Post

        

ちょっとお久しぶりです

category - JYJ
2014/ 11/ 21
                 




お久しぶりでございます
昨日、無事にまじょの棲み家にもどりました

18日の公演の後に記事をUPしたつもりが、日ごろPCからしか操作してないのが仇となり、
気が付けば未送信、という体たらくブリ 

今回は、開幕日の直前にキャンセルせざるを得なくなった方が複数名いらっしゃいましたが、
私めも、2日目の朝は あわやドタキャンで帰宅か!? という電話が家から入り、ちょとあせりました
一件落着したものの、グッズ買いにいこう!という予定も狂い、なにを血迷ったかヨドバシカメラへ
(ホテルの前がヨドバシだった^^;)
懐かしの5人のTV撮影を思い出しながら、ちょっと遠い目になったりしてましたが、
「お!そうだ」と我に返り、双眼鏡を購入してやっと遅ればせながらドームへ
結局グッズはずべてご厚意に甘えブロ友さんまかせに
買うの大変だったようです 朝7時から並んでもキーホルダーは完売だったそうで

私の席は、日ごろの態度のたたりか、両日とも1回スタンド席上部~~
それでも1日目はほぼ中央、野球のファウルボール避けのネットがそのままで邪魔くさかったですが、
3人のトークはスタンド席に寄って来てくれたので臨場感たっぷりに楽しめました
音響も思ったより良かったです(スピーカー変わったんでしたっけ?)

'あわやドタキャンか?'の件で まだゆっくりJYJコンレポも書けないのですが
初日、JRの水道橋駅の改札を出ると、あふれんばかりのファン
去年は参加してない私めには、それが本当に嬉しゅうて嬉しゅうて。。
どんなに三人が喜んでいるだろう という思いがこみ上げて涙がじゅわーー
(まだ早い つーの^^;)
そこにちょうどジェジュンバス(トラック)が通りかかって 出たああ!
さっそく携帯握りしめて写真♪ 涙もすっかり飛んでました


正直、JYJ情報難民化してますので、
下には ちょっと記録用にJYJ記事載せてます
(みなさんすでに読まれてるものばかりです)

また後ほど、記憶をたどりつつ、まじょ的レポも書いてみますので

 



20_20141121000448625.png

21_20141121000448370.png



▼ '韓流危機論'も逸れて行ったJYJ
10年経っても'及ぶ人気'なぜか。



5_20141120223924663.png
6_2014112022392330e.png




 JYJは'韓流帝王'だ。

 JYJが日本で活動を再開した。
18日と19日の両日間、日本の東京都東京ドーム、12月13・14日 大阪ドーム、12月23・24日 福岡ヤフードームで、'2014 JYJ JAPANドームツアー-一期一会'を開催して4年ぶりの新しい日本語シングルを発売する。これまで現地・エージェンシーエイベックスとの訴訟をはじめ雑音が起きたために、公式的な日本活動に専念することができなかったのが事実だ。
しかし、エイベックスとの摩擦が円滑に解決され活動の伸張が楽になった。
にもかかわらず、彼らは健在だった。もっと堅固になった。
JYJの東京ドーム公演を通じて、彼らが最高である理由を探ってみた。


7_20141120224746718.png
8_2014112022474558d.png




JYJ、人気の終りはどこ?

 JYJがドーム公演を開いたのは2010年6月'Thanks giving Live Dome'公演と、2013年4月に開かれた'The リターン・オブ・ザ・JYJ'以降3度目だが、JYJの名前を掲げたドームツアーは今回が初めてだ。
ドームツアー開催のニュースが伝えられるや否や、ファンの問い合わせが殺到し、1回5万席のチケットも瞬く間に完売された。JYJが両日間の東京ドーム公演を通じて稼いだチケット収益だけでも1億800万円(約10億1826万ウォン/チケットハンジャンカ1万800円、2回の公演総10万人動員)。最近嫌韓流の雰囲気が続いて、専門家らも口をそろえて'韓流の危機論'を提起している状況を考慮すると、さらに驚くべき記録だ。

 現地メディアや放送メディアの関心も集中された。
JYJの名前で初めて進行する記者会見だったが、スポーツニッポン・サンケイスポーツ・スポーツ日本・デイリースポーツなどの有力紙と、日本テレビ・TBSフジTV・朝日TVなど有名放送局まで計42のメディアが出席し、彼らに対する熱い関心を示した。


10_20141120225414dbe.png
11_20141120225414b89.png
12_20141120225413f30.png




▶これがJYJだ!

 JYJの真価は、舞台で発揮される。
彼らは、80mのメインステージと85m突出舞台を自由自在に行き来しながら'MT(Empty)''・イン・ヘヴン(In Heaven)''チャジャッタ''Be My Girl''Back Seat'など、計24曲をライブで消化した。特に日本語バージョンでは初めて公開される'BackSeat'舞台をはじめ、'Be the One''バレンタイン'など、華やかなパフォーマンス錆びないダンスの実力を誇示した。
 ソロ舞台も多彩だ。
ジェジュンはチョ・ヨンピルの'歩きたい'、ジュンスは中島みゆきの'空と君の間に'、パク・ユチョンは福山雅治の'最愛'などのバラード曲で心を動かした。その一方で、ビーズ'ウルトラソウル'(ジェジュン)、'アイラブユー'(朴ユチョン)、'30'(朴ユチョン)、'インクレディブル・'(金ジュンス)、'ストーリー'(金ジュンス)等、メンバーひとり一人の個性を生かした曲でJYJだけの幅広い音楽的スペクトルを示した。これにファンらは公演開始を知らせるJYJロゴが中継LED画面に現れる時から5万人全員が赤いペンライトを持って起立、熱い歓声を送った。


13_20141120232626912.png
14_20141120232711454.png
15_20141120232710d0d.png




▶10年経っても'及ぶ人気'、なぜ。

 東方神起の時代から今まで。いくら長い空白があったとしても、どんなトラブルが起きても、JYJの人気は健在だった。その秘訣は何か。

ジェジュンは、公演に先立って開かれた記者会見で「今まで沢山の人たちが待っていただき愛して下さる理由、長い間活動できなかったのに見に来て下さる理由は、私達も知りたい。遅くなったが、今後も活発に活動することができる状況が来たら、できなかった分もっと良い姿を見せてあげたい」と謙遜した姿を見せた。


16_20141120233620e2b.png
17_20141120233620980.png




 しかし、秘訣は必ずある。
徹底した現地化戦略とファンに対する配慮が理由に挙げられる。
JYJは最初から韓国での有名税を追い風に、日本に進出したチームではない。
ジェジュンは「私たちのような場合は、K-POPアーティストとして韓流ブームに乗って日本に進出したわけではない。日本のシステムを基本として最初からスタートしたケースだ。それで今進出するアーティスト達とはちょっと別なケースのようだ。もちろん日本の方から見た時は外国ボーイズグループだが、日本で日本語で最初からアルバムを出して始めたボーイズグループだから、感じが少し違うんじゃないかと思う」と明らかにした。

 今回の公演でも彼らは初の日本語シングルタイトル曲である'ウェイク ミー トゥナイト'をはじめ、8曲を日本語で歌った。公演の1/3を日本語で消化したわけだ。また、別にMCを置かずにメンバーたちが直接流暢な日本語を駆使しながら、公演を導いた。準備された台詞ではなく地元のファンと現地の言語で公演をリードし、ファンとの疎通を探し出したわけだ。

 ジェジュンは「最近進出した方々に韓国の立場からこれといって忠告することができる部分はない。しかし、何か韓流、K-POPスターとしてスターらしい姿を見せるのもいいが、近くでファンたちと音楽的な共有を始めながら、サイズを育てていくのが道順ではないかと思っている」と答えた。

(ソース 11/20 sportschosun




▼ JYJ「後悔のない10年、紆余曲折も多かったが幸せだった」(一問一答) 


jyj2_20141120222648db9.png




 グループJYJが待望のドームツアーを始めた。ここ10年間、チームをリードした原動力としてメンバーを挙げるJYJ。日本活動が一層自由になり、開催するドームツアーに対する特別な感想も一緒に語った。

JYJは19日(現地時間)の午後、東京ドームで「2014 JYJ JAPAN DOME TOUR ~一期一会~」の公演を控え記者会見を開催し、ドームツアーの感想とこれからの抱負などを述べた。

JYJのドームツアーの初の開催地である東京公演で、18日と19日の2日間10万人を動員し全席売り切れを記録した。3時間の間、疲れることなくファンと一緒に、待っていた長い時間と渇きを多彩なステージで解消した。 
以下はJYJと交わした一問一答である。



―初の日本ツアーの感想は?

ユチョン:昨日(18日)ドームツアーを始めたが、とても久しぶりにここまで緊張できるということを感じた。非常に緊張し、そこで消化もできなかった。緊張しすぎて歌うときに手が震え、マイクを落としそうになった。しかし、そう見えなかったと言われ、上手く演技をしたのかなと思った(笑) 本当に驚いた。久々のドームツアーだが、これだけ時間が経っても、あまり訪問できなかったにもかかわらず、一途に待ってくれたことが、いつにもまして不思議でありがたかった。温かい公演をしたと思う。

ジェジュン:緊張したが、一方では心配はしなかった。それでも不安な気持ちは持っていた。新しい曲もあり、心配もした。ステージに上がる前にジュンスが「ミスをしてもステージの上で自然に話し、家族のように温かくしよう」と言ったので、ステージの上では緊張しなかった。ドームツアーは初めてだが、会場にある数多くのファンたちは、長く我々を愛してくれたファンたちで、新しいステージだが、気持ちだけは家族のようで温かかったと思う。さらに頑張る。

ジュンス:日本でドームステージに立つということは、毎回ドキドキして気持ちの良いことだった。JYJとしてドームツアーを開催することは初めてだ。特に、JYJとして3年間ほとんど活動せず、日本にもあまり訪れられなかったが、毎回公演するたびにいっぱい埋め尽くされるのかなと心配した。肌で感じた昨日だった。それだけ力を出して、日本ドームツアーを大阪と福岡まで無事に終え、満たされた感じを出せる公演をしたい。

―これまで断続的に、また制限的に日本活動を行ってきた。今回のツアーをきっかけに、JYJの日本における活動がさらに自由になったと思うが、自由な活動に対する感想は?

ジェジュン:単独で公演を開催するとか、そのようなケースはあったが、公演をするとしても記事すら書かれたことがない。先日も日本で記者会見を行い、放送局などがたくさん参加した。非常に違和感があった。日本でどのような公演をしても、どのようなステージに立っても、そうだったことがないが、以前あった問題が円満に解決され、インタビューも行い、マスコミにJYJを紹介するということが非常に嬉しい。今まで当然なことだと思ったかもしれないが、記者会見をしてみると、今まで本当に多くの方々が、僕らでなくても、僕らの公演を見守ったファンたちはどれだけもどかしい気持ちだっただろうかと思った。公演を見ずには、どのような公演をしたのか、僕らの気持ちや公演に対することが分からなかった。そこで、非常に嬉しく、今回の公演もたくさん紹介されたと聞いた。友達からもたくさん連絡をもらった。久々に非常に新しく、気持ちが良い。

―18日の公演でアンコール曲として東方神起時代の歌「Begin」を歌ったが、特別な理由があるのか。

ジュンス:その歌だけではない。それが僕らの歌で、公演で歌いたかった。しかし、なかなか機会がなく、何かプレゼントのようにこの曲を一曲でも準備したかった。特に「Begin」を選んだのは、その曲の中にあるメッセージが僕らがファンに最も伝えたい僕らの気持ちを代弁する歌詞だったからだ。そこで、その曲を選択した。思い出にも強く残る曲で、色々な意味で適切だと思った。

―東方神起の頃から今年でデビュー10周年を迎えたが、感想は?

ジュンス:今年でデビュー10周年だが、本当に10年という時間は、もちろん誰もが紆余曲折が多いと思うが、喜怒哀楽、死ぬまでに感じられるすべて、そのような意味で、僕らはこれからどのようなことが起こるか分からないが、一般の20代の人生のようではなかった。華やかでありながら紆余曲折も多かった。本当にたくさんのことを経験した時間だった。50~60代になっても20代は最も忘れられない10年になりそうだ。30代からの僕らの人生も、僕らは非常に期待しているが、この20代がないと30代もないので、多くの経験と人生の勉強になった年だった。そこで、後悔のない幸せな10年だったと思う。


2_2014112022281288d.png




―ワールドツアー(香港)公演と違うところと、特別に気を配るところがあるか?

ジュンス:公演を見ると分かると思うが、セットリストに色々と変化があった。何よりも日本での公演なので、個人の曲であれ、チームの曲であれ、日本で有名な曲を1~2曲ずつ入れた。

―ワールドツアーの後、ドームツアーを確定するまで、2ヶ月間の休暇があったが、どのように過ごしたのか。

ジュンス:休息の時にアメリカに旅行に行った。旅行でアメリカとプーケットを訪問した。本当にリフレッシュして来た。

ジェジュン:何もしなかった。運動を少ししたが、筋肉を付けたり落としたりしていて、結局全部落とした。体だけを酷使した時間を送った。

ユチョン:母と買い物に行ったり、ずっと家にいた。ほとんど外には出なかった。今や出かけることが面倒で、家にいることが一番楽しい。家族と話す時間も多く、昔あまり出来なかった家族との食事もたくさんしながら時間を送った。

―「K-POP韓流の衰退期、終わった」との懸念の声が高い状況にもかかわらず、JYJは依然として人気が高い。その秘訣は?

ジェジュン:僕らはK-POPアーティストとして韓流という波に乗って日本に進出したのではなく、日本のシステムを基本にして最初からスタートした。今進出するアーティストとは違うと思う。そこで、もちろん日本で僕らはボーイズグループだが、最初から日本語でアルバムを出しながらスタートしたグループのため、違う感じだと思う。今までたくさんの方々が待ってくださり、声援送ってくださってから長く活動できなかったにもかかわらず、たくさん見にいらっしゃる理由は僕らにも良く分からない(笑) 大分遅れたが、後で活発に活動できる状況が来るのであれば、出来なかった分だけもっともっとお見せしたい。

―最近、日本に進出する後輩のアイドルにしたいアドバイスがあるとすれば?

ジェジュン:最近、活動または進出する方々に対する、これと言ったアドバイスはない。何か「韓流だ。K-POPスターだ」そういって最初から誇張された姿やカッコイイ姿を見せることも良いと思うが、小さな空間からファンと近くで音楽的悩みを分かち合い始めながら、どんどんサイズも大きくすることが手順なのではないかと思う。

―10年間一緒にしながら、メンバーが家族のように思えると思うが、最近お互いに最も感謝した時は?

ユチョン:非常に個人的なことだが、大きなことではなく、何かの問題が発生したとき、会話が必要なときにいつもそこにいて、一緒に話をしてくれることがありがたい。話相手が必要なとき、いつもそこにいることがありがたい。

ジェジュン:最近ありがたいと思うことが多かった。ただ一緒にいることが楽しく、ありがたいと思ったが、最近多かった。実は近い関係なのでそれだけ頻繁に連絡はしない。最近はコミュニケーションアプリでグループチャットなどを作って暇なときに話したり、変な写真も送ったりする。そうすることが、アプリではあるが、何か頼れるところがあることが非常に力になる。昔はそこまではしなかったが、辛いときは辛いとメンバーに話せるようになった。その時迷わずに頑張れとか、一杯飲もうと言ってくれる。そのようなことが本当に力になり、勇気になると思う。

ジュンス:実は、いつも考えていることだが、ここまで来られたことはメンバーたちのおかげだ。たまに「一人だったらできたのだろうか」と想像してみる。僕が疲れてしまったか、ここまで来られなかったと思う。3人だったからこそ、同じところを見て、僕と一緒に、行こうとする方向に向かって一緒に走ってくれることだけでも本当に感謝する。昨日も感じた。最近は何か大きなプレゼントをくれるとかよりも、ただステージで歌う途中、隣を振り向いたとき、一緒にステージにいるとき、瞬間瞬間感じている。10年間こうして来たことを感じるときも、それだけで何かがこみ上げる。歳をとって心が弱くなったからかも知れないが、最近何かがこみ上げる瞬間が多い。昔は「いつまでこのように一緒に行けるのか」と心配していたが、今や怖くない。会うことも自然だ。久々に会うとお互いに気を悪くしたりする可能性もあるが、そういったことを乗り越えたようだ。1ヶ月間連絡できなかった状態で集まっても、2~3時間ぶりに会った感じで話し合う。そのような自然さが、30代の我々の姿が非常に楽しみで良いと思う。


4_201411202231308ee.png





―今年それぞれ順調なソロ活動を送ってから完全体としてステージに上がったが、感想は?

ユチョン:とても楽しい。最近、本当に楽しい。まず、時間に追われることなく活動することから来る心の余裕がかなり出来たと思う。3人で一緒にステージに立つと本当に楽しい。昨日もほぼステージの上でのコメントを事前に合わせなかったにもかかわらず、日本語で自然に話す雰囲気も本当に嬉しく、楽しかった。個人的に昨日の公演は、楽しさよりは精神的に慰められる感じがした。公演が終わり、時間が経ったにもかかわらず、余韻が残っている。メンバーと一緒にいること自体が非常に楽しい。

―20代のここ10年が最も大事だと言ったが、それぞれが考える30代の姿は?

ユチョン:よくご飯を食べて。どこか具合が悪いと、一瞬にして崩れる可能性もあるが、引き続き健康で明るい姿で多く会えたらと思う。

ジェジュン:ジュンスにした話だが、近く30だが、20代は一回経験したので、どれだけ厳しかったことでも、楽しかったことでも、20代では笑いながら話せるが、これから来る30代に対しては心配になったりもする。また、未来に対する不安感がなぜ生じるか分からないが、絶対に平凡ではない20代だったため、30代にはまたどのような平凡でない時間を送れるかと思った。健康でいてほしい。2年前に人間ドックを受けたが、お酒やタバコはしないのかと聞かれた。真っ白だそうだ。本当に健康を維持して、さらに健康に、笑いながら、どのようなことであれ乗り越え、楽しむJYJになりたい。

ジュンス:10年前から今まで、あまりにも遠い未来を見たことはなかった。30代になろうとすると、30代の時はもっと遠い未来を見ることになった。40代までも僕らがどのように歳を取るか想像する。本当に健康が一番重要だと思う。幸せということが、芸能人として順調に活動していくことだけが幸せではなく、いつまで生命力を持って続けられるのだろうと考えてみた。活動に繋がってもそうでなくても、3人で食事をしたりコーヒーを飲みながら死ぬまで幸せに暮らせたらいいなと思った。

―ジェジュンは今回の公演のソロステージでチョー・ヨンピルの曲を選曲したが、特別な理由があったのか。

ジェジュン:以前、撮影のために済州島(チェジュド)を訪れた。車に乗って済州島を回っているときに、チョー・ヨンピル先生の「歩きたい」が流れたが、本当に良かった。検索してみると日本語バージョンもあった。韓国人初の日本ウィークリーチャート1位を達成した先輩で、また、多くの方々が知っている曲ではないかと思った。日本語バージョンのみでリリースし、活動はされなかったので、これだけ良い曲を一人だけで聴くことがもったいなく、たくさんの方々に聴かせたかった。連絡して曲を使っても良いのか伺ったところ、どう歌うのかと聞かれた。ガイドを送ると、良いとしながらよろしく頼むと言われた。一緒に食事をしようとおっしゃったが、まだお目にかかっていない。歌を上手く歌ってから一緒に食事をしたい。韓国に帰ったら是非ご挨拶したい。

―メンバーたちが今年、ソロとしてたくさん活動したが、自ら評価してみるとどうなのか。また、次の活動計画と抱負があるとすれば?

ジュンス:今年はミュージカル2本に出演した。3月まで「ディセンバー」の地方公演を行い、7月から「ドラキュラ」を上演した。まず「ドラキュラ」を幸せに、うまく出来たと思う。実は、ステージに上がる前は、そこまで期待作ではなかったと聞いた。僕を含め、良い制作スタッフと出演者たちが作った。ライセンスだが、初演の創作劇といってもいいほど、かなりの台本作業を経て、どう比べても同じミュージカルなのかと思うほど、多くの変化を加えた。それだけ良い結果が得られたと思う。本当に嬉しい。個人的なミュージカルのキャリアとしても、良い作品に参加できたと思う。僕のフィルモグラフィーに「ドラキュラ」を追加できたことが嬉しい。これからもっとミュージカルを愛し、続けて行きたい。

ジェジュン:「トライアングル」をしたが、面白く、延長までして長かった。むしろ後半になると本当に楽しく、延長するともっとしたいという話まで出るほどだった。僕にとって、これから演技をするための非常に良い経験になった初主演作だった。前回、2つの役割をした。次もそのような次期作に出演するのであれば、また「トライアングル」で見せられなかった新しいキャラクターをしてみたい。運が良ければ、いつでも新しい作品に挑戦して良い姿をお見せしたい。

ユチョン:実は「海霧」が初の映画なので、映評賞(「第34回韓国映画評論家協会賞」)の価値やそういったことをよく分からなかったと思う。授賞式の後、チェ・ミンシク先輩と食事をする機会があったが、色々と話を聞きながら考えてみると、本当に重要で意味のある授賞式だという事が分かった。非常に意義深く、感謝する。映画を撮影しながら本当に良かった。映画とてもはまって、映画を楽しく撮影できた。誠実に、みんなと仲良くして行きたい。メンバーとも、会社の人ともそうだ。ただずっと仲良くして行きたい。その中で作り出すことが上手く行くと思う。みんな仲良くして、たくさん話を聞く必要があると思う。

JYJのドーム公演は2010年6月に開かれた「THANKS GIVING LIVE in DOME」公演と、昨年4月開催された「RETURN OF THE JYJ」の公演以来3回目で、今回のツアーとシングルリリースのニュースは、日本での活動が不自由だった時期を乗り越え、本格的に日本活動をスタートするという点から色々な意味で意義深い。

JYJは「人生の中でたった一度だけの出会い」という意味の「一期一会」ツアーを通じて、ライブステージをはじめ、さらに派手になったパフォーマンス、メンバー個人の一風変わった魅力などをそのまま盛り込み、より成熟したアーティストとしての面を見せた。

JYJの今回のドームツアーは18日と19日の東京ドーム公演に続き、大阪、福岡などで開催される。

(ソース 11/20 kstyle







▼ ジェジュン、チョ・ヨンピルに言及"'歩きたい'歌った理由?一人で聴くのが惜しくなって"

 JYJ、キム・ジェジュン、"趙容弼(チョ・ヨンピル)、尊敬する先輩"

 JYJ、キム・ジェジュン、趙容弼言及が話題になっている。
去る19日、日本東京ドームで行われたJYJ日本ドームツアーコンサート'一期一会'を控えて行われた記者会見には、ジェジュン、パク・ユチョン、ジュンスが出席した。

ジェジュンは、同日開かれたコンサートでチョ・ヨンピルの'歩きたい'を訴えるような声で歌い目を引いた。韓国語タイトルで'歩きたい'という意味のこの曲は、キム・ジェジュンが偶然に接するようになった。


jj2_201411210008564dc.png




 ジェジュンは、「以前、撮影のため済州島に行きましたが、車を乗って道路を走っている途中、'歩きたい'が流れて感銘深く聞いた。日本語バージョンがあることを知ることになり、韓国人初の日本ウィークリーチャート1位に上がったほど波及力が大きかった」と説明した。

苦心の末に原曲者であるチョ・ヨンピルに連絡を取ったジェジュンは、「チョ・ヨンピル先輩が快く承諾しながらどんな風に歌うのか"と言った。

さらに、「ガイドを作って送っており、チョ・ヨンピル先輩が'よく歌ってほしい'と励ましてくださって食事を一緒にしようと仰った」と伝えた。

ジェジュンはまた、「まだお会いはしなかったが、期待を満たす舞台を作った後、食事の席を共にしたい。韓国に帰ったらお伺いする」と感謝の気持ちを明らかにした。

(ソース 11/20 MBN





















にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

楽しかったですね。
まじょ様、こんにちは。
私も前日の夜から急にのどが痛くなり、18日は友達とグッズを買うために朝からドームに行く約束をしていましたが、急にキャンセルして、耳鼻咽喉科に行って治療してもらいました。
熱も少しあり、1日目はとてもきつかったですが、気合で2日間乗り越えました。

今回、2日間、私は夢のような席でした。
1日目はアリーナ中央のステージから10列目で2日目はアリーナの本当に一番後ろで友達と二人だけという珍しい席でした。
2日目の席はバックステージでのMCでジュンちゃん側で、ジュンちゃんが注目していた20歳という男の子のおかげで、3人とも近くによってくれて、3人の汗もしっかりとみることができ、友達と狂気乱舞してしまいました。
そこのところは私と同年代の人が多そうでしたが、「10代の人は声ちょうだい」から始まり、全ての年代をみんなで叫んでいると、ジュンちゃんが首をかしげながら、違う違うとリアクションしていましたよ。
ジェジュンの美しさ、ジェジュンがこちらを見るたびに卒倒しそうになりました。
こんなに運を使ってしまい、これから生きていけるのでしょうか?という感じです。
ところで、新曲、ダンス曲でおどろきましたね。
さわやかで覚えやすそうで、テレビでCMやドラマと提携できたるといいですね。
日本活動、順調にやってほしいですね。
あと、ダブルアンコールでのまさかのBegin、CDでは聴いていましたが、生では初めてなので、とても感動しました。
やっと、5人のころの歌が歌えるようになったんですね。

Re: もぐこさんへ
 こんにちは~~
て、なんですかっ!!!その神席
私は両日とも豆、いや芋くらいかな~~
アリーナはどういう人が当たったんだろ?と思ったけど、けっこう知り合いが当たってました なんでまじょには来ない??
でも、アリーナが無しならど真ん中で聴きたいという希望は叶いました^^
東京は、温かかったけど風が強くてすごかったですね 
喉ピッピ持参して正解だったかもです
もう、良くなりましたか?

私の席の近くで、やけに響くきゃー!を連発してる集団がいるな と思ったらやはり10代元気少女たちでした
やっぱり必要ですねええ 
と言いつつ、けっこう私も叫んでたかも?あれはおっさんじゃないよ~
2日目は双眼鏡で追っかけてました 腕が疲れた=

ところで、新曲、軽いのチョイスしてきましたね(笑)
いつ出すのかな?
そそ、そのまさかのBeginですよね これでJJペンになったような私めなので固まりました
危うく、その前のステージが全部ぶっ飛びそうでした
ラストに、しかもフルで歌えるようになったんですねえ
エイベが著作権持ってる曲ですよね いや~~これいかに?
でもどんどん歌って~~ haha
さとちさん、こんばんは。
19日はほんとにバタバタで、すごく申し訳なかったです(ToT)
私的にはもうちょっと時間あるかなと思っていたんですが、ドームから出るのに思いのほか時間が掛かってしまって・・・
途中退場なんて、いっそ行かないほうがいいのかなとも思ったんですが、やっぱり1年振りにさとちさんとミドチンさんにもお会いしたかったし、他の方々ともこんな機会じゃないと会えないので、ご迷惑かと思いつつも参加させて頂きました。。。

オフ会でさとちさんとライブの話もしたかったんですが出来なかったので、こちらでちょっと書かせて頂きますが、私はステージからちょこっと左寄りの3塁側スタンドの最前列!だったんです。だからムービングステージからすごく近くて、3人の顔をちゃんと肉眼で確認しました。
ジュンちゃんのじゅんじゅわー、見ちゃった。この目で見ちゃいました!
それだけでも幸せだったのに、その後まさかのトロッコ登場、しかも私の目の前を通ったのはジェジュンくん&ユチョンくん。
この目の前の数メートル先に、彼らがいたんですよぉ~、さとちさん!!

私は今回のライブが初の生ユチョンくんだったんですが、彼の笑顔、反則ですよねぇ。
彼に一度ハマるとそこから抜けられないっていうの、よく理解出来ました。

それにしてもやっぱり、プロってすごいですね。
3人それぞれ他のお仕事もいろいろあって忙しいだろうに、そんな中でもあれだけのステージを作り上げるなんて。
しかもアジアツアーとは違うセットリストですし。
今さらだけど、彼らはやっぱり、ステージに立つべく生まれてきた人たちなんだなぁって思いました。

あぁ、思い返しても思い返しても足りない。
これから大阪・福岡に行ける方が羨まし過ぎる!

追加公演とか、ないんですかねぇ。

ない、かな(笑)
Re: ともさんへ
コメントありがと~~^^
いえいえ、時間も無い中よく来てくれましたよねえ
ゆっくり話もできなくて残念だったけど、元気そうでよかったですう

しかしまー、いい席でしたねええ!
私は18日がそのもっと上の方だったんですよ 最前列の人いいな~と思ってました
あの楽しいトークが間近で見れたなんて 最高ですね
トロッコ!逆側にいたJJペンさんが泣いてました haha(と笑う悪まじょ)
19日はカメラ入ってるって言ってたから、ひょっとしてともさんDVDに映ってるかも!!!
出たら探してみましょう 笑

お~~そんなに素敵な笑顔だったんですか?ユチョ師匠
正直、声援すごかったですよね こりゃますますヤババだわー

聞いたところによると、やっぱりJYJのステージは相当レベル高いみたいですよ
常に忙しくしてるから声ひっくり返ったりするんじゃないかと思ってたけど、そんなことなかったし
ダンスも、まだまだ磨いて30代になってもmissionぜひ披露して欲しいよね

なんだか実感が湧かず、あれ?あの曲はどうだったっけ??と、また観たい衝動にかられてます
行けないのに航空便調べてみたりで未練たらたら~~それもまた楽し♪
ともさんも、東京のみだものねえ
どうせなら福岡ォーラスいいですなー 
チケットが来てるのに生唾飲んで見ている私^^;
追加公演、神頼みちゅーです(もち私は札幌で)

仕事、頑張ってね~~^^)/
次は、こじんまりと会いましょうか
二日間有難うございました
まじょ様

先ほど みちのくに帰りました

 まじょ様と2日間並んでJYJ生見てきたんだ~~
何だか 現実離れした気分でいますが・・・

オフ会 幹事さんたちのおかげで
よかったですね

ちゃんと 「第1回まじょ好ブログオフ会」って栞があるので
夢じゃなかった^^

そそ、ふだん 静かな片田舎暮らしの私が
2日間いつもと違う 高さと大きさの声を出したら
20日の朝、変な声になっていて 一人で笑ってしまいました

第2回のオフ会には
いまより元気で参加出来たらいいなぁ・・

頑張ろうっと^^

有難うございました

あ、肝心なこと

いも?ほどでしたけど
三人のかっこよさは目に残っていますし
重なりあった歌声もしっかり残っています
「美しい」と思いましたよ^^


Re: 春花さんへ
 コメントありがとうございます
お返事はメールにしますね^^