Post

        

JYJ大阪公演 芸能記事(ギャグで大阪3万7千ファン笑いの海ほか)

category - 2014 日本ツアー
2014/ 12/ 14
                 




JYJ、大阪ドーム覚ますと再びファン歓呼
(グラビア含む)

 グループJYJが日本の大阪でドームツアーの熱気を続けた。

所属会社C-jeSエンターテイメントは、「13日午後、大阪京セラドームで '2014 JYJドームツアー一期一会'大阪ツアーを開き、3万7000人あまりのファンと会った」と14日明らかにした。

JYJはこれに先立ち、先月東京ドームで10万人のファンを呼び込み、ドームツアーの華やかな出発を知らせた。


jyj1_201412141157010eb.png


 大阪公演も、熱いムードの中で行われた。
公演3時間ずっとファンたちは皆起立した中で公演を楽しんだ。

JYJは良い歌唱力と別名'刀群舞'で大型舞台を満たした。'Empty・'Be the one''Valentine''BAKSEAT'などの舞台では、華やかなパフォーマンスを、'LET ME SEE''IN HEAVEN'などの舞台では美しいコーラスをそれぞれ披露した。


jyj2_20141214120013791.png


 JYJのソロ舞台も興味深かった。
終始パワフル、エネルギー溢れる舞台が続いた。
感激した残りの一部のファンは涙を浮かべたりもした。

JYJは日本のファンに"よく会えないが、いつも感謝する気持ちでいる"と話した。


jyj2_20141214120212474.png

jyj3_201412141202141ca.png


 一方、JYJは14日午後、大阪公演を1回追加しドームツアーを続けていく。
JYJはその後、来る23・24日、福岡ヤフーオクドームでツアー舞台を再び立てている。

jj3_201412141203596a0.png

x1_20141214120356bf2.png

y1_2014121412035751f.png


jyj4_20141214120644964.png

jyj5_2014121411553358c.png

jyj5_201412141208482c7.png


jj4_20141214120953719.png

y2_20141214120949cd4.png

x2_201412141209517c8.png

(ソース 12/14 sports.khan




▼ JYJパク・ユチョン、キム・ジェジュン、
アダルト向けギャグで大阪3万7千ファン 笑いの海


 グループJYJが、日本の大阪京セラドーム公演で 会場を埋め尽くした3万7千のファンと会って、幻想的な舞台をプレゼントした。

C-jeSエンターテイメントは14日、「JYJはこの11月、東京ドームで10万のファンらと会って、'2014 JYJ Japan dome tour 一期一会' の幕を上げた。
東京ドーム公演はJYJが結成された後、最初の日本のドームツアーであり、2日間10万のファンと会い、JYJの日本現地の最高の人気を立証している。
昨日あった大阪公演は、その熱気を続けている舞台であり、3時間の間に起きたJYJの情熱的なライブコンサートに客席のすべてのファンたちが起立して歓呼した」と明らかにした。


 JYJは、爆発的な歌唱力と刀群舞で大型舞台を埋め尽くした。
'MT(Empty)'、'Be the one'、'Valentine'、'Back seat'ではJYJだけのセクシーなパフォーマンスと強烈なビートのダンスでファンを熱狂させ、'Let me see'、'In heaven'、'So so'では3人の美しいハーモニーが会長を埋め尽くした。

JYJのパワフルでエネルギッシュな舞台は、各メンバーたちのソロ舞台でさらに多彩になった。
ジェジュンはレミオロメンの'粉雪'を、ジュンスは絢香の'空と海の間に'、そしてユチョンは福山雅治の'最愛'を歌うなど、日本語曲でファンらに特別なプレゼントを贈った。各自、日本のファンたちに向けた切ない心を込めた曲を選定んで、頻繁に会っていないが、いつも感謝する気持ちを込めて熱唱し、幾人かファンの目頭を赤くしたりもした。

 それぞれれの個性が強い舞台に、ジェジュンはロッカーとして日本の人気曲'Ultra soul'と 自分のソロ1集に盛り込まれた'Butterfly'でカリスマ性溢れる舞台を展開し、ジュンスは自分のソロ2枚目のタイトルである'インクレディブル・(Incredible)'とともにパワフルなダンスパフォーマンスでファンを熱狂させた。パク・ユチョンは、自分だけの甘美な感性が盛り込まれた'love you'で魅力を加えた。


 JYJとファンの疎通はTV芸能プログラムの1シーンのようだった。
JYJは、トーク中、冗談を交わしてお互いのキャラクターを素材にユーモアを続け、終始一貫して笑いを続けた。ジュンスのブランドといえる'親父ギャグ'と、ジェジュンとユチョンのアダルト向けギャグに ァンたちは歓呼した。また、日本で最も人気のある流行語を直接披露したりもして大阪弁をモノマネで表現したりもした。

大型ドーム公演場を埋め尽くしたファンの応援は、まるで夢の饗宴のようだった。音楽と一緒に踊る赤い波の中で、JYJとファンはお互いが夢を見ているパラダイスにいるようだった。JYJの3時間余り繰り広げられた輝く舞台の主人公はそのままファンであり、アンコールの舞台を待って、真正性を吐いたアーティストに対する尊敬の気持ちで拍手と歓声を送った。

 一方、JYJは14日夕方、大阪公演を続けていく。
来る23・24日には、福岡ヤフーオクドムで'2014 JYJ Japan dome tour一期一会'を開催する。

(ソース 12/14 スポーツソウル











にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント