Post

        

ジェジュン インスタ&スパイ撮影ビハインド

category - ジェジュン
2015/ 02/ 24
                 





ジェジュン インスタグラム

「キミは誰?」










▼ [TVIEW] 姑とスパイ、似ていたよ~

イスラエルドラマが原作である <スパイ>の韓国画方式

無題2


 各自秘密を隠している時は平和だった家庭が家族の安全のためにお互いの秘密を偵察する諜報劇の主舞台になるドラマがある。 KBS金曜ドラマ<スパイ>の原作であるイスラエル ドラマは、イスラエルに定着した前KGB要員夫婦が空軍所属である息子を抱き込めとの指令を受けて、息子を守るために再びスパイ業務に飛び込み、息子もやはり国家に対する忠誠と家族の間で葛藤する話だ。
これをリメークした<スパイ>では、韓国科学者キム・ウソクを北へ拉致しようとしたが彼と愛に陥ったスパイ パク・ヘリムが同僚を裏切って身分を洗って韓国に位置着き、彼らの息子キム・ソヌ(ジェジュン)は国家情報院要員になった。 ヘリム夫婦は息子がただ平凡な公務員だと思ったし、いつも鋭敏だった母を安心させようと本当の職業を隠した息子は 母がスパイであるとは想像さえしなかった。

 リメーク消息を聞いてYoutubeで原作のトレーラを探してみている間一番興味津津だった部分は、盗聴器を設置した母が息子と彼の恋人の肉体的な接合の規則的な破裂音(!)までも冷静に盗聴した場面だ。 結婚した息子夫婦の部屋を盗み聴く姑が登場するドラマが珍しくない韓国実情では、この状況に異常な執着以外のことを見せるのは容易でないはずなのに….
息子を守ろうとする母性と息子の恋人を牽制する心理が混在されたプライバシー侵害であると同時に、プロ スパイの面目を見せる原作の場面をどのように現地化するかが非常に気になった。

<スパイ>の4回. 事務室で待機するべきで夜遅く家を出たソヌを尾行したヘリム夫婦が到着した場所は、息子の恋人であるユンジンのワンルームだ。
国家情報院情報を掘り出そうと息子に盗聴器を設置したヘリム夫婦は、ユンジンのワンルームで広がるままごと遊びのような暮らし遊びを盗み聴くことになる。
配達ピザに付いてくるピクルスを残しておいてカレーとともに出してレストラン気分を出す若い恋人のあれやこれやの対話に、ヘリムは「あなた、ソヌは確かカレー嫌いだったんですよ!」とばっさり癇癪を起こす。 「家で暖かいご飯を食べて休んで出て行かなくちゃ。 諜報員の仕事はそんなに甘いくはないんだけど。」これまで家庭に安楽な憩いの場と食事を提供したヘリムが 自分の役割を奪われた嫉妬心を、 先輩職業人の忠告で包みこむ面白い場面だ。

セックスをキス程度に水位調節したことは予想したことだったが、家ではびくともしなかった息子がゴミ分離回収する後ろ姿を うろたえるように見守るヘリム夫婦のコミカルさはかなり気に入るリメークだ。 生死を行き来する諜報物の緊張を精一杯引き上げて、適材適所に韓国家族ドラマのクリシェ(常套表現)を重ねて笑いを誘発する老練な手並み。 単幕劇で何度も呼吸を合わせた作家と演出家の組合せがミニシリーズにつながるまた他の事例だ。

+α グレーの服のスパイ

 息子の恋人であるユンジンを夕食に招いたヘリムは、クレーのニット タートルネック姿でお客さんを迎え、コートを脱いだユンジンもまた、材質だけ若干違うグレーのタートルネックを着ている。 制服を除けば同じ場所にいる主な女性キャラクターが同じ服を着る場面はとても珍しいが、ここでは二人が同じ経歴を隠しているというヒントとなる。 同じ回で組織を離脱する女スパイもやはりグレーのタートルネックを着ている。


(ソース 2/24 cine21






▼'スパイ'キム・ジェジュン-ゴソングフィ、
'新アクションカップル'登場! 鏡餅セーミ誇示


無題6

 'スパイ'キム・ジェジュンとコ・ソンヒの'アクション セーミ'が伺える’化粧室激闘'ビハインド カットが公開された。

去る13日放送された‘スパイ’ 12回では、ソヌ(キム・ジェジュン)が、母ヘリム(ペ・ジョンオク)はもちろん恋人ユンジン(コ・ソンヒ)まで‘スパイ’だったという事実を知ることになり衝撃を受ける姿が盛られもどかしさをそそった。

自分のために引き続きもっと危険な状況に置かれるソヌが切ないユンジンは、結局自ら自分の正体を暴露した。 計画的に近づいたというユンジンの言葉に苦しんだソヌはユンジンを放したが、ヘリムとキチョルの位場所を知るためにユンジンを空港トイレで再び捕まえた。 だが、ユンジンは自分の家族を守るために場所は教えられないと断った。 これにソヌとユンジンが愛憎の激闘を繰り広げることになる場面が盛られて関心を集めた。

これと関連して、愛する恋人同士だがお互いの家族を守るために対立するしかないキム・ジェジュンとコ・ソンヒの弱々しくて熾烈な‘トイレ アクションシーン’のビハインド カットが公開されて目を引いている。
二人が初めてのアクション セーミを誇った‘トイレ激闘’場面は、去る8日ソウル江南区三成洞にあるソウル都心空港ターミナルで行われた。 トイレという狭い空間に俳優らとスタッフが皆入らなければならない慌しい状況だったが、キム・ジェジュンとコ・ソンヒはそれをものともせずアクション動作を合わせるのに熱中した。

特にキム・ジェジュンは、難易度の高い激闘動作に気兼ねるコ・ソンヒのために、直接出て示範を見せて説明するなど親切な配慮で撮影会場の雰囲気をかきたてた。 以後 撮影が始まるとすぐに二人は荒いアクションと共に高難度の感情演技をやりとりする‘最高の相性呼吸’を発揮、周辺の感嘆をそそった。
キム・ジェジュンとコ・ソンヒは、狭いトイレで何と4時間の間進行された撮影にも始終一貫笑いを失わずに活気に満ちた姿で現場を愉快に染めた。

製作スタッフ側は、「キム・ジェジュンとコ・ソンヒは、アクションはもちろん感情演技まで立派に消化し名場面を作り出した」とし、「劇中で愛情一杯な姿を見せた二人の関係が転換点を迎えただけ 今まで見せた恋人関係とはまた他の姿でドラマに面白みを増す予定だ」と伝えた。

一方、‘スパイ’12回ではソヌ(ジェジュン)がキチョル(ユ・オソン)に向かって、再び銃を取る姿が盛られてテレビ劇場にみなぎる緊張感をプレゼントした。 ついに‘ハードディスク’を手にすることになったキチョルは、ヘリムを担保に暗号解読専門家である夫を訪ねて行き暗号を解けと脅迫した。 ソヌはキチョルから‘ハードディスク’を返してもらい、家族を守ることができるのか関心が集まっている。

(ソース 2/24 スポーツ韓国




2104/2/27 放送 スパイ予告編









今日(2/24) SUPERJUNIORのシンドンとソンミンの来月入隊をSMが発表しました。

シンドンは1985年9月28日生れ(昨年ヘルニアの治療のため軍入隊を今年に延期)
ソンミンは1986年1月1日生れ

今年~来年は、有名アイドルスターが続々と、ですねえ









にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント