Post

        

ジェジュン韓国FMコンやります&スパイの話題

category - ジェジュン
2015/ 02/ 27
                 




▼ キム・ジェジュン
韓国ファンたちとファンミーティング コンサート持つ '直接提案'



osen_2015022712183121a.png

  JYJキム・ジェジュンが韓国ファンたちとファンミーティング コンサートを持つ。

C-jeSエンターテイメントは27日、「キム・ジェジュンが来る3月28日と29日の両日間 高麗(コリョ)大学校花井(ファジョン)体育館で韓国ファンたちとファンミーティング コンサート'2015 KIM JAE JOONG CONCERT IN SEOUL 'The Beginning of The End''を持つ"と伝えた。

今回の行事は、これまでドラマ'トライアングル',と'スパイ'を通じて日本ファンたちとのファンミーティングを持ったのに続き、韓国ファンたちもまた、最近 彼の俳優としての話とOSTなどを聞く席に対する要請が殺到する中で、キム・ジェジュンが直接提案したという後日談だ。

公演は、歌手キム・ジェジュンの音楽をはっきり感じられるように楽しんで、俳優キム・ジェジュンの所感とともに人間キム・ジェジュンの率直な話を聞くことができる特別な時間でぎゅっと満たされる予定で期待を集めている。

関係者は、「最近キム・ジェジュンがKBS 2TV金曜ミニシリーズ'スパイ'で親しさと男性美を同時に備えたスパイ キム・ソヌ役を熱演して呼応を得ている。 これに対し国内外で爆発的な関心と愛を受けていて、今回のチケット オープンはそのどの時よりも激しい競争になると予想される」と付け加えた。

一方キム・ジェジュンの韓国ファンミーティング コンサート チケット オープンは、
来る3月4日午後8時インターパーク(www.interpark.com)を通じて進行される。

(ソース 2/27 Osen



<インターパーク チケットから>

こんにちは。 インターパーク チケットです。
2015 KIM JAE JOONG CONCERT IN SEOUL [The Beginning of The End]チケットオープン案内です

公演情報
-公演名: 2015 KIM JAE JOONG CONCERT IN SEOUL [The Beginning of The End]
-公演日時: 2015年3月28日(土)19時、29日(日)17時
-公演会場所: 高麗(コリョ)大学校花井(ファジョン)体育館
* 座席等級およびチケット価格は今後公示予定です。

[海外単独公式販売所]
「2015 KIM JAE JOONG CONCERT IN SEOUL[The Beginning of The End]」の海外公式販売店は、LOOKコリアツアーが海外販売の独占と公式旅行代理店に指定されました。
C-JES エンターティメントは、LOOKコリアツアーを除くどんなところでもチケット販売を許可していません。
C-JES エンターティメントは、非公式の会社が販売しているチケットを探し出しチケットをキャンセルすることがあり、入場時本人ではない場合入場を規制するでしょう。これに対する被害はそっくりそのままファンに帰します。
海外ファンの皆様は、このことを念頭にご被害を受けることがないようにと思います。
公演の詳細については、JYJ JAPAN OFFICIAL WEB SITEで確認することができます。


公演紹介

多方面で認められているグローバル万能エンターテイナーキム・ジェジュン
それらを見て、聞いて、話して、考えて、感じて共に歩いてきた11年.
決して短くなかった意味深くて幸せな瞬間だった。

そして今後私たちには一緒にする大切な日々が残っている。
その大切な日々の開始を皆さんと一緒にしようとする。

歌手キム・ジェジュンの音楽をはっきり感じられるように楽しむことができて
人間キム・ジェジュンの率直な話を聞くことができる特別な時間!

情熱いっぱいである舞台と甘美な声で聞かせる彼の音楽の話.
もう一つの思い出になって永遠に記憶に残る大切な時間.
その時間に皆さんを招待します。


チケットインターパーク⇒ こちら






今夜は ドラマ「スパイ」


1_2015022711445631f.png


▼ 三人の男の血の色戦争開始

kbs1.png

 ‘キム・ジェジュン、ユ・オソン、キム・ミンジェが、うら寂しい気勢が漂う閉鎖されたプールで、緊張感あふれる三角対立を広げる。

キム・ジェジュンとユ・オソン、キム・ミンジェは、KBSドラマ'スパイ'でそれぞれ違った目的を達成するために互角に対立する‘三者構図’を形成、劇的緊張感を高めている。

去る刺身放送でソヌ(キム・ジェジュン)は拉致された恋人ユンジン(コ・ソンヒ)を救うために チュンヒョク(キム・ミンジェ)が持っていたハードディスクを国家情報院に引き出したし、チュンヒョクはそのハードディスクを取り戻すために国家情報院要員を総動員してソヌの後を必死に追った。 ギチョル(ユ・オソン)は ソヌからハードディスクを受けたテシクを殺してハードディスクを手に握ったが、暗号を解読するために再びソヌの家族を威嚇する。 ソヌ友は家族のために、ギチョルとチュンヒョクは各自の欲望のために、ハードディスクを死守しようと絡まり混ざった戦争が始まる。

今日放送される14回では、キム・ジェジュン、ユ・オソン、キム・ミンジェが ついに一つの場に集まる。 閉鎖されたプールに現れたキム・ジェジュンは一方の手にはカバンを持ったまま悲壮な表情でどこかに電話をする。 国家情報院要員を同行して現れたキム・ミンジェは キム・ジェジュンに近付いて正体不明の品物を揚げて見せながら圧迫を加えて、ユ・オソンが魔性のカリスマを吹き出して銃を握ったまま二人を見つめる。

この日の撮影は去る22日仁川江華島で10時間にわたり進行された。

製作スタッフ側は、「野外撮影が多くて体力的に大変なスケジュールを消化しているが、俳優らとスタッフのチームワークがあまりにも良くて、逆に撮影会場では笑い声がさらに多く聞こえる」として、「三人物の絡まり混ざった対立関係が極に達することになるスパイに期待してほしい」と伝えた。

kbs2_201502271138321dd.png

(ソース 2/7 KBS




▼ スパイ'俳優の寒さ克服法

kbs4.png

 'スパイ'俳優は冷たい風吹く今どのように寒さを克服しているのだろうか?

KBS 2TV金曜ミニシリーズ'スパイ'のキム・ジェジュン、ペ・ジョンオク、ユ・オソン、コ・ソンヒの4色寒波克服法が公開された。 まず、キム・ジェジュンは'ジャンパー'を利用して現場での苛酷な厳しい寒さを耐えている。 特に、ファンたちがプレゼントした'キム・ソヌ ジェジュン私はハンサムだった'という文面が書かれたジャンパーを常に着て通うという事実。

ペ・ジョンオクは寒さ克服法でも年輪が溶け合っている。 熱い飲み物が入った缶とホットパックを共に使う。 常にミニ毛布で膝を覆うのももう一つの方法だった。

kbs5.png

 寒がらないのはユ・オソン。他の俳優らと別に人物の特性上彼の撮影会場は寒くて、暗くて、冷たい所と知られている。 ユ・オソンは、'暖炉'を利用して野外で撮影待機時間に時々身体を温める。
女優コ・ソンヒは、'完全武装'方法を選んだ。 彼女はパッディング ジャンパーで身体をかちかちにくくって その上暖炉まで動員して寒波を克服している。

kbs6_2015022711483480b.png

 一方、去る12回分ではソヌ(キム・ジェジュン)がギチョル(ユ・オソン)に向かって再び銃を向ける姿が盛られた。 ヘリムを探すためにギチョルの行跡を追ったソヌは、ギチョルがヘリムを担保に夫であり暗号解読専門家である隅石(チョン・ウォンジュン)に'ハードディスク'の暗号を解けと脅迫するのを発見した。 果たしてソヌはギチョルから'ハードディスク'を返してもらって家族を無事に守ることができるのか関心が集まっている。

KBS 2TV金曜ミニシリーズ'スパイ' 13,14回は、今日(27日)夜9時30分から11時10分まで、50分物が2回連続放映される。
[写真提供=アイエムティブイ、ティエンコンテンツ、スタジオセブン]

(ソース 2/27 KBS






▼ 「スパイ」JYJ ジェジュン、海外から応援が殺到…グローバルな人気

無題

JYJのジェジュンが韓国を越え、世界中で高い人気を得ている。

26日、C-JeSエンターテインメントは「ジェジュンがKBS 2TV金曜ドラマ『スパイ』で優しくて男性らしいスパイキム・ソヌ役を熱演し、反響を呼んでいる。これで韓国を越え、海外ファンの心まで掴み、熱烈な関心と愛を受けている」と伝えた。

香港、フィリピン、アラブ、中国、南米、ベトナム、日本などのグローバルファンは「スパイ」の撮影に引き続きエールを送っており、後半の撮影に力を注いでいるジェジュンと現場のスタッフを応援しているという。

また「スパイ」はジェジュンへの海外ファンの熱烈な反応で韓国での放送が終わる前、すでに日本に輸出され、4月から日本のDATVを通じて放送される予定だ。ジェジュンは前作「ボスを守れ」「Dr.JIN」「トライアングル」放送当時も早くから販売権が海外に輸出され、グローバルな人気を証明した。

(ソース 2/26 kstyle








にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント