Post

        

ジェジュン関連ツイあれこれ&スパイの記事

category - ジェジュン
2015/ 01/ 27
                 





ジェジュンのお姉さん
ホントせっせとツイってくれますネ 



無題
@kkjj4

「私たちの可愛いおい(めい)^^ 」

kjj1.png


コワモテの子 何ちゃんでしたっけ?
(ヒョンアちゃん?ソヒョンちゃん??haha)
この媚びること知らずぶりが
だんだん面白くなってきたニン 



無題
(cf:yn492 instagram)


「アンナおばさんとおじさんが一番好きなヒョナ、
ソヒョン 今はゴンまで 幸せだなぁ」


kjj_201501272159344ed.png

jjtw3.png






ジェジュンのセンパ終わって両親とのカット」

kjj2_20150127191600128.png


お父さんと抱き合うジェジュンの目に涙がひとつぶ
2_20150127221157b56.png
ツイで回っていたので私めも検証してみたわ、、)








無題2
moldirkorea @MoldirKorea


「Happy B-day 愛を込めて」

md1.png
(1023 x 677)
md2.png
(1023 x 677)
md3.png
(1023 x 677)


「準備した誕生日プレゼント」

md4_20150127192805c7a.pngmd5_20150127192804c42.png










これには、私めもちょと胸を打たれた、、
↓ 


無題em.png






50_20150127194943d8b.png



jjj1_20150127201432ec8.png
kimjaejoong
@bornfreeonekiss


20:09
「モルド職員一同から受けた特別製作誕生日贈り物ありがとう~^^ 」

jjj_201501272015083e4.png


20:24
「ひとりでケーキを つけて消したよ..
30という藁ぶきの家が崩れていく時 なぜか僕は嬉しかったよ.. 」


jjtw1.png

21:28
「誕生日はもう忘れて一生懸命にスパイに集中しよう!」

jjt3_20150127215404069.png
jjt4_2015012721540312d.png
jjtw2.png
jjt5_20150127215401f3c.png


21:41
「ミヌだ.. 」

jjt6_20150127215719848.png








記者の目線が、大盛りもなくクールかつ温かい
短いけど 好きな記事でした



▼ 6年目アイドル俳優キム・ジェジュン、金曜日に会います

 同じ年頃、気立てが優しい性格のキャラクターが本人と似ていたためだろうか。
KBS-2TV金曜ドラマ'スパイ'に帰ってきた彼は、体によく合う服を着たように安らかに見えた。
本格的に演技を始めて今年で満6年目. もう結構俳優としての余裕がにじみ出した。

 キム・ジェジュン(30)はかなり多様なジャンルの作品を経た。史劇からメロー、アクションまで区別しなかった。
'ドクターJIN' では 意志の強い捕盗庁従事官であるギョンタク、'ボスを守れ'では艶がない財閥2世であるムウォン、'トライアングル'では町内のごろつきであるヨンダルに扮した。
色々な人物を演技したが、まだ酷評を受けたことも、かといって絶賛を受けたこともない。ただ普通の速度で落ち着いて自分の役割をやりこなしているところだ。

「今回のドラマは、先輩ために出演を決心することになりました。経験が多い方々と共に撮影するたびに、演技授業を受ける感じといいましょうか(笑)。 現場での上手な姿勢とカメラの前での自然さなど 期待したことよりはるかに多いことを習っています。」

スパイ'は、'王女の男'を演出したパク・ヒョンソクPDと 映画'私の恋愛の記憶'を執筆したハンサングン作家が意気投合した作品。 前職が北朝鮮スパイという過去を隠したまま韓国で平凡に家庭を設けて生きてきたヘリム(ペ・ジョンオクの方)に国家情報院所属である息子ソヌ(キム・ジェジュン)を抱き込めとの任務が下って広がる話だ。 一時ヘリムを愛した直属上官キチョル(ユ・オソン)が悪の枢軸で登場して劇の中心を捉える。 スパイアクション映画を彷彿させる程の高難度のアクションは見る楽しみを加える。

「ソヌは暖かい家庭で真っ直ぐに育ったキャラクターです。 家ではママだけが知る優しい息子ですが 国家情報院要員として仕事をする時だけは冷徹で完ぺきです。 二種類の姿が相反するがぎこちなく感じられないように、よく表現し出すことが私が今回のドラマで引き受けた最も大きい任務でしょう。」

イスラエルで人気の下に放映されたドラマ'マイス(MICE)'を原作にするこの作品は似たストーリーラインを描くが、家族愛、母情という韓国的情緒を濃厚に盛った。 ママと呼ぶには若くて美しい先輩ペ・ジョンオクとの呼吸、どうだったのだろうか。

「うちの母は年齢がとても高いです。 ペ・ジョンオク先輩は私たちの一番上の姉より二才若いです。 年齢の差で見ても容貌で見ても ママよりは姉側に近いが、役割に没頭して見たら普段でもそのままママと呼びます(笑い)」

 グループ活動を永くやったのでドラマや映画撮影のような共同作業に慣れているという彼は、活発で清清しい性格で先輩たちの愛を一人占めしている。
良い先後輩にたくさん会ったのは純粋に運が良かったため とし謙虚な姿だが、同僚は彼の人間的な魅力を褒めるのに忙しい。 前作で会ったチソン、イム・シワンとは虚心坦壊 (素直に心を開いていること)に本音も打ち明ける'親友'になったほど。

「チソン兄とは、酒一杯飲んで色々な悩みもゆっくり話します。シワンは、最近作品'トライアングル'で会って親しくなりました。 '未生'撮影する時電話してどんなに不平を言ったのか。 寝るのが難しいからすぐ美味しい物を買ってくれと言って(笑). この前は、シン・スンファン兄とイ・ウンミ姉と4人で会って一緒に食事しました。」

 'スパイ'は、去る1月9日視聴率8%台でさらりと出発した。100分間 2回分が放送される特異な編成のおかげで、視聴者たちは一つの映画を見たようだという反応だ。
演出と脚本、俳優の好演三拍子が絶妙に交わった今回の作品。
'キム・ジェジュン'といえば と思い出させるほどの代表作にならないだろうか、と用心深く期待して見る。

(ソース 1/26 京郷新聞 レディ京郷



ジェジュン、
明日からまた スパイでふぁいちん
 



※ J-PARTYソウル 動画はこちらで追加してマス

J-PARTYその2(動画)










にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント