガールグループが誰だとかそんなものです」としてインタビューを終わらせた。


-周辺の人が普段連絡がつかないと言ってましたが

「返事をよく送らないです(笑)。通話もそれほど長くする方ではないが、メッセージ送受信は私のスタイルではない。親指押すのがそんなに面倒です。」

-相手は息苦しいのに。

「ジェジュン兄さんがそうだったようです。ユチョンに文字メッセージ送ったが、返事がない場合それは答えを受けたのだと。ジェジュン兄さんが傷受けてたらどうしよう。」

-ガールフレンドには違うのではないですか。

「そうでもありません。最初はメッセージも少し与えて受けますが、後はそんなですよ。」

-通話することも同様ですね。

「 3分以上過ぎたことがない。通話は用件だけ簡単に。最近部隊にいるジェジュン兄と27分通話しました。 正確に27分です。 電話切ったら疲れましたよ。 そんなに通話したのは10年ぶりで初めてです。」

-男二人でどんな話しを交わしましたか

「私が話したのではなくヒョンが一人で話してましたよ。あれこれ話しながらない切りませんでした。 軍隊にいて人が懐かしかったのか沢山の話をしました。」

-ジェジュンさんの立場では名残惜しいのでしょうね。

「一度は通話をしたら 兄が "なぜこんなに電話受けないのか" と言うので、"ドラマ撮影中だったから. 私がまた電話するから" と言ったら、"ユチョン、僕は電話無いでしょ…" と言いましたよ。 申し訳ありませんでした。 電話ない人に何という話をしたことか。(笑)」


-作品の話をしましょう。

「匂いを見る少女では壊れもしました。劇中でシンセギョンとコント演技があってセギョンの笑い本当に大変でした。」

- 「チョワ〜」という流行語が出ました。どのように考えていますか。

「監督さんが台本読みの時からそのコントの部分を面白くよく生かしてくれと言うので負担が多くなりました。 一人で研究してまた研究しましたよ。 誰にも見せないが現場のあるシーンで見せました。 反応が良くて幸いでした。」

-これまでのイメージを考えて簡単ではなかったでしょう。

「俳優だからイメージはいつも変わっていかなければならないですね。重要なのは、視聴者が面白くなるためにするものであり、そのために私を下げるでしょう。それは大変だことではない。自分を捨てて重要なことは、視聴者達が面白く見なければならないことで、そうするためには私を下げなければならないですね。 それは骨を折るというのとは全く違います。 自分を捨てて演技してこそ皆が幸せでしょう。 早く終わることもできて。途中にアドリブもあって。」

-監督の立場ではアドリブをすべて受け入れるのは容易ではないでしょうね。

「監督がアドリブを求めていた。だから気楽に演技することができました。できることはすべてやってみろと言ったし、状況に合う場合ならしました。実際にドラマにもそのまま反映されたものも多いです」

-監督は満足でしょう。

「不思議なことに私は台本読みが本当にできません。今回も最初リーディングして、監督が "ユチョンさんがっかりだ。この程度だとは思わなかったよ" と言いました。きまり悪くてよくできないだけでなく、準備して行くけば凍ってしまいます。リーディングも撮影入る前その時練習します。 撮影入ったら監督様が賢いと言いましたよ。 ハハハ。」


無題


-逃して残念だったりした作品あったんですか。

「ファン・ジョンミン、キム・ジョンウン先輩が出ていたドラマ"'韓半島"です。 その時他の作品するのにできなかったがシノプシス(粗筋)と台本を受けてみてかなり面白かったです。 本当にやりたい作品だと今でも思い出します。」

-作品選択基準はどこに置くのですか。

「初めは会社と相談をたくさんしましたよ。 今もそうですが、今はある程度私の意思が反映されます。」

-キャラクター変身に対する心配も大きいはずなのに。

「イメージを変えたいという考えを持ったのとは違います。 簡単にやることでもない。 周辺が私を考えるイメージと外れても そこに合わせて活動するのわけではないでしょう。 バランスを上手く合わせるのは容易ですがそうしようと努力してます。」

-'海霧'のキャラクターは意外でした。

「どんな特別な感じを作らなくちゃと念頭の置くのはではなく 自然な流れに任せました。 それまで財閥・皇太子など平凡でない役をやったので、'海霧'で見せることができるささやかなイメージや、もう少し平凡で現実的な事に対する喉の渇きが大きかったです。 そして'海霧'で解放しました。」

-ベッドシーンもありましたし。

「見れば分かるだろうが、そういうのに気を遣う方ではありません。 逆に観客が私のベッドシーンをどのように受け入れるかというような悩みはなかったんですよ。 ベッドシーンでなくその瞬間果たしてどんな感情で、どのように見えるかを悩みましたよ。 周リの反応はどうか。それに気を遣って演技するのは複雑でダメです。」

(ソース 7/22 isplus.joins.com




■ パク·ユチョン、視覚障害ピアニストドキュメンタリーナレーション「趣旨同感」


U79B2NYA.jpg




 歌手兼俳優パク·ユチョンが、視覚障害者ピアニストユ・イェウンさんのためにドキュメンタリーのナレーションに参加する。

22日、パク·ユチョンの所属事務所C-jeSエンターテイメントの関係者は、「パク·ユチョンが「奇跡のピアノ」(仮題)ナレーション提案を受けて参加することにした」とし「良い趣旨に同感して気軽に決めた」と明らかにした。

「奇跡のピアノ」はユ・イェウンさんを主人公にしたドキュメンタリーだ。ユ・イェウンさんは、2007年SBS「驚くべき大会スターキング」(以下、「スターキング」)の視覚障害者ピアノの天才として出演し話題を集めた。目は見えないが上手なピアノ演奏を披露した。「奇跡のピアノ」は、「スターキング」に出演以降のユ・イェウンさんとその家族の話を描く予定だ。放送では見せられなかったユ・イェウンさんの家族の姿を盛る。

一方、パク·ユチョンは現在、日本ファンミーティングツアーを進行している。昨年、「海霧」で新人賞を総なめにしたパク·ユチョンは、特別出演した映画「ルシッドドリーム」の公開を待っている。

(ソース 7/22 moneytodaynews


JYJ official Facebookより










ユチョン ファンミーティング JAPAN TOUR「ALL ABOUT YU」追加公演

会場:横浜アリーナ

本日 開場18:00/開演19:00
明日 開場18:00/開演19:00








にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

まじょ様、ユチョンの感動的なファンミ、行ってきましたよ。

前回、2回も参加したので、今回は経済的なことも考えてパスしようかと思っていたら、娘が兵役前最後のユチョンにどうしても会いたいというので、一緒に参加しました。

娘は職場から車で直行で、着替える暇もなく、職場の制服そのままでの参加。
入口のスタッフさんがおかしい目で見ていたということです。
「けっこう、こんな姿のときほど、ステージ行きになるんだよね」と言いながら、2人でドキドキしていましたが、抽選にかすりもしませんでした。
きっと、あの制服姿で選ばれたら、うけたでしょうけれど…。
それにしても、運がいい方はいらっしゃるもので、ご夫婦2人で当たったの驚きました。
それも、けっこう、ステージに近い座席で・・・。
こちらは、ユチョンからとても遠い席なので、抽選だけが頼りだったのですが。

ところで、ドラえもんの「ひまわりの約束」、歌詞がすごくユチョンとペンたちとの心情に似ていて、とても感動的でした。
また、ユチョンのやさしい甘い歌声にとてもあっていて、まさか、ドラえもんの歌を歌ってくれるとは思いもよらなかったので、はじめ、何の歌かわからないほどでした。
昨日の、ユチョンの歌声を聴いていると、改めてユチョンソロのミニアルバムをお願いしたいと思いました。

今回のファンミ、とても迷いましたが、行ってよかったです。
こうなったら、早く行って、早く帰ってきてほしいです。
5年後なんて言わず、3年か4年後にどうなんでしょうね。
Re: もぐこさんへ
 もぐこサンども~~^^

行けるなら行かないとそれこそ後悔しますよー
制服姿、男子はとにかく好きらしいから(笑)"ユチョンが"残念でしたね
ほほ==ご夫婦で当たった方いたんですか?それは珍しい!
旦那さんの♥もガッチリ頂きましたね★

まだFMの動画どころか詳しいことチェックしてないんですが、
ドラえもんの「ひまわりの約束」?
今夜チェックします hehe

いよいよ日本では兵役前最後の時間ですねえ
なんだかもう とにかく早く時間が過ぎて欲しいだけです
ホントなんで5年後なんでしょう?
計算間違いかな 多めに言ったのかな??
期待を煽ったり、ファンの顔色見てモノ言うタイプじゃないから
大雑把に言ったんだと思ってるんですが v-8

そうなんですよ、ドラえもんの「Stand by Me」の映画のエンディングに流れた曲だそうです。
私は知らなかったんですが、娘はこの映画、とても好きだそうで、ユチョンがこの歌を歌ってくれるなんて・・・・と言って、涙流していました。
こんど、この映画、見てみようと思っています。
とてもいい曲で、いったい、ユチョン、どこでこの歌を知ったんでしょうね。



Re: もぐこさんへ
さっき動画でユチョンが歌ってるの見ました~
いい曲ですね 聞いたことあるような,,
最愛より合ってるかも(笑)←聴きすぎた?
日本語の勉強で、よくアニメ見たって言ってたから
やっぱドラえもんは外せない 皆で見てたのかなあ。。