Post

        

ジュンス国際花博覧会 バク・サンドアナウンサー

category - ジュンス
2015/ 04/ 24
                 





放送前インタビュー映像:https://youtu.be/ESVYiuggltw
4月30日24時10分本邦(EBS1)
5月1日22時無編集公演実況公開(EBS2)90分間放送される無編集公演実況逃さない♥









ジュンス twitter


「今日本当に 赤く夕焼けなる空も..清涼な気候も 後ろに流れる湖も涼しい風も
皆さんの表情も一つのようで良かった(笑)
もちろん、その中で歌う私は良かった!ありがとう!!!」




「皆さん気に障ったことはあったが私たちはもう止めとこう
今日本当に久しぶりにあのような席で歌を一点.それも私の故郷で本当に満たされて幸せでした。
とても突然公示になったスケジュールではあったが その少しの間の時間でも応援しにきて下さって、
とてもとても有難いです!! 皆さんおやすみ」




▼ バク・サンドアナウンサー、視聴者掲示板非難殺到
「むやみに吐いた言葉の重さ」


20150424_1429830874_79278300_1.jpg
バクサンド。ソース|モーニングワイド視聴者掲示板キャプチャ

 バクサンドSBSアナウンサーが歌手キム·ジュンスに暴言を吐いたことと関連し、ネチズンたちの非難が相次いでいる。

24日、バク・サンドアナウンサーが出演するSBS「モーニングワイド」の視聴者掲示板には、彼がキム·ジュンスに発した暴言に謝罪を要求する文が掲載された。

去る23日バクサンドアナウンサーは京畿道一山湖公園ハヌル広場で開かれた「2015高陽国際花博覧会」で、キム·ジュンスのファンに「キム·ジュンスの歌を聞きたいならうまくやらなければならない。いまくいかなければ帰してしまう可能性もある」と述べた。

引き続きキム・ジュンスが歌を終えて降りて行った後には、彼を再び舞台に呼び出そうとしたし、キム・ジュンスが応じないので「本当に行ったのか。 時間は残っているけれど。 韓流ブームは恐ろしい」と言うこともした。

彼の卑劣な言葉はここで終わらなかった。 パク・サンドアナウンサーは、「予算が多くなれば、来年は三曲ぐらい歌ってくださるでしょう」としてキム・ジュンスを馬鹿にした。

バク・サンドアナウンサーの暴言にネチズンたちは、「バクサンド、度が過ぎる」、「バクサンド卑劣な言葉は本当に気の毒だ」、「バクサンド、アナウンサー合うか"、「バクサンド、失望した」、「バクサンド、どのように言葉を」、「バクサンド、家で戦ってきたか?」、「バクサンド、色々する」などの反応を見せた。

一方、バク・サンドアナウンサーはあるメディアを通じてキム·ジュンスに向けた暴言について謝罪した。

(ソース 4/24 スポーツソウル




■ パクサンドアナ、キム・ジュンス嘲弄発言公式謝罪"弁解余地ない誤り"


 SBSパク・サンドアナウンサーが、歌手キム・ジュンス嘲弄発言に関連し謝罪の意を伝えた。

SBSは24日、「パク・サンドアナウンサー公式の立場です」という文と共に、23日一山(イルサン)湖水公園で進行された2015高揚国際花博覧会開幕式で広がった卑劣な言葉の事態に対して公式立場を伝えた。

SBSによれば、パク・サンドアナウンサーは、「謝罪申し上げます。 進行者として出演者の気持ちを悪くしたことはどんな状況でも弁解の余地がない誤りだと考えます。 キム・ジュンスさんの今後の活動をより一層応援します。 繰り返し謝罪申し上げます」と謝った。

一方、2015高揚国際花博覧会開幕式司会を担当したパク・サンドアナウンサーは、キム・ジュンス舞台を待つファンに向かって「キム・ジュンスの歌を聞きたければ上手くしなければならない。 ことが思うようにならなければ送りかえすこともできる」と話した。

パク・サンドアナウンサーは、特にキム・ジュンス舞台が終わった後彼を再び探して「時間も残っているが本当に行ったのか? 国会議員様三人祝辞もあきらめて待った。 韓流ブームは恐ろしい」と発言した。

このような便りはSNS(社会関係網サービス)に乗って多くの人々に広まり、インターネットユーザーはパクサンドアナウンサーの発言が不適切だったと指摘した。 これと関連して、パク・サンドアナウンサーは一日後である24日公式謝った。

(ソース 4/24 xportsnews



バク・サンドアナウンサー

01_9869021_1.jpg

延世大学社会学科卒業、サンフランシスコ州立大学大学院修士号を取得。
1993年のSBS公開採用アナウンサーでデビュー
2010年に韓国アナウンサー大賞とアナウンサークラブ賞受賞
現在SBS土曜特集モーニングワイド進行





■ キム·ジュンス嘲笑したバク・サンドアナウンサー、
謝ったが 叱咤を受けて当然である

Free Mouth Paper主催:風の旅人メディアトーク

 放送会社の甲寅時代は暮れていきつつある。
全体産業が協調する状況、どちらか一つの所だけが甲であるだけの時代ではない。公正性と公共映像性を担保しなければならない放送会社でも商業的でなくはないから 産業間の共生は特に重要だ。 そのような時期に自身を甲と考えたアナウンサーの失敗が眉をひそめさせるのは苦々しくならざるをえない。

わずか二日前、KBS月火ドラマ製作発表会で、初心者アナウンサーのガブジルが記者たちの心を不快にした。 フォトタイムが終わって共同インタビューが始まる頃、俳優の名前が記されている名札を片づけてほしいというフォト記者たちの要求に、イベントを進めるアナウンサーがしてはならない話をした。 「私どもが甲だと思っていたが、記者の方々が甲であるようだ」という式の発言をした。 記者たちは公憤するしかなかった。

記者たちが写真を最大限よく出せるように撮ろうと要求することに対しても、出演者の名前を知らせなければならないアナウンサーの続いた発言は重ね重ね記者たちの心を良くなくする。 その上謝罪一言できない彼の姿と、抗議する記者を穴があくほど見つめる姿は甲衣高圧的態度に映った。

良く移ろうと思った多数の媒体記者たちに自制力がなかったとしたら大きな問題なる要素だったが、色々な写真記者の自制でなにごともなく移った。


48051_114490_543.jpg


 その後一日が経った23日、今回はSBSパク・サンドアナウンサーが問題を起こした。
パク・サンドアナウンサーは、‘2015高揚国際花博覧会’開幕式進行をしている際、キム・ジュンスに無礼な言葉をして非難を受けている。

バク・サンドアナウンサーは、この日の舞台に訪れたキム·ジュンスが出る前、キム·ジュンスのファンへの「キム・ジュンスの歌を聞きたいならよくしなさい。やり方を間違えれば戻すこともある」という言葉は、議論の端緒となった。

そのあと、キム・ジュンスがミュージカル「ドラキュラ」のナンバー「Loving You Keeps Me Alive」を歌ってステージを終えると、バク・サンドアナウンサーは「再びキム・ジュンスを呼んでみましょう」と言い、キム・ジュンスが開幕式場を出たのを見て「時間も残っているのに本当に行ったのですか? 国会議員様三人の祝辞もあきらめて待ったのに。 韓流ブームは恐ろしい」と言って「予算が増えたら来年は新曲くらい歌いますね」と言いながら嘲弄をして論難は大きくなるしかなかった。

バク・サンドアナウンサーの言葉は、良い方に解釈することはできなかった。
初めて「うまくいかなければ戻す」という言葉は、アナウンサーが吐き出す言葉ではなかった。
冗談だったらきっと違った表現をすることができたはずなのに、そうしなかった。
さらに、「時間が余っているのに」など不都合ばかり選んで使って非難を自ら買った。

もう一つの問題的要素は、彼の資質を疑うようになる発言だ。
彼は歌手を 興味をかきたてる人程度に取り扱った。 国会議員様もこの席のために長時間の時を待つのに、幼い歌手がただ曲をやって行くのが生意気だといった内心が見えたという点は大いに残念な姿だ。

「韓流ブームは怖い」という言葉には、人気を博したスターだから出るという意味が含まれていることであるから、その言葉を良く受け入れるのは難しかった。
ただ冗談で終わる言葉ではないので、どんな状況でも弁解の余地がないバク・サンドアナウンサーの謝罪は、早い謝罪で火を和らげたというが、鋭敏な部分に触れたものであるから簡単に理解してもらうことができないものである。


誰もが知っているように、キム·ジュンスが属しているグループJYJは、地上波とケーブルほぼすべての芸能番組に顔が映らずにいる状況である。それでも6年が過ぎた今、ミュージカル界の独歩的スターに位置付いてEBS<スペース共感>に出たのが初めてであるほど空いた彼に、まるで、下手をするとこの舞台にも立つ事ができないというようなニュアンスの言葉がファンを公憤させた原因である。

キム・ジュンスがアイドルスターでは類例なしに直接SNSに強硬なコメントをしたことは、そんな被害意識が小さいがあったからであり、ファン馬鹿と呼ばれるほどに真心あるファンを人質にして自分を呼び出そうとする意図が見えたから怒りしかなかったはずである。

さらに、SMの妨害で芸能番組出演できないという現実を利用するような姿が見えて怒りは極に達したものである。甲質による被害者が多い社会に不条理な面を見せる、このようなアナウンサーのミスは、非難されて当然である。

バクサンドアナウンサーが謝罪する次元で、「キム·ジュンスの今後の活動を応援する」と明らかにした部分では真心が見えるが、実際に応援する姿が見られない限り、彼の話は状況をまぬがれる言葉程度と見なされることができるため、以後の行動がさらに重要になった。
一人の努力がすべてを解決はしないものの、、大勢がこのような不条理な面を修正しようとしているのだから、黙って立って真正性を示すバク・サンドアナウンサーになることを望む。

(ソース 4/24 Free Mouth Paper




■バク・サンドアナウンサーはJYJのファンとキムジュンスに反省するのではなく

 SBSバク・サンドアナウンサーに放送局であったことは多かったが特に近づく機会はなかった。
(中略)
おっとりとし、人々に冗談もよく言う性格なのに、私の気持ちは 親しくもないのに少し失礼だという感じがあって それほど親しくなることができなかった。
(中略)

去る23日午後6時一山湖公演ハヌル広場水辺公園で開かれた「2015高揚国際花博覧会」の開会式で、キム・ジュンスに向かって吐いた発言が問題になった。
バク・サンドアナウンサーは、キムジュンスを見に来たファンに「キム・ジュンスの歌を聞きたいならよくしなさい。やり方を間違えれば戻すこともある」と言ったという。

バク・サンドアナウンサーを長く知る人間には、実際この言葉は何も考えずに冗談をしたものだったのだ。私がバク・サンドアナウンサーと親しくなかった理由は、まさにこのようなスタイルの言葉からである。

人々を楽しくしようとジョークや悪戯を打つことが相手に傷を残すことになる。
そして率直に言えば特に面白くもない。
単に粘着性のイベントコメントで、ファンに配慮していない傷を与える言葉に聞こえる。

キム・ジュンスがミュージカル「ドラキュラ」のナンバー「Loving You Keeps Me Alive」を歌ってステージを終えると、バク・サンドアナウンサーは「再びキム・ジュンスを呼んでみましょう」と言い、キム・ジュンスが開幕式場を出たのを見て「時間も残っているのに本当に行ったのですか? 国会議員様三人の祝辞もあきらめて待ったのに。 韓流ブームは恐ろしい」と語った。

また、もっと多くの議論がなされるようにした言葉が「予算が増えたら来年は新曲くらい歌いますね」という言葉だった。前の言葉は冗談として受け取ることもできるが、実際 最後の言葉は言い訳が通じない捩り(滑稽化すること)であり、逆だ。

(ジュンスのツイコメント及びC-jeSの公式発表を紹介)

とにかくは上手い解決になって良かったバク・サンドアナウンサーは、今後も次のような点に注意すべきである。

アイドルやファン層が巨大なスターにはコメントを慎重にするべきだという反省をせずに、幾つかの人間や組織に接するとき、自分の言葉がもしも誰かを傷つけていないかを悩んでほしい。

雰囲気を盛り上げるためにやる無駄な冗談が、誰かに傷や不快感を与えることもあるという考えを必ずして欲しい。

バク・サンドアナウンサーは、1967年生(47才)で、SBSの第3期公開採用アナウンサーであり 延世大学社会学科を卒業した。

(ソース 4/24 メディアニュースCULTPD.COM


この記事に寄せられたコメント
「何も考えない冗談 その人の一言一言でこれまで持っていた価値観が現れるばかり」
 ←




笑顔が沁みる 

150423 김준수 준수 ジュンス JUNSU - Loving you keeps me alive


挨拶











にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント