Post

        

JYJ実力派グループの威厳示す&個人活動でも成功

category - JYJ
2015/ 02/ 01
                 




【さやわかのチャート一刀両断!】
JYJ、日本初シングルが好セールス達成 
実力派グループとしての威信示す


20140201-jyj.jpg

参考:2015年1月19日~2015年1月25日のCDシングル週間ランキング(2015年2月2日付)(ORICON STYLE)

 上位7位までが男性グループというのは、今どき珍しい出来事です。
しかも1位のKAT-TUNが19万枚、2位のJYJが13万枚というのは、これまた今どきにしてはなかなかの好成績。3位のB1A4も69000枚弱でして、決して悪くない。
しかしKAT-TUNはCDを3種類で展開し、B1A4も同様にしながら、さらに握手会参加応募チケットも付けちゃう、いわゆる購入特典商法をそこそこ盛大に繰り広げていまして、それに比べるとJYJはCDとしては一種類のみという、まあわりと控えめな商品構成に見えます。

 そういう意味では、JYJは2位とは言え、他グループの動向などどこ吹く風というクールきわまりない動きをしていると思ってしまう人もいるでしょう。
しかしあにはからんや、KAT-TUNもJYJも、別形態の追加発売を行うなどして初動に弾みを付けようとした形跡がありまして、やはり水面下ではなかなか熾烈な戦いが繰り広げられていたようです。ちなみに少しだけ関係ある話を付言しておきますと、JYJが発売した追加商品である「ミュージックカード」については、ちょうど昨日、オリコンから「今後は集計対象としない」という発表が行われまして、せっかくCDをプレスするよりも安価に売り上げ枚数をかさ増しできるドーピング的かつエコな商材だったのに、レコード会社各社としては今後、また違った販売手法を模索せねばならなくなるでしょう。

 ちなみにKAT-TUNは「Dead or Alive」という曲名が昨今の「イスラム国」人質事件を連想させるため歌番組での歌唱が見合わせられたという噂もあって、なかなか苦しい状況にあったとも言われています。最近のミュージシャンは政治的な正しさにまで考慮しながら歌わねばならず大変なことだなと思うわけであります。ただ結果としてKAT-TUNはJYJの13万枚に対して19万枚というそれなりの大差を付けることに成功してますので、「KAT-TUN必死だな」という面白半分な下馬評には、それなりの信憑性しかなかったと考えてもいいかと思います。
ただKAT-TUNがここ最近のシングルと同様に15〜17万程度の売り上げだったとしたらJYJとはもう少し僅差になっていたはずで、JYJがどのくらい売り上げるか未知だったせいもあり、ジャニーズ陣営がそれなりに手を尽くしたのは間違いないでしょう。
そのおかげでKAT-TUNというグループとしては20万枚に手が届きそうな記録を残せたわけで、これはこれで大切な実績としていくのがよいかと思います。

 しかし、より気になるのはJYJです。
ファンには説明するまでもない事実ですが、これは2010年に東方神起から脱退したメンバーによって作られたグループなのですが、それでも13万枚売り上げたということで、さすがに元・東方神起の威信は健在というわけです。しかし脱退後に所属各社とのトラブルが相次ぎまくったおかげで彼らの活動はものすごく紆余曲折を重ねており、おかげでJYJとしての日本でのシングル発売はこれが初となるわけです。だからこそ、本作にはこれだけの注目が集まったのだと言えるでしょう。

 その楽曲はクラシカルピアノとストリングスを重視して控えめながらバレアリックな雰囲気を持たされたバラードで、これもそつなくまとめながらボーカルのよさを引き出していると言えるでしょう。しかし一般的にこれだけ長きにわたって表舞台に現れずにいると人気に陰りが出てきたりもしそうなものですが、いい意味で若手グループではないため、実力派として順当な進化を見せているようです。
もっとも、日本でリリースがなかった間もカニエ・ウェストなどとコラボレーションを行ったりして、それなりに積極的な楽曲制作が続けられていました。そういうわけでブランク明けというよりは、ようやくその実力派ぶりを日本のチャート上でも確認することができるようになったというところなわけです。
とりあえず次回作は「果たしてミュージックカード以外の手法を模索しつつ、ジャニーズ勢を追い落とすことができるのか?」というのが、下世話な興味の集中するところになるかと思います。

※ さやわか
ライター、物語評論家。『クイック・ジャパン』『ユリイカ』などで執筆。『朝日新聞』『ゲームラボ』などで連載中。単著に『僕たちのゲーム史』『AKB商法とは何だったのか』がある。


(ソース 2/1 Realsound





▼ JYJグループ活動ぐらい個人活動もやはり、成功的

jyjj_20150201120609ff8.png

  JYJメンバーが個人活動でも独歩的な存在感を表わしている。

グループJYJは、最近日本で各種レコード チャートをさらって歌手としての位置づけを今一度確認させた。
先月21日、JYJの名前で日本で初めて発売されたシングル'Wake me tonight'は、発売と同時に日本オリコン デイリーチャート2位をはじめ、タワーレコード デイリーチャート、HMV 24時間チャート1位を記録するなど日本主なチャートを席巻して人気を立証した。

日本で正式にアルバムを流通するのは今回が初めてであり、その間数多くの制約があったのに 地でJYJは爆発的な人気を得ていて、その間現地活動がなくとも東京ドーム単独コンサートとドームツアーを通じて24万人のファンたちを動員することもした。

 しかし、何よりJYJとして感激的であったことは、昨年の仁川アジア競技大会開幕式公演に違いない。
昨年9月、イム・グォンテク、チャン・ジン監督が総演出を引き受けた仁川アジア競技大会開幕式で、アジア競技大会広報大使JYJが祝賀公演に出て初めての地上波出演を成し遂げた。

当時JYJは、アジア競技大会広報大使として着実に活動してきたのに アジア競技大会開幕式直前まで正式舞台に立つことができるのか葛藤を経るなど雑音が続いた。 しかし結局 聖火点火フィナーレで初めての舞台で堂々と舞台に上がったし、カメラアングルにもまともにとらえられて全世界の電波に乗った。 長い間の葛藤と不合理の中で、結局最も華麗で盛大な世界的なスポーツ大会開幕式公演で主催国が誇らしく出した当代最高の韓流グループとして堂々と舞台に上がったことで、JYJの無視することはできない影響力を確認させた。


 このようにグループとしても格別な影響力を持ったJYJだが、彼らは個別活動でもそれぞれの才能を表わしている。

キム・ジェジュンは、最近KBS金曜ドラマ'スパイ'で、南北を背景に繰り広げられる情報戦の国家情報院職員ソヌ役に扮すして劇中コ・ソンヒに向ける切ない純愛はもちろん、母親の隠された過去を知ることになる息子の姿を秀麗に表現して'新概念家族諜報ドラマ'で活躍している。

また、彼は先月31日、自分が直接アートディレクターとして参加し、ブランドを総括指揮する会長を務めているブランドmoldir1周年記念行事を成功裏に終え、手腕良い事業家としての姿も認められた。


21jyj.png

 キム·ジュンスは、ミュージカル俳優として注目すべき成果を出している。彼はチケット前売りサイトインターパークチケット販売量と観客投票を合算して選定したゴールデンチケットアワードで、昨年出演した「ドラキュラ」でて男部門チケットパワー賞を受賞した。

これは、2010年と2012年に次ぐ三度目の受賞で意味を加える。また、彼は昨年末、毎年進めてきたミュージカルコンサートを盛況裏に終え、アイドル出身の歌手がミュージカルで認められてさらにミュージカルナンバーで構成されたミュージカルコンサートを初めて定着させたのは驚くべき成果だ。

また、キム·ジュンスは来る3月ソロでカムバックする予定で、実力で評価される歌手であるだけに舞台で直接観客たちに会うためにキム·ジュンスコンサートを開く。


 パク·ユチョンは昨年ブラウン管とスクリーンを行き来して、それこそいろいろな種類の賞の賞をすべてさらって演技者として認められた。

昨年キム·ウニ作家の政治スリラードラマSBS「スリーデイズ」で、劇中ソン·ヒョンジュ大統領を守る強直な青瓦台大統領ハン・テギョンに扮した彼は、年末の授賞式で演技大賞10大スター賞に加え、最優秀演技賞を受賞した。

映画「海霧」では、荒く粗悪な船乗りの役に扮してキム・ユンシク、ムン·ソングンなどきら星のような先輩俳優たちの間でも押されていない存在感を見せていろいろな種類の映画祭授賞式を総なめにした。昨年、韓国映画評論家協会賞をはじめに大鐘賞映画祭、釜山映画評論家協会賞、美しい芸術員賞、青龍映画賞で新人賞を席巻し、今年も「第6回今年の映画賞」で男優新人賞を受賞して異例の記録を残した。

これは、ファン層の影響力が強大な影響を与える歌謡授賞式ではなく、演技にもっと厳しい世間の目を収め権威ある授賞式で賞を受賞したという点でより一層意味深い。


 このようにグループ活動をはじめ、個人的な力量と才能まで発揮して独自のポジションで、後輩歌手たちの手本になっているJYJだ。

(ソース 2/1 tvdaily













にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント