Post

        

映画界は年末の話題& SMの海外練習生モデルは、、ほか    

category - JYJ
2014/ 10/ 14
                 




 早くも、年末の賞獲りレースの予想が

▼ パク・ユチョン、イ・ミンホ、新人とは思えない新人たち

'商業映画界で目立つ男性新人ない'
'青春スターの映画俳優転換'


 3分の2を過ぎた2014年の映画館街に新しい新星の誕生はあるのだろうか。

y1_201410131649063ae.png

 第4四半期だけを残した今年の劇場街は、'ずぶの'新人の発見が少なかったというのが大方の見方だ。
昨年'ファイ:怪物になった子の'のヨ・ジングのように 短期間でお茶の間劇場からスクリーンに越えて来たケースもほとんどなかった。女優では'人間中毒'のイム・ジヨンがセンセーショナルな登場を知らせたが、イム・ジヨン他の新人女優も弱い。

独立シアター界まで視線を拡大してみれば、それでも可能性を見た。'シャトルコック'のイ・ジュスンが釜日(プイル)映画賞に新人男性演技賞を、'巨人'のチェウシクが第19回釜山国際映画祭で今年の俳優賞'を受けた。

 それでも注目すべき部分は、青春スターの映画俳優安着だ。
チェ・スンヒョン(BIGBANG)とイム・シワン(帝国の子供たち)が成功的に映画界に位置づいたアイドルに挙げられたが、彼らの後を '海霧'のパク・ユチョンが継ぐことになった。

 ドラマ'成均館スキャンダル'、'屋根裏部屋の皇太子'、'会いたい'などで演技者として注目されたパク・ユチョンは、去る8月に公開した'海霧'で 初のスクリーンデビュー式を行い好評を受けた。ホームとはまた他のキャラクターで、キム・ユンソク、キム・サンホ、ムン・ソングンなど力のある中年の演技者たちの間でも遅れを取らず、存在感を表した点が目立った。もう今から 年末映画祭男性新人賞 有力候補に取り沙汰されている。

以下略

(ソース 10/13 Osen


早くも年末の話題が、
日本公演が決まらぬことには、年末きてもらっちゃ困るJYJファン
頑張ってくださいよ~~



江南フェスで初めて写真を作ってみたという このサイトさん(Only JYJ)
なかなかの腕前ですよね


y3_20141013184954164.png

y4_201410131848309f4.png

y5_201410131848297e6.png

jyj1_20141013185439d59.png








面白い動画がツイでRTされていたので


ジェジュン Go Fight!  


jjekojj さん作




あ~~心にィ 愛がなければ~♪
スーパーヒーロー(のファン)じゃないのサ~









■ SMの海外練習生モデルは失敗した

【キム・ホンシクの文化ビビンバ】
SMの海外現地化戦略、全面再検討しなければならない


 2010年の演技大賞授賞式舞台に立って以来、JYJの姿は国内放送から消えた。
その後、JYJが放送に姿を二度めに映したは、今年9月が初めてだった。なんと4年余りだった。
しかし、JYJの放送出演は、放送局の正規番組ではなく、'2014・仁川(インチョン)アジア大会'の開幕式の舞台であり、単に中継放送されただけだった。最初はこの舞台も許諾されておらず、議論が起きた。
JYJがアジア大会広報大使として2年間活動したのにだ。
不公正、外圧論議が起こると、組織委員会側は急いで彼らの開幕式の出演を決定した。
しかし、当初の約束は守られなかった。
JYJは開幕式に上がったが、それは、半分の約束の履行だった。
閉会式の舞台には上がっていなかったためだ。

 このようなことは、事実JYJには通常のことだ。
JYJはSMエンターティメントトとの専属契約効力停止仮処分申請以降、似たようなことが続いてきた。
特に、地上波3社でJYJという名前で出演することは、'見えない'タブーだった。
SMなど大手芸能企画会社が主軸であるある芸能産業協会は公式的に各放送局に公文書を送ったりもした。このため、当初JYJの多くの放送出演スケジュールはキャンセルされた。
放送局だけでなく、彼らの機嫌をうかがっている文化産業関連団体はJYJ出身を憚(はばか)った。

 2013年5月には JYJメンバーパク・ユチョンの<ユ・ジェソク、キム・ウォニの遊びに来て>出演が急きょキャンセルされた。MBCドラマ<リプリー>出演者たちと共にするコンセプトだったのにという話だ。KBS2TV<うなぎのぼり>では収録1日前に出演がキャンセルされることもした。済州KBSの<済州7景観祈願特集放送>は放送4日前に出演キャンセルが通知された。大韓民国で彼らは自由ではなかった。


jyjj.png


 2013年7月、公正取引委員会は、SMに事業活動妨害行為禁止、是正命令を下した。
しかし、法的な攻防が終わったにもかかわらず、JYJの国内放送活動は容易ではなかった。
放送出演だけではなかった。
この2月にはJYJのドキュメンタリー<ザ・デー・>の劇場上映が急に取り消され、ケーブル・衛星TVチャンネル放送計画も急に編成が取り消された。すでに予告編も出た状態だった。
アジア大会開幕式には上がったが、JYJの国内放送活動の再開は容易でなさそうだ。

 JYJの事例は特異なケースだった。大手芸能企画会社を相手に訴訟を提起したためだ。
簡単でない訴訟行為だった。巨大所属事務所に憎まれようになれば、国内活動が難しいからだ。


 EXO-Mの事例を見てみよう。
3年目しかなってないEXO-のメンバーが相次いで脱退した。クリスに続き、ルハンまで専属の無効を主張する訴訟を提起した。海外出身であるため、不適応の問題が大きいという指摘もあるが、根本的には、'インキュベーティングシステム'の矛盾が取り上げられている。
韓国だけの独特な芸能企画システムと呼ばれる'練習生のインキュベーティングシステム'は、多くの時間と努力が投与されなければならない。また、各個人に犠牲を要求する面も大きい。こう見ると、韓国人によく合っているシステムだと思われる。

(※ インキュベーティングシステム:韓国独自のアイドル養成システム。芸能事務所が自らオーディションをしてスター候補を選抜し、練習生としてダンス、歌、演技など厳しいレッスンを課して自前で育て上げるやり方)


exo1.png


 問題は、個人が感じる不当さについて企画会社や所属事務所がどう対応するかだ。
大型企画会社の所属であればあるほど、その影響力のために不当な契約状況で、これを破棄することは容易ではない。SM程度の芸能企画会社ならなおさらだ。
だが、海外出身のメンバーはこのような点からは離れている。海外出身でも中華圏出身はなおさらだ。
最初にSMが中華圏出身のメンバーを練習生に選抜したのはそちらの市場が非常に巨大ためだ。
このような脈絡で、SMは、欧州や米国よりは中華圏を狙ってきた。
中華圏でコミュニケーションや文化的融和など、韓国出身のアイドルグループのメンバーらは多くの限界を露出させてきたから 他の企画マネジメント戦略が必要だった。SMが選択したのは現地化戦略だった。現地化戦略にはいろいろな種類があるが、SMは中華圏の言語と文化に慣れている志願者をアイドルグループのメンバーとして'インキュベーティング'した。

 しかし、彼らを韓国方式で育成することや、マネジメントすることが適切だろうか。
当初の契約事項と活動上の不快不当さは 脱退のよい名分になってしまった。
国内のメンバーたちは、不当な待遇を受けていても その後の活動制約を受けることに対する恐怖心を持って忍耐する場合が多い。もしくは もとから活動を終わらせるつもりで脱退を決行する。
だが、海外出身らはそういった恐怖を持つ必要がない。しかも、彼らには広い活動領域がある。中華圏の市場は、ハリウッドも左右するほどだ。
SMをはじめ大手芸能事務所各社がいくら影響力があるといっても、韓国のように中華圏を'コントロール'することはできないからだ。暗くじめじめしたところでカビが生じるだろう。最初から矛盾が多い韓国の芸能企画会社は、もっと広い市場に行くための中間駅に過ぎなかった。これを 国家主義的観点から非常に高く評価して、韓流のブームのための手段として付和雷同(安易に同調)することはもはや困難である。

 したがって、SMの現地化戦略は前面再検討をしなければならない。
韓国の芸能マネジメントシステムは、韓国の非正常的な状況の中で'Kポップ韓流現象'を作り出した。
しかし、それは普遍的システムとして適用されるには限界があまりにも明らかになった。いやこれは、海外出身のメンバーだけに当らない。
クリスとルハンの訴訟とは別に、韓国の芸能企画システムの矛盾を改善する努力が優先されなければならない。
これ以上韓国の若者たちの苦痛な忍耐や恐怖を基盤に'Kポップ'の韓流を持続するのは限界がある。
それは一時の矛盾に基づいた異常な現象だったことを認めなければならない。

(ソース 10/13 大衆文化評論家キム・ホンシクの文化ビビンバ




昨日、2010年のTV出演の動画がtwitterでRTされてて、なんでかな?と思ってたら
このコラム読んで、嗚呼、そうか と また見て、、、



101231 KBS2 演技大賞おめでとう JYJ 찾았다 



ずいぶん若かった 可愛かった

今見ても、
やっぱり緊張するわあああ 


時を同じくして 二幕のTeaserMVが映画館で放映されて
TV広告はすでに話題になっていたけど
1/1~1/31まで、韓国国内全域 計436箇所でのキャンペーン
60秒のMVが一日5回 トタール7万回!でっせー 奥さん
そして日本でも ものすごい広報が展開されて
それが出来る力というのは、やはりたいしたもんだ
使い方さえ間違えなければ




懐かしい写真 

無題
無題3


師匠、授賞の瞬間 

無題5
 
授賞が決まってステージへ

無題2




切なさと 懐かしさ

こうなると自分はどうだったかと 鏡見るのもォソロすいけど^^
一緒に歩いてきたんだなぁ
と、しみじみ思いますね 







皆さんの所は、台風どうですか?
大丈夫でしたか?

台風が去ったら 北海道は峠に雪が降るらしいです








にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント