Post

        

ジェジュン The Beginning of The End (芸能記事、動画)

category - ジェジュン The Beginning of The End
2015/ 03/ 29
                 




▼ 2年間冷めない熱気
キム・ジェジュン"楽しくアンニョン"..グッバイ コンサート[総合]



 2年の時間が経っても冷めないような熱気だった。
キム·ジェジュンは最後まで涙を見せずに明るい姿で楽しませて、しばしの間の別れを告げた。
会場に集まった6000人余りのファンたちは 、「待っても本利点」という1つのメッセージが込められたプラカードを横に振った。しばらくの別れを控えて会う席だったが、ファンは笑いと愉快さでキム·ジェジュンを送った。一部のファンは涙も流し物足りなさいっぱいの雰囲気だったが、気持ちの良い別れというのは明らかだった。

来る31日、軍入隊を控えて最後にファンに会う日だけに、公演はさらに特別だった。
新曲「ブレシン(Breathing)」と「グッドモーニング·ナイト(Good morning Night)」を初めて公開し、これまで出演したドラマOSTを直接歌ってファンに特別な最後の贈り物をプレゼントした。

28日午後7時、ソウル市城北区安岩洞高麗大学ファジョン体育館で開催された「2015 KIM JAE JOONG CONCERT IN SEOUL-The Beginning of The End」には、世界各国から集まった6000人のファンが位置した。


osen20.jpg


 舞台の幕が上がりLEDが点灯すると、ファンは起立し、キム·ジェジュンはロックスピリットいっぱいのパフォーマンスを披露する「Mine」で公演の火ぶたを切った。続いて「9 + 1#」で舞台を飾った後、ようやく彼は初めての挨拶をした。

別れを控えた出会いだったが、キム·ジェジュンも明るい雰囲気を強調した。
彼は「今日の雰囲気はいい。多くの方々が訪ねてくれて心から感謝している」と感謝の気持ち伝えた。
続いて、 「入隊前の最後のコンサートだ。悲しい心であってはならない。悲しい音楽より一緒に楽しむことができる明るい曲を準備した」と予告した。

最後という物足りなさからだったのか。キム·ジェジュンはファンとの疎通に積極的だった。
豊富に揃え舞台を披露しながらも冗談を投げるなど、明るい雰囲気を継続した。可能な限り疎通する時間を持とうとする努力がうかがえた。新曲を歌う前に、ファンが一緒に歌える部分を教えて呼応を誘導した。カメラを介して待合室の実況を公開し、様々な写真を使って思い出を語ったフローチャートが印象的。


osen21.jpg


 公演最後、'Modem Besat' の舞台では、直接客席を回ってファンたちを探し挨拶を交わした。 公演会場内すべてのファンたちが起立して熱狂する珍しい風景が広がったし、熱い熱気は簡単に沈まなかった。

この日アンコール舞台まで終えたキム・ジェジュンは、「感謝する。 いつもこうして聞く声だが、いつ聞いても気分が良いようだ。 公演が終わったのに名前を叫んで下さるというのはそれだけで成功した歌手という気がする。 公演会場もいっぱい満たして下さって、会いたいと叫んでくださって感謝する」と話した。

続いて、「これで入隊まで二日残った。 他の方々よりも遅く行くものと20代の貴重な時間を無駄にせず、皆さんと思い出をたくさん作ったようだ。だからこの場にいることができると思っている。 20代の時の縁を兵士として過ごしてこの瞬間が来たとすれば、待つということがより一層長かっただろう。 活動もよくできなかったし、時間が長くかかった」と付け加えた。


osen22.jpg


 それと共に、「ますます放送も少しずつもっと出て、状況が良くなる状況で皆さんと離れるということが残念」と、所感を伝えた。

最後に彼は、「1年9か月は長い時間のはずなのに.. たいしたものでないと考えようとしている。 皆さんも私もその間に心臓がたくさん強くなるようだ。 泣かないことと言ったが日本で泣いた。 心はそうじゃなかったよ。 公演二回連続で泣いてしまった。 今日は本当に泣かないと約束する。 楽しく行かなければならないと」と話して終わりの挨拶を伝えた。

一方キム・ジェジュンは29日にも同じ場所で一回公演を持ってファンたちと入隊前最後時間を過ごす予定だ。

(ソース 3/28 osen




▼ 「JYJ」 ジュンス、入隊前のジェジュンのコンサートを客席から見守る

junsu0328.jpg

 ジュンス(JYJ)が、入隊を前に開催されたジェジュン(JYJ)のコンサート会場に姿を見せて厚い友情を表した。

 ジェジュンは28日の午後7時、ソウルに位置する高麗大学のファジョン体育館で「2015 KIM JAE JOONG CONCERT IN SEOUL-The Beginning of The End」を開催して、世界各国から集まった6000人余のファンと出会った。

 ジェジュンは31日の軍入隊を予定している。この日の公演は入隊を前にファンと最後に会う場となる。公演会場では、「JYJ」メンバーのジュンスが客席からジェジュンの公演を見守った。

(ソース 3/28 wowkorea



▼ 「JYJ」ジェジュン、軍生活の間にも新曲を発表するつもり

 「JYJ」キム・ジェジュンが、「軍生活の間にも新曲が出るだろう」と予告した。

 ジェジュン(JYJ)は28日の午後7時、ソウルにある高麗(コリョ)大学のファジョン体育館で開催された「2015 KIM JAE JOONG CONCERT IN SEOUL-The Beginning of The End」の公演でこのように明らかにした。

 ジェジュンは31日に軍入隊を予定している。この公演は、入隊を前にファンと最後に出会う場となる。

 ジェジュンは、最初の曲を終えたあとのトークの時間に、「今日は新曲を2曲準備した。一番良くない曲を選んだ。軍生活しながら出す曲がもっと良くなければいけないから」と語った。ジェジュンが入隊の前に作った曲が、軍入隊後に公開されることを言及したものだった。

(ソース 3/28 wowkorea




■ [コンサートレビュー] キム·ジェジュン、マナーで待機する 「輝いたワンマンショー」


 「マナーが待つことを作る」という比喩が絶妙に届いた2時間。軍入隊を控えたキム·ジェジュンのマナーは光り、ファンは待つことを約束した。
28日午後6時、城北区(ソンブクク)高麗(コリョ)大学校花井(ファジョン)体育館の前。
公演時間を控えたここは、精一杯上気した表情をしたファンたちの足取りが絶えなかった。 キム・ジェジュンに会うために訪れたファンたちだった。


12491046.jpg


「軍入隊前最後のコンサートを見るために来ました。 ボーイフレンドとも軍隊に送る前に最後のデートをしませんか? そのような気持ちで来ました。」 (29・キム・ヘジョン)

28日-29日両日間進行される'The Beginning of The End'コンサートは、タイトルのように色々な面で特別な意味を残す公演だ。 キム・ジェジュンには入隊前事実上最後の公式日程で、今回のファンたちとの出会いを最後にキム・ジェジュンは31日現役入隊して国防の義務を果たすことになる。

ソロ アルバム収録曲'Mine','9+1#'で公演のオープニングを開いたキム・ジェジュンは、強烈なビジュアルと共にパワフルなパフォーマンスを添えた舞台で視線を圧倒した。 続いた舞台でも自身のアルバムのなかで愛された曲らと出演したドラマOSTなどでキム・ジェジュンワンマンショーを輝かせた。

軍入隊前最後のコンサートだったが、悲しみが流れることはなかった。 公演中ずっとファンたちを配慮したキム・ジェジュンの努力のおかげでもあった。

「ドラマ'スパイ'放映終了後、リハーサル練習でほとんど休めませんでした。 それでもお酒を飲むのですが どうしても入隊の前の仕事が多くてさらにそうするようです。 この頃そんなに入隊する夢をしばしば見るのになぜそうするんでしょうか。(笑)

キム・ジェジュンは、「軍入隊前最後の公演からと雰囲気が張られなかったら良いな」として「皆さんが熱情的に走ることができて、揺さぶることができる舞台をお見せするようにする」と伝えた。

少しの間の別れを控えてキム・ジェジュンが企画した特別なイベントもその意味を加えた。
この日位置した6,000人余りのファンたちは、'休暇'というコンセプトに合わせて多様なドレス コードをリリースしてキム・ジェジュンと共にまた、一枚の特別な思い出ページを飾った。

「後悔なしに楽しみましたがそれでも惜しいのがファンの心でしょう。 時間を三時間前に再び戻したいほどだから. 浮気をしないからはやく帰って来られるように願っています。」 (30・カン・ウンチャン)


enews24_20150328225107462.jpeg


 出会いがあれば しばしの別れもあるもの。しかし、物足りなさは隠すのが難しかった。長い時間厚い義理と愛情でともにしたキム·ジェジュンとファンには2時間40分は限りなく不足して惜しいはず。

キム·ジェジュンは 、「違う見方をすれば、他の人よりも遅い入隊である。しかし、20代の貴重な時間を無駄にせず、皆さんと良い思い出を作ったので、今この場にいることができると考えている」と述べた。

 彼の別れに接する姿勢は毅然としていた。
2004年にデビューし、JYJそしてキム·ジェジュンという名前で静かに認定を受けるまでは確かに短くなかった旅。しかし、音楽と演技に青春を注ぎ込んだ20代だったから未練や後悔はない。

キム·ジェジュンは最後のアンコール曲でキム·グァンソクの「三十頃に」と、ドラマ「ボスを守れ」OST収録曲「守ってあげる」を熱唱し、ファンに別れの瞬間を告げた。

目には大粒の水滴が溜まったが最後まで流れなかった。
最後までファンに向けたキム·ジェジュンのマナーが待つことを作った瞬間である。

(ソース 3/28 enews



[エックスポツニュース]
 歌手キム·ジェジュンが入隊前最後のコンサートで新曲を公開した。 キム·ジェジュンは、新曲「ブリーシング(Breathing)」と「グッドモーニング·ナイト(Good morning Night)」を披露した。彼は「予告もなしに突然新曲を聞かせてい聴かせて差し上げたものである」とし、「グッドモーニング·ナイト」は、本当に楽しい歌だ」と説明した。特に「ブリーシング」は、ブリットポップ感を反映した曲で、キム·ジェジュンの切ないボーカルが特徴的だった。

xportnews


Good Morning Night 





Breathing



서른즈음에 三十近くに










にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント