Post

        

破格!神の一手か?! パク・ユチョン ほか

category - ユチョン
2013/ 08/ 26
                 



▼ パク・ユチョンの破格スクリーンデビュー、
目に付く理由は?



57195379_2.jpg



 アイドルグループメンバーでは断然引き立つスクリーン進出だ。
グループJYJのパク・ユチョンが、映画'海霧'(監督シムソンボ)で、映画にデビューする。2010年KBS 2TVドラマ'成均管スキャンダル'で演技を本格スタートした後、3年ぶりにスクリーンを通じて観客に会う。

パク・ユチョンの映画出演は、いろんな面で耳目を引く。
これまでアイドルスターが映画に進出してきた方式とは全く違う'正攻法'を選んだ点が最も目につく。
アイドルスターのスクリーンデビューは、大部分彼らが持ったチケットパワーを発揮することができるロマンチックコメディーなど特定ジャンルに限って来た。
他では 日本など韓流の人気が高い海外市場を狙った'企画性映画出演'が大部分だった。

しかし、パク・ユチョンは、映画界の実力者たちが集まった重たい作品を選んだ。

'海霧'は、下半期撮影を開始する韓国の映画の中でも期待作に挙げられる。
何より'雪国列車'のポン・ジュノ監督がはじめて制作者として参加する映画という点でも関心が高まっている。
演出は、ボン監督と2003年'殺人の思い出'脚本を一緒に書いたシムソンボ監督が務めた。残りのスタッフも豪華だ。'雪国列車'と'太極旗翻して'を撮ったホンギョンピョ撮影監督も参加する、まさに'ドリームチームの合作品'だ。

パク・ユチョンの'海霧'合流は、映画界では異例的な結果になるとみられる。
映画経験が全くない演技者であり、歌手である彼が、正統なスリラーのジャンルに参加したことから目を引く。
さらに、パク・ユチョンが映画で会う相手役は、忠武路を代表する俳優キム・ユンソク。映画が、新人演技者とベテラン俳優の出会いが生み出す新たなシナジーが期待される理由だ。

パク・ユチョンは、7月から'海霧'製作会社から出演のオファーを受けて悩みを重ねてきた。ポン・ジュノ監督製作、ユンソク主演という事実に好奇心が生じたが、多少残酷な内容が含まれた暗い話に挑戦するのは、一種の'冒険'であるしかなかったからだ。

さらに、パクユチョンが担当する'海霧'の中の役割を欲しがった20代スターたちも大勢いた。人気グループのメンバーもこの配役を取るために意欲を見せ、また他の30代韓流スターも'海霧'参加を望んだという。このような中、パク・ユチョンが'海霧'に合流したのは、彼の潜在力が認められた結果と見られる。

演技デビュー作である'成均館スキャンダル'を始まりに、'ミスリプリ'、'屋上部の屋皇太子'を経て、最近作である'会いたい'まで、パク・ユチョンは 史劇とロマンチックコメディー、メロなど多様なジャンルで活躍して視聴率でも成功を納めた。

演技と作品への欲心が多いパク・ユチョンは、'海霧'のシナリオを貰うやいなや あっという間に読んだほど その話に魅了されたという。

パク・ユチョンは 10月から'海霧'撮影を開始する。
現在彼は、最近、所属会社の家族になった俳優ソル・ギョング、イ・ジョンジェなどから助言を得て、撮影準備に集中している。

(ソース 8/24 sports.donga




JYJユチョン&BIGBANGのT.O.P
…映画界の代案か、神の一手か



tc_search_naver_jp_20130826053550e89.jpg



JYJのユチョンとBIGBANGのT.O.Pが、相次いでスクリーンで活躍する予定だ。本業は歌手だが役者としても活躍している二人は、それぞれ「海霧」(監督:シム・ソンボ)と「タチャ イカサマ師2」(監督:カン・ヒョンチョル)に出演する見通しだ。

ユチョンは「雪国列車」のポン・ジュノ監督が制作を務める初の映画「海霧」を通じてスクリーンデビューする。大先輩のキム・ユンソクと共演し、印象に残る魅力的なキャラクターを演じる予定だ。同名の演劇を原作としているこの映画は、密航船に乗った船員たちの人生と愛の物語として期待されている。

一方T.O.Pは、「タチャ イカサマ師2」(以下、「タチャ2」)側と契約段階に入っている。異変のない限り主人公として出演し、前作「タチャ イカサマ師」の名声を背負うことにになる。「戦火の中へ」や公開を控えている「同窓生」など映画に出演した経歴はあるが、まだ演技の幅が広くないだけに、期待半分負担半分の状況だ。彼は映画で主人公、タチャ・コニの甥であるハム・デギル役を演じる予定だ。

二人が「海霧」と「タチャ2」といった来年の期待作の主演に選ばれると、ファンたちはもちろん関係者からも関心を集めた。当初「海霧」や「タチャ イカサマ師2」の主人公には、20代のトップスターと言われるソン・ジュンギ、キム・スヒョン、ユ・アインなどが挙げられていた。しかし、それぞれドラマ出演や軍入隊などの事情で出演に至らず、自然にユチョンとT.O.Pが次の候補として浮上した。

それでは、ユチョンとT.O.Pは代案なのだろうか。一部では二人が必ずしも第一の案ではないという意見もある。キム・スヒョンやソン・ジュンギが制作を準備している大多数のドラマや映画からラブコールを最初に受けるのは事実だ。もちろんキャラクターや内容によってラブコールの度合いは変わる。

しかしそれよりも、今回のキャスティングが「神の一手」になるという意見が圧倒的だ。ユチョンは「海霧」でドンシク役を務め、キム・ユンソクが船長である密航船の船員を演じる。カリスマ性あふれる船長を相手に、恋を守るために対立する、強いながらも魅力的な人物だ。関係者らはユチョンがこれまで多くのドラマを通じて演技力や興行力を証明してきただけに、今回のスクリーンデビューが強い波を生み出すことを期待している。

これはT.O.Pも同じだ。神秘的なルックスや魅力的なオーラを持っている彼が、イカサマ師の苦労や復讐をいかに表現するのかに、期待が集まっている。すでに数本の映画やドラマで築き上げた演技歴、そして歌手T.O.Pのファンダム(特定のファンの集い)の相乗効果まで加われば、「タチャ2」は、完成度はもちろん興行性まである程度保証されると見ている。

映画界のある関係者は「ユチョンとT.O.Pは俳優業を並行している歌手のうち、実際に本物の演技ができる極めて稀なケースだ。ファンダムやスター性とは別に、演技力の面でも専業の俳優に匹敵する。それが多くの制作者たちが彼らに注目する理由だ」と話した。

「海霧」と「タチャ2」は9月から10月中に、並んでクランクインする。

(ソース kstyle









ズンちゃんツイ

804be60b927c1a21f7487fb0e0e5291f_20130825202244a9f.jpg

『私の口内炎治ったのに、
今 ギグャンさんが直接綿棒でアルボチル塗ってくれた。笑』


無題

「セクシー、シャトー..パンクウェケ..
出動準備完了..
신나게 달려봅세다..
エリザベート~~~~~!!!!」
(一部 意味不明^^+)

BSgVnUQCcAEVYRU.jpg











【コラム】SMエンターテインメントは“一強”を夢見るのか
― カン・ミョンソク


・SMが作ったゲームのルール

 事務所が長所を活用して良い結果を出すことは、当然すべきことだ。
仕事が出来る事務所に下すべき評価は賞賛であり、非難ではない。
ただし、以前から既に業界のルールはSMの影響下にあった。
(中略)
SMが仕事が出来るほど、または、所属アイドルグループが更に多彩な趣向を見せるほど、SMの外から選択できる趣向は減っていく。
他の事務所を圧倒する資本とシステムで良い結果を出すことは、SMにとっては新たな黄金時代の始まりであり、3度目の黄金時代の始まりであろう。
しかし、それはSM以外の事務所が他の何かを提示できる機会が閉ざされつつあるという意味かも知れない。


・本当に“一強”だけが残るのか。
 
 H.O.T.が初めて登場した時、SMの他にもたくさんの事務所が市場を分けていた。
東方神起以降は、SMとYGエンターテインメント(以下YG)、JYPエンターテインメントを指す“三強”という表現が使われた。
3社が参加するSBS「日曜日が好き」のオーディション番組「K-POPスター」は、"三強"が生み出したものだ。しかし昨年はSMとYGの "ニ強" という表現が多々使われた。
YGはアイドル産業の中で、ミュージシャンの個性を溶け込ませ、全世界のポップトレンドを取り入れる方式で、SMとは違うマーケットを持っていった。
その結果、昨年はBIGBANGが再び成功し、イ・ハイは成功裏にデビューし、PSYのように誰もが予想できなかった巨大な成功もあった。
しかし、SMは今年SHINee‐f(x)‐EXOを通じて自分たちの市場に新たな趣向を加え、INFINITEまで迎え入れた。

SMはYGの市場と正面からぶつかる代わりに、
他の市場のほとんどを持って行くことでYGの2012年に対する答えを出した。


この答えの意味は明白だ。SMは“一強”になるための準備を終えた。

YGをはじめ、他の市場を持つ事務所はここにどう答えるだろうか。
YGが新しいボーイズグループのデビューを発表した今、2013年の残りの4ヶ月は、エンターテインメント業界において重要な分岐点になりそうだ。

(コラム全文は ⇒ kstyle





 
  

 akibaTV中継を見てから数日、
これまでとは違う異色の出来事でしたが、ファンの反応も色々。
信用できるかどうかじゃなく、信用するかどうかですよね。
この話に かぶりつこうがシカトしようが、
自分のモノサシで決めるしかないことで、
なんでもそうですけど、、、なかなかネぇ。。



彼らは、ファンのありがたさ+怖さも学んでるでしょうね。
メンバーそれそれのファン同士の関係は、
卵の殻のように もろくて壊れやすい一面もあって、

ゴタつく度に、世間から"またか" とマイナスにイメージされるのは、
JYJというグループだし、メンバーの誰も逃れられないですね。
すでに、訴訟アイドル というありがたくない肩書きも付いて、
ことに日本ではそうですよね
メディアの報道もそこだけは大きく扱われてきましたから、、


ひび割れてはいても、いまだ、外に対して彼らを守る殻になれるのはファン。
外の人間の目線で、山の上から3人とファンの姿を見ることも必要なんだろう
と、思いつつ、

同じやり方しかないのか?
と、じっと手を見る この頃です

もちろん、
3人の前向きな変化まで 恐れるわけではありません
 








にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

コラァ~~、まじょさん、前記事に私がウOコ中に投稿?

よ~く読んでください!!
いくら上品とはほど遠い私でもそりゃあないでしょう。コメの中身がクサかった?
本気にする方もいっぱいいるでしょう。じぇったいそのようなことはありません。(釈明)

まぁ、ファンは卵の殻のようにヒビ割れても卵にはもう一枚、内側に幕を持ってますから大丈夫!!
でもなるべく早く食べて強力な殻をもった卵を用意しておきましょう。

まじょさん、私も時々わが手を見る事あるのですが(手相)皺皺です。
啄木さんもビックリ!!
解かってますよ、まじょさんは手じゃなく自分の心に聞いてみてるんですよね。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: よ~ちんさんへ
あれ?てっきりそうかと 笑
失礼しました=!! て、解ってますよ~~♪

上手いこといいますねっ なるほど、あの皮がけっこう邪魔くさい時ありますもんね 丈夫でー 
外にはそれくらいでいいってことですね v-221
私も、取って付けたような記事書きますねえ なんとかしろいっ!

こう、あちこちで声高に何かを言い出すと、
ああまたか、、みたいな 同じ印象みたいなものってありませんか?
トラウマなのかな?内容以前の話ですけどね
かといって、自分でもじゃあどうすれば、が解らない

あ、今 ユンジェじゃなくて レラジェてちょと流行ってんですね~うは~
と、もうそいうので行こうかと思ったりするこの頃です
この秋、頭ん中は桃色がいいですね*^^*
ちかれてるかも~

Re: peraさんへ
遅くなりましたが、こんばんはですう^^
普通に、映画かあ~と思ってましたが、超注目の大作なんですねー★ 
ドラマはいろいろやったから、いよいよかって感じですね
当然日本でも封切りになることでしょうが、これは来年のお楽しみ♪ になるのかな
韓国に観に行くファンが、また押し寄せそうだわー
実はハードボイルドがやや苦手な私なので、手に汗握りっぱなしじゃないといいなあ なんてこっそり思ってますが、どーですかね?
ソンガンホさんとか、カッコ良くもなんともないのに、スクリーンの中では魅力的
ユチョンの顔が羨ましいというJJの言葉を思い出します 笑

JYJのアルバム、ほぼ完成してると思いたいです
やっぱ、ユチョンの歌とラップもずっと待ってたので。。
挿入歌でぜひお願いしたいものですう

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: くぅさんへ
やや、も~ やっとですね
ユチョぺんさん、伸びた首戻すのに どーしてくれんだよっ と大騒ぎちゅーですか?
出る時はデカイのが ユチョンですね
映画のシーンで、海を見ながらラップまくり~なんてサービスシーン! ←ないか 笑

BEAST、昔けっこう動画で曲聞いてました
けっこう好きだったな~

そのお話、解らないでもないすねえ、
3人でわしゃわしゃお祭りっぽいというより、ソロが多かったせいもあるんでしょうか 
お初の方には、あのLIVE自体が重感じだった? 
目からウロコどころか、鼻から変なモノぶー ですよォ。。
行ってないので、なんとも な私めですが

作られた、よくないイメージ
とにかくS&Aさんの成果というか、日本は、世界最悪のJYJ環境ですもんね
なんたって、JYJアルバム、出さな過ぎだったとちゃいます? 
この上に、となったら もーいいから兵役にいきたまえ~~早く返っておいで~~ と言いたくもなりそうです
この前の記事じゃないけど、振り返ってしまうんです この4年を、

あ、おっさん、爆弾のあと放置されてますね(シカト?pupu) 
気持ちの上でも、あれはあれ、という昨日の話になってる私めです と思うことにしてる
そろそろ、今度はじぇじぇじぇ捜索願出さねばか?だしね~(笑)
イメージ覆すぐらいの活動!!! 私も待ってます

どーぞどーぞ、ぶちまけてくださいまし~ 鍵でね^^;