Post

        

日本オフィシャルJJ挨拶&FB&ユチョン色々

category - JYJ
2014/ 07/ 23
                 




 やっと、JYJ JAPAN OFFICIAL HPに、
ジェジュンからの Fanclub 2周年記念メッセージが公開されましたね

あんまり遅いんですっかり忘れていたという (^^ゞ 
ユチョンジュンスも5月だもんねえ


ますます日本語が上手くなったような気がして
つい、PC画面に向って挨拶した
(「じゃねー」と手も振っといたー 



三人三様の挨拶

1_20140723135733e09.jpg3_2014072313575498e.jpg


ジェジュン、ひょんらしく締めてました 
ま~こういうのはジュンス無敵な可愛さだな 笑


ジェジュンにこう言われちゃなんだけど、
"あんまり繋げてもらえてる気がしない" のが痛いとこですわ


しかも、ツベUPの早かったこと
遠慮の「え」の字もないね
毎度のことながら、会員限定意味ないのぉ~^^;

http://youtu.be/ghEGRKMl-7g







本日、 ファン界隈を賑わせた ジェジュンのツイート


無題

判る人がいるのかと思いきや、皆さん「なに?!」
でも、日本に関係あるのは間違いない
メンバーシップweekのショーケースは8/2、3
8/1 、さて なんだろう
楽しみ^^






 昨日(22日) ジュンス主演ミュージカル ‘ドラキュラ’の激励に オペラ劇場を訪ねたユチョン


JYJ Facebook

「僕たちは本当に完璧だ」

BsjLozQCAAAu5C4_2014072318012636f.jpg


22日の上演、ちょっと雰囲気だけ^^

 140722 뮤지컬 드라큘라 JUNSU 준수 프레스콜 " Mina's seduction "

ELLA XIAさん


 140722 뮤지컬 드라큘라 JUNSU 준수 프레스콜 " it's over" 전반부

ELLA XIAさん








 これを読んだら、ほ~んとに"海霧"が見たくてたまらなくなったのね^^


▼ '海霧'が濃い、一筋の光のようにパク・ユチョンが輝く
[sporttoday ソンファシン記者]

2014072215244233155_6.jpg


 一寸先も見えない海の霧の中で、一筋の光が降りたら それは灯台の灯か。
8月13日、海の霧の中で灯台の灯よりもっと明るい一筋の光が姿を現すだろう。

 映画'海霧'(監督シムソンボ)でスクリーンデビューを控えた俳優パク・ユチョン
彼の善良な目つきが海の霧を開けて観客の心に届く準備をしている。'闇が星を輝かせる' と どこかの詩人が言ったっけ。闇が深ければ最も明るく輝く星のように、パク・ユチョンは濃い海の霧の中で初めて最も明るく輝くだろう。

パク・ユチョンが'海霧'の中で一筋の光であるのは彼が苦痛や闇に案外似合う俳優ということだ。ユチョンは最近、ある月刊誌とのインタビューで、どのような役をしたいかについての問いに、こう答えた。「新たな役にはいつも挑戦したい。いろんな事があったけれど苦痛を感じる役に心が傾く。」


無題


'温厚な'表情のパク・ユチョンに'苦痛'とはどういうことなのかと思うが、彼の前作のドラマを見るとすぐ頷ける。MBCドラマ'会いたい'(2013)と、5月に終映したSBSドラマ'スリー・デイズ'で彼が演じる役たちは皆、自分だけの深い苦痛を持っている人物だった。

特に'スリー・デイズ'でパク・ユチョンは、事情をもつ警護員ハン・テギョンで、一層深まった内面演技を披露した。彼はまるで自分のようにドラマの人物の苦痛を心で目つきでくみ上げ、その眼光に多くの視聴者が温かい慰労のようなものを受けた。パク・ユチョンは多くの痛みを見たかのような様子だった。

 パク・ユチョンは、苦労一つなく育ったことが当然のような貴公子的外見を持っているが、実はそうでもない。去る1日、'海霧'製作報告会で俳優キム・ユンソクは、「ユチョン君は年に比べてとても独自の世界での経験が多いよね。温室できれいに育ったお坊っちゃんではなかった」と言って、彼を真の'マン(man)'と証言したりもした。

パク・ユチョンが苦痛を感じる役に心が惹かれたり、実際にその役を見事に消化するのは、彼の心に人間に対する'憐憫'がうずくまっているからではないか。普段苦しむ人に関心を持たない人が 彼らの苦しみを共感しなければならない演技をするのは難しいだろうということである。パク・ユチョンは、'レ・ミゼラブル'式の悲惨な人物たちを演じ、世の中の苦痛に加わりたいのだろうか。


無題2


 '海霧'の登場人物たちも、多分'レ・ミゼラブル'らだ。満鮮の夢を抱いて険しい海に向かう極めて平凡で貧乏な人々。パク・ユチョンは、'チョンジン号'の末っ子船員ドンシクになって、一寸先も判らない海の霧の中で手の施しようもない事件に巻き込まれるようになる。密航者を運びなから経験する霧のような状況の中で、ユチョンは純粋な魂ドンシクの苦痛を代弁するだろう。

予想するに、今まで彼が演じた役のうち'海霧'のドンシクほどパク・ユチョンの特別さをよく発現できる人物もないだろう。パク・ユチョンの特別さは彼の善良な目つきにあるが、ドンシクは彼が演じた役割の中で一番善良な目を持ったキャラクターであるからだ。また、'海霧'はパク・ユチョンが'スリー・デイズ'のハン・テギョンと共に一気に深まって成熟したという評価を受ける時に出逢った作品だからもっと特別だ。
このように、パク・ユチョンにとって'海霧'が特別なのは、初のスクリーンデビュー作という点のほかにもいろんな理由がある。

 '海霧'の制作を担当したポン・ジュノ監督は述べた。パク・ユチョンという優れた俳優を 私たち映画界は得ることになったと。
8月13日映画を見た観客たちはどんな言葉を言うことになるのだろう。
パク・ユチョンは、ドンシクの喜びと悲しみそして苦痛と一つになったらきっとこう言うだろう。 海の霧が深く、その中に一筋の光のようにドンシクが輝いたと。

ソンファシン記者
(ソース 7/23 スポーツトゥデー



'海霧' トロント国際映画祭で上映決定


▼ ユンソク、パク・ユチョン'海霧'トロント映画祭ガーラ公式に招待

 俳優キム・ユンソクとユチョンが出演した映画'海霧'が、第39回トロント国際映画祭に公式招待された。

23日、投資配給会社NEWは"'海霧'が9月4日に開幕する第39回トロント国際映画祭ガーラプレゼンテーション部門に公式招待された"と明らかにした。

'海霧'は、トロント国際映画祭のメインセクションであるガーラのプレゼンテーションに、今年の韓国映画の中で唯一招待された。北米最大規模の映画祭であるトロント国際映画祭は、北米市場進出の足場と考えられるほど影響力が大きい。公式の競争部門なしで観客賞が存在する。

'海霧'が招待されたガーラプレゼンテーション部門には、'ノムノムノム'と'下女''監視者'が招待された。'海霧'が韓国映画では4番目だ。

トロント国際映画祭の芸術監督のキャメロン・ベイリー監督は、「'海霧'は本質的にそして感性的に観客を捉える魅力があるドラマだ。シムソンボ監督は印象的なデビュー作品を披露しており、彼の強烈な演出方式で世界が韓国の監督たちを注目するようになった」と明らかにした。

シムソンボ監督は、「1998年IMF時代、韓国の小都市で生きる平凡な船員たちの話が、トロント国際映画祭を通じて全世界の聴衆たちに披露できることになり胸がわくわくする」と述べた。

'海霧'は、先に第67回カンヌ映画祭マーケットで10分間のプロモーション上映で、日本、フランス、台湾、香港、シンガポールなど5カ国に先行販売されていた。今回のトロント映画祭で好評を博した場合、世界のバイヤーたちが一層注目するものとみられる。

(ソース 7/23 moneytoday starnewsから抜粋)


ユチョン、これはぜひ参加してほしい
するよね?
 








にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント