Post

        

ジェジュン「人間味あふれるヨンダル」演技するのが楽しい

category - ジェジュン
2014/ 05/ 11
                 




 これは嬉しい記事でしたね


▼ キム・ジェジュン“人間味あふれるホ・ヨンダル
…演技するのが楽しい”


63340501_2.jpg
トライアングル'で見せてくれるジェジュンの荒々しい強烈な演技は、以前の作品で見せてくれたものとは全く違う魅力を与える。はっきりと変わったという印象を与えつつも、まるで自分の服を探して着た姿だ。演技を楽しんでいるという意味だ。写真提供|、テウォン・エンターテインメント


月火ドラマ ‘トライアングル’ 主演引き受けたキム・ジェジュン

"これまでの本部長のような役割には触れず"
ヨンダル役、むしろ水月…自分の服を発見した感じ
入隊前最後のドラマなる可能性が高い
壊れる演技も厭わずに全身で熱演



 変わった。

 ある種の決心があったのか。
グループJYJのメンバーであり、演技者ジェジュン(28)が確実に変わった


その変化の始まりは、MBC月火ドラマ'トライアングル'。
5日に放送を開始して2回しか公開されていないこのドラマで際だっていた主人公がまさに彼だ。アイドルグループのメンバーで 日本をはじめ、世界の舞台を行き来するスターの姿をうかがうことはできない。完全に本気になったジェジュンがあるだけだ。

 トライアングル'は、江原(カンウォン)道のある小都市を背景に、幼い頃別れた三兄弟が再開して経験する話だ。ジェジュンは兄弟の中で二番目ホ・ヨンダル役。
これまで整って乱れることのないキャラクターを主に担当した彼は、"犬ごみ"と呼ばれるほど下流人生を生きていくごろつきの服を新たに着た。
人妻をだまして金を巻き上げて、通行人に喧嘩を売りながら警察署を行き来することも躊躇しない人物だ。


先に出演した作品と比較したとき、全く違う魅力の役で、ジェジュンはまるで自分の服を見つけてて着た姿だ。荒い大使と行動も詰まることない。演技を楽しまないと不可能なことだ。
先立って出演した作品と比べた時全然違った魅力の役目だが金在中はまるで自分の服を探して着た姿だ。荒い大佐和行動もわだかまりない。延期を楽しまなければ不可能な事だ。

最近、開かれたドラマの製作発表会でもジェジュンは楽しみながら演技する心を先に示した。
最近開かれたドラマ製作発表会でも金在中は楽しみながら演技する心を先に、現わした。
を背景で幼い時別れた三人兄弟がまた会って経験する話だ。金在中は兄弟の中国で二番目ホ栄逹役。その間正しくてほつれないキャラクターを中心に引き受けた彼は劇中"ゲスレギ"と呼ばれるほどに下積み人生を生きて行くごろつきの服を新たに着た。人妻を欺いてお金を取り外して、行人に喧嘩を売って警察署を行き交う事も躊躇しない人物だ。

先立って出演した作品と比較したとき、全く違う魅力の役割で、ジェジュンはまるで自分の服を見つけて着た姿だ。荒い台詞と行動も詰まることない。
演技を楽しまなければ不可能なことだ。

 最近開かれたドラマの製作発表会でも、ジェジュンは楽しみながら演技する気持ちを示した。

「これまで演じた本部長のような役割は 直接生きてみたことがないキャラクターで理解するのが難しかった。ホ・ヨンダルは人間味あふれる人物なので、むしろ容易だ。私と同じ面もある。だからと言って自分が過去に'チンピラ'で暮らしたというわけではない。ハハ!」

実はジェジュンは、パク・ユチョン、ジュンスなどJYJのメンバーの中で一番先に演技に挑戦した。2010年4月日本のフジTVドラマ'素直になれなくて'がデビュー作。当時、生活苦に悩まされるが夢を失わない会社員を 達者な日本語の台詞で表現した。一緒に出演した日本の人気俳優上野樹里、瑛太と展開した競争でも決して引けをとらない存在感を発揮した。

ジェジュンが'トライアングル'での果敢な演技の変化を試みることができたのには、このように これまで少しづつきちんと積んできた経験が基となったという評価だ。出演した映画とドラマはすべて成功しなかったが、彼はいつもジャンルを変えながら、新たな挑戦に乗り出してきた。


63340504_2.jpg
ジェジュン(右)が演技するホ・ヨンダルは お金ができるとカジノを訪れる'カジノ系ごみ'だ。写真提供|、テウォン・エンターテインメント


 2011年に出演したSBSドラマ'ボスを守れ'では、金持ちの息子である本部長役を演じて完璧に見える外見とは異なり、若干の白痴美が流れた演技で関心を集めた。その年のSBS演技大賞でニュースター賞を受賞したことも成長可能性を認められた結果だ。

アイドル歌手がはばかるという時代劇にも果敢に乗り出した。
2012年作MBC'ドクターJIN'だ。
このドラマを通じて いわゆる'アイドルらしい'と評価される派手な外見の限界を吹き飛ばしたジェジュンは、どっしりした姿で視聴者を引きつけた。映画'ジャッカルが来る'にすぐにキャスティングされたところもこのような歯切れの良い挑戦が影響を及ぼした。


  'トライアングル'は、軍入隊を控えたジェジュンにはその前最後のドラマになる可能性が高い。まだ、入隊の時期が決まっていないが、今年下半期JYJアルバムを仕上げた後、と予想している。

それだけジェジュンは'トライアングル'で今まで見せてあげられなかった、そして自分もまだ知らなかった個性を演出するために努力している。
下着だけ着て道路を疾走して悪口まじりの台詞をスラスラと取り出すなど'破格'に近いくらい壊れてる演技を厭わない理由も 並々ならぬ覚悟で始まった挑戦だ。

 決意したジェジュンにまず信頼を送るのは一緒に'トライアングル'を作る製作陣だ。
演出者ユ・チョルヨンPDは、「きれいで善良なイメージと共に 目つきに飛ぶ感じがある」と評した。'トライアングル'主人公の中でも最も感情の変化が激しいホ・ヨンダル役を、ジェジュンが引き受けざるを得ない理由だ。

ベクソルミ記者bsm@donga.com、ツイッター@bsm0007

(ソース JYJ official SPORT DONGA









にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント