Post

        

JYJ台北公演の報道(台湾メディアとの衝突?かなり大げさ) 

category - JYJ
2014/ 09/ 12
                 




JYJ、アジアツアーで台湾を魅了…9000人のファンが“熱狂” 


kstyle.jpg

 JYJが台湾の9000人のファンの前で150分間に渡る完成度の高い公演を披露した。

12日午前、C-JeSエンターテインメントは「JYJが11日午後に台湾TWTC南港展示ホールでファン9000人余りの熱狂的な反応の中で、アジアツアーの台湾公演を盛況のうちに終えた。平日だったにもかかわらず9000席全席がびっしり埋め尽くされ、3年ぶりに訪れたJYJの公演だったが応援と支持はさらに深く固いものになった」と述べた。

台湾のファンたちは、JYJが公演の途中で話をするたびに通訳がなくてもメンバーたちの話を理解して反応を見せた。ファンたちは韓国を愛し、JYJを愛しているため、韓国語を一生懸命に勉強していると答え、これに対してJYJは「お互いに異なる言語を使う人同士が音楽と情熱で1つになり、同じ場所で共感することはとても素敵なことだと思う」と答え、ファンに感謝を伝えた。

特に、香港のアーティストであるイーソン・チャン(陳奕迅)の「十年」が流れると雰囲気は絶頂に達した。ファンたちは一緒に歌を歌い、JYJの気持ちに感動した。JYJは「台湾に来て美味しいものをいっぱい食べて、最高層のビルに行って夜景も見た。これからもJYJと一緒に頻繁に来る」と約束した。

JYJはさらに濃く、完成度の高いライブステージで観客を熱狂させた。2ndアルバムのタイトル曲「BACK SEAT」と「BaBoBoy」「Letting Go」で華麗なダンスステージを披露しただけではなく、「In Heaven」「Let Me See」「SO SO」などのステージを通じてメンバーたちの絶妙なハーモニーと歌唱力で客席を魅了した。

公演が終わった後、JYJは「幸せな公演だったし、互いに通じ合えるステージになった。気楽に公演を披露できたし、この幸福感は観客の方々からもらえたようだ。忘れられない夜になりそうだ」と感想を述べた。

ソウル、香港、北京、ホーチミンに続き、青島、台北で爆発的な声援を受けたJYJのアジアツアー「THE RETURN OF THE KING」は、20日に中国の上海で7番目の公演を続けていく予定だ。

(ソース 9/12 kstyle







こちらは、記者会見場での件に関する ニュース記事
ある意味 "なんじゃらほい?!"




▼ JYJ側 「台湾メディアとの衝突報道は誤解…ボイコットはなかった」

 JYJが台湾公演の前に開催した記者会見で現地のメディアと衝突したという一部の報道について、所属事務所が「誤解だ」と強調した。

C-JeSエンターテインメントの関係者は12日午前、OSENに「記者会見場で写真記者らにフラッシュを自制してほしいと頼む過程で、台湾の司会者と記者の間でミスコミュニケーションがあった」と明かした。
※この件が韓国で「また衝突」と報道され、まるで暴力事件が起きたかように誇張されたことに理解できないと残念がった。

さらに「写真記者5~6人が司会者のコメントについて抗議したが、ボイコットではなく、また戻ってきて円満に取材を続けた。コンサートの取材までしっかりと終えた」と付け加えた。

また、台湾の記者会見の現場にいた同関係者は「JYJは記者会見場で記者たちが抗議する中でも笑顔を失わず、現地の記者たちと30分ほどインタビューを続けた。戻ってきた記者たちのためにももう一度ポーズを取るなど、プロの対応を見せた」と説明した。

これに先立ち、あるメディアは11日、台湾・南崗展示館のカンファレンスルームで行われたJYJの記者会見の際に、写真撮影をめぐって主催側と記者の間で衝突が起こり、50人余りの記者がボイコットする事態が発生したと報道した。

(ソース 9/12 kstyle



上記事の ※韓国で「また衝突」と報道され の1例


■ また、取材陣と衝突…JYJ、台湾記者50人のボイコットでダメージ

 グループJYJが、台湾公演を控えて現地取材記者たちの冷淡な反応でダメージを受けた。

12日、台湾のチャイナタイムズオンラインは、JYJが11日午後8時(現地時間)、台湾台北の南崗展示館での公演を控え、記者会見に出席したが、記者らの大半が現場を離れる状況が演出されたと報道した。台湾の現地取材記者たちが集団で取材をボイコットしたというもの。

ボイコットの理由は、写真記者と主催側との間の衝突のためだった。
報道によると、JYJが写真記者席に座り質疑応答をする手順で、1台だけ記者が写真撮影を試みたが、進行要員がこれを阻止して台湾の取材陣がこれに不満を抱いた。

当該写真記者は、「インタビューの際、写真撮影ができないと知らせなかった」と抗議し、結局、台湾記者50人余りが席を離れるという前代未聞の事態が発生した。現地取材手順、慣行をきちんと理解していない主催側の未熟さが明らかになった瞬間だった。

 JYJは、仕方なく半分以上が空いてしまった取材記者席に向い合ったまま残りの質疑応答を続けた。
キム・ジェジュンは笑いを爆発させ、パク・ユチョンは韓国から来た顔見知りの記者を発見して手を振るなど、ぎこちない状況が繰り広げられたという話だ。

このような困惑した15分の質疑応答の時間が終わってフォトタイムが開始されたが、大半の記者たちが現場を離れた状態だったため、司会者は記者たちに再び記者会見場に入ってくれることを要請した。しかし、これも記者たちがすべて入ってくる前にフォトタイムが終わり、また一部メディアの不満を招いてしまった。これに対して、主催側は疎通の問題だったと釈明したが、韓国側はどのような立場も示さなかったという。

 報道によると、JYJ側のこのようなミスは初めてではない。昨年4月、キム・ジェジュンが単独コンサートで台湾を訪れた当時も、撮影位置で現地のメディアと韓国側スタッフ間の衝突が発生していると報道は付け加えた。

一方、現地メディアによると、11日、台湾の台北南港展示館で開かれたJYJのアジアツアー'THE RETURN OF THE KING'は、7千人の観客が埋まって約10億ウォンの公演収入を上げた。
JYJは公演で完全体の舞台、ソロ舞台、そして中国語圏のファンのための中国語の歌の舞台まで計24曲を熱唱した。しかし、韓国主催側の未熟な進行、現地マスコミとの不調和がJYJ軍入隊前の最後のツアーという大長征を色あせさせた。


(ソース 9/12 TVレポート



別の韓国記事では

■ JYJ 側 “台湾取材陣ボイコット? 円満に解決された事項”

(重複部分略)

  関係者によると、同日、台湾現地の司会者は、JYJのフォトタイムの後の質疑応答の時間 取材陣に、「インタビューするときは近くでフラッシュをたくと、目が眩しいので自制してほしい」とコメントした。これに6~7人くらいの写真記者たちが「このようなやり方では取材できない」と、ボイコットをしたのは事実だ。

しかし、その後、司会者が、「私が軽率に言った」と謝罪し、「戻ってフォトタイムを進行してほしい」と要請し、その後、円満にフォトタイムが行われたというのが、現場にいた関係者の説明だ。
報道のように50人余りの記者たちがボイコットしたのは事実でないことが明らかになった。

 一方、JYJは11日、台湾TWTCの南崗展示館で9千人のファンたちの熱狂的な反応の中で アジアツアー台湾公演を終えた。

(ソース 9/12 newsen



良くない話は なんでも大ごとにしまんなーー
JYJとなると俄然力が入る所もある

コンサートの参加者数を盛るのはよくある話ですが、
9000と7000 とは、ま~~極端な  


中間で8000てとこかしら~  

韓国国内向けの記事は、メディアそれぞれのJYJに対する目線というのも伝わってきますね









にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

台湾~☆
まじょ様  おはようございます

朝晩は 寒い位で よく眠れて困ります^^

アジアツアー
それぞれの 色ありますね

まだ終わったわけではないけど
スコールの洗礼受けたベトナムもよかったし

この台湾は何で?っていう程の
三人の気持ちの明るさ伸びやかさを
動画追うだけでも感じました

日本ではもっともっと って
何だか欲が出て来ましたよ^^

で、またまた いいことあると
面白くない立場の側から出た
変な すぐバレルUSO!
何やってんだか・・

それもこれも 吹き飛ばす 快感~~☆

ジュンちゃんが 黒髪になったもんで
え?っていう バランスも
よかったなぁ・・

頭でJYJっていうのも
思いっきり 笑えました
まぁ何にしても、仕切りの悪さには閉口しますね。

C-jesがこの会見にどのくらい関わっているのか判りませんが現地の主催者との手順などの打ち合わせが徹底されてないし・・・、

その上会場での0席問題、ぷーわん氏によればこんなこと外国(韓国)では当たり前とか・・・
いつも必死でチケ取りに参戦してる我々が可愛く思えますよ!!

最近、本当にいろんな面で日本との考えの違いにゲンナリすることが多いですね。
ちょっと救われるのはジェジュンが我々に近い感覚をもっててくれるという点で応援してますが・・・・。
Re: 春花さんへ
 こんにちは^^

こちらも、朝晩は半そでもう無理ですね
今日は、ストーブの調子確認してみたところです
秋が来ますねえ

台北、遅々として"行った気"が完成しないので 腐ってます(ははそれ程のことでもないだろー)
だんだんファンも、動画はもういいわ になってきてるようですね
面白かったですよね 台北は
音もけっこういい会場じゃないかと思いました
なんたって、本土に比べると観客が落ち着いてる感じでよかったデス
日本、ぶちゃけ11月からだそうですが(真偽は不明 苦笑)
ジェジュンのFMとかね、おいおい~て感じですよ
根回しとか大変なんだから~~~自己都合の話です^^;

ジュンちゃん黒くして正解ですよね 
ある俳優さんが、仕事で金パにしてたらある時ごっそり毛が抜けた と言ってましたよ
笑い話してるうちが花ですよねーー haha (←笑うし)
なにかと秋深し、、な気分です
Re: よ~ちん さんへ
 韓国アイドルの追っかけしてる以上、あちらとの縁は続きますが
なんか ほんと、もーやだっ と思ってしまいますよ
当たり前と p-わん氏が?
ファンもね、あ==面倒くせっ とさっきツイみて一人吠え
JYJコンの動画探ししてるのも、ある意味健康的なファンライフかと思うこの頃です

C社は、音楽興行には疎いまま改善している気配が感じられないのが痛い
小言は言いつつもずいぶん見守ってきてるのに

ジェジュンですか?
いやぁ、正直、私にはちょっと判り兼ねる、なんで?な所もありますけど
溺愛ゆえの悩み みたいなもんですが、
ツイのヘッダーとアイコン、どうしたんでしょうね
気になってます
記者50人退場って
  韓国報道だから話半分だとしても
 「ワオ!そんなに集まっていたんだ~!?」ってなんか嬉しくなったんですけどアタシ(笑)
 
 退場したのは何人か、なんて数えるほど暇な人が会場にいたのかしらん。

 あ!でもアタシもジェジュンの映画の時、最後のあの素敵な歌声を聞かずに帰っちゃう人を 毎回数えてたわ(笑)  人のこと言えんわな~アハハ

 そろそろ涼しくなってきましたねぇ
 まじょ様?ご自愛くださいね~!

 


 
Re: もっちゃんへ
 ええ~~!
そんな数で満足ですかいなっ?!
やっぱ百人は欲しいですね~♪
て、多分、50人と書けばほぼいなくなった
すかすかな記者会見、て事を言いたかったんじゃないスか?
TVリポートの馬鹿たれめが=

と、ここで燃えてどうしようってんでしょ? へへ
もっちゃんも、お元気でね~