Post

        

スパイ監督版DVD カフェ公示 (3月23日訳)

category - ジェジュン
2015/ 03/ 24
                 




無題2


<3月23日公示>

▼ 今日までの状況です

**この公知の内容をスパイディレクターズカット版カフェ、DCスパイギャラリー、スパイ公式twitter以外の場所に埋め込む場合には必ず全文をそのまま埋め込んで下さい。**


今日、C-jeS実務担当者とKBS_Media側の立場の両方に確認しました。

以下の内容は、各担当者との通話内容をまとめたものです。
推進カフェでは、そのいかなる部分も、変更せずに伝達された内容そのまま記載しました。
従って、この部分について推進カフェではもう説明することができる部分が無いという点をご了承お願いいたします。


1. 先週末、C-jeSを介してスパイ監督版の製作のためのC-jeS側の立場を聞いた。

 これは、C-jeSの実務担当者ではなく、他の従業員とやりとりした会話です。
当時は、C-jeSの対応責任者ではなく、他の業務担当者を介して行われた会話なので、明らかにすることができませんでした。 (本人がその担当者ではないことを明らかにした)

1) C-jeS側はKBS(どの部署であるか確認されていない)から、推進カフェが現在推進している監督版ではなく、他の正式なDVDを別にまた準備していると聞いている。

2) C-jeSは、この(KBSで別に用意されているDVD)と関連して、必要なすべてのものを提供した。

3) C-jeS側はそのため、イエニイメディア(DVD制作会社)が推進する監督版は 流通とKBS 側のファンの心を利用した商法であり、買い手がブルーレイプレーヤーがない状況では、財布をダブって開くからだとしました。


2. これに対し推進カフェは 今日 KBS_Media担当者と通話をしました。 そして次のような内容を伝達されました。

1)KBS_Mediaは通常版などのDVD発売計画がない

2)監督と作家は、監督版製作が積極的に積極的だった
監督様はすでに再編集を進行中で、作家様は転回台本集を快く提供して下さった

3)以前とは違い、ドラマ製作に関連した版があまりにも大きくなって放送会社のドラマに対する権利は従来と違うようだ

4)C-jeS側から、肖像権のために(監督版が製作されても)本編に放映された映像以外にはパッケージを含んだすべての所に俳優の顔を入れることができないと伝え聞く

**過去.成均館スキャンダルは出版社が最初の契約に関連条項を入れたので可能だったが、これはすでに数年前の話です。(成均館は 私たちのスパイ男優と同じマネージメント社、放送会社という共通点があって、スパイとどんな差があるのか確認するために問い合わせしました)

5) KBS_Mediaは自体が縮小された部分にともなう価格引き下げ意向がある
(流通社と何週前に協議した時、万ウォン前後で価額を下げる可能性があると言った)

6)KBS_Mediaは別のメイキングは撮らない。メイキングはC-jeS側で別々に撮影したので、そもそもメイキングは無いことは確実だ。(この部分も当初契約内容という確認を受け取った)

7) KBS_Mediaは、監督版製作の慣例のとおり、ファン サービスの次元でC-jeSに監督版に入るコメンタリーインタビューに応じることを要請したが、C-jeS側が許諾しない。

8) しかしこれはトップスターのエージェンシーが時々やることであり、C-jeSマンを拒否するのではない。 以前とは違うように版権契約が途方もなく複雑になったため。


3.推進カフェは、上記のとおり確認された内容を持って C-JeS実務担当者と通話をすることにしました。

 C-jeSは、当社はビジネス取引をしたのでファンが出ることではなく、そのためファンの記事も読んだことがある程度だと言いました。従って、当然ファンに公式立場を明らかにする必要もない事案だとしました。通話内容は以下のとおりです。
(男優のマネジメントとの間で男優の実名が入ることは当然のことです。)

1) キム·ジェジュン君とファンダムを使って不当な利益を取ろうとするKBS_Mediaとイエニイ側に拒否の意思を表明するしかなかった

2)私たちはいつもファンを優先に決定をする

3) 「'成均館' 以降 スパイがほぼ初めてKBS_Mediaから出てくる監督版である」というのは、ファン層を利用するという意味としか解釈できない

4)C-jeS側は、KBS_Mediaにキム·ジェジュン君の肖像権を侵害しない範囲内で監督版を作ってもらうことにした。しかし、キム·ジェジュン君の付加的な時間を要するインタビューやコメンタリーは応じることができないというのが、最終的立場である

5)ファンたちがキム·ジェジュン君を保護して欲しい

このように、推進カフェはC-jeS側の立場を最終的に確認しました。


 私たちは、事実関係を伝達するだけで、ここで善し悪しを決めることは推進カフェの領分ではないと思います。善し悪しを分けて対応すべき事は、別に対策委員会を設けて進めるのが適当と思われます。
責任者を選べば 推進カフェで保管している文、電子メールの履歴など、必要なデータを送信します。

現在KBS_Mediaとイエンイは、キム·ジェジュンくんが参加しているインタビュー、コメンタリーをはじめとする肖像権が侵害される要素があるすべての付加仕様を排除したディレクターズカット版を購入する方々の需要を確認して、製作決定を下すこと願っています。

C-jeS側の意見を確認しましたので、海外のファンたちにこの事実を知らせ、消費者に選択の時間を差しあげて製作決定を終える過程だけが残っています。

昨日公示差し上げたとおり、推進カフェは先決制期間と同じ2週間の取り消し期間を流通社に要請して、各購買者の方が最大限自身の購買意思を表わして権利を行使できるように助けます。



 参考に、現在までの監督版仕様を再びお知らせします。
1.監督再編集
2.展開シナリオ集
3.名場面、名セリフ (約90分予定)
4.エンディングカット、アクションシーン、アングル別キスシーンコレクション
5.公式ポスター(協議中)
6.その他の事項を推進中
※推進している部分は、制作進行に応じて変更およびキャンセルすることがあります


(ソース 3/23 スパイ監督版DVD推進カフェHP 韓国語公示













にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント