Post

        

ロエン、C-jeSとの音源広報協議の白紙化通告

category - JYJ
2013/ 07/ 09
                 


 昨日のロエンとC-jeSに関する芸能関係記事から一転、


▼ 誰が JYJの首を拗るか, 今度はキム・ジュンス被爆
[ニューシース:イ・ジェフン記者]


NISI20130709_0008416217_web.jpg



 韓流のグループ'JYJ'メンバー シア(XIA)キムジュンス(26)の 正規2集'インクレディブル・'広報・マーケティングを担当することにしていたロエンエンターティメントが、突然、これを取り消した。

9日、JYJのマネージメント社C-jeS社によると、ロエンは、'インクレディブル・'発売を6日後に控えた前日午後、C-jeSに 「経営陣の決定で、正規2枚目のアルバムに対するオフライン流通のみ進める。最近、最終協議されたすべての広報マーケティングの進行は白紙化する。」と通告した。

音源サイトメロンを運営中でもあるロエンは また、「アルバム発売当日の15日ショーケースもロエンTVで生中継するとしてメロンTV中継は進行しない」と伝えた。

 C-jeSは、「去る5月からロエン側の提案で 'インクレディブル・'オン・オフライン流通業務をすることで協議を進めてきた。2日には、アルバム収録曲の'11時その適度さ'を正式にオンラインに流通して、海外サイトの販売も進行していた。メロン顧客招待ショーケースイベントも進行中だった"と明らかにした。

ところが、ロエンは、「役員たちの決定という理由で、キム・ジュンスショーケース露出を、メロンは不可能、ロエンTVの生中継で進行すると決定した」と言うのだ。

これは、「スーパー甲の地位を悪用した横暴」だとし、「15日に予定されたアルバム発売の約束を守るため、仕方なくロエン側の一方的で不公正な通報を受け入れなければならない状況」と吐露した。

そして「ロエンは発売6日前まで協議されたすべての約束を守ってほしい。また、メロンTV中継のイベントも原則どおり進めるよう促す」と付け加えた。
それ同時に、「ロエンが発売6日前まで協議されたすべての約束を守ったらと思う。またメロンTV生中継イベントも原則どおり進行することを促す"と付け加えた。

C-jeSは、これと共に、公正取引委員会と苦情処理委員会にロエンを相手に苦情を提起する方針だ。

C-jeSは、この日までにロエンがメロンTV生中継約束を再確認しない場合、15日ショーケースを自主主管する予定だ。生中継もC-jeSチャンネルを通じて行う。

 一方、ジュンスをはじめとするジェジュン(27)、ユチョン(27)などJYJメンバーが被害を受けたのは今回が初めてではない。昨年初め、CGVはJYJ日常を描いたドキュメンタリー映画'ザ・デー・'を上映することにしたが、劇場公開をキャンセルした。C-jeSは当時、「公開自体が難しいという'協議'ではなく'通告'だった」チャンネルを持った事業権者の有利な立場を悪用し、契約を一方的に破棄した」と主張した。この映画は当初2011年2月ケーブルチャンネルQTVを通じて放送することになっていたリアリティー番組の編集本だ。当時、QTVも理由なしにこの番組の放送不可を通告した。

JYJは、自分たちの母胎グループである'東方神起'の所属事務所と専属契約紛争を行った後、これまで活動が自由ではない。
(ソース newsis.com





■ “アルバム広報を一方的に白紙化”
JYJ ジュンス側の主張にLOENが反論「決定された事項は何もない」



tc_search_naver_jp_20130709204258.jpg



  JYJジュンスのニューアルバム発売に関連する広報マーケティングを全面白紙化させられたという所属事務所の立場に、大型流通業者であるLOENエンターテインメント(以下LOEN)側が反論した。

9日、LOENの関係者はTVレポートに「現在の状況がジュンスのアルバム関連のプロモーションの契約協議段階であるだけだ。契約書に押印したり、決定された事項は何もない」としながら、「まだ契約が完了していなかったため、詳細を全て公開することができないが、明らかなのは決定されていない状況で記事が出てきた」と明らかにした。

ジュンスの所属事務所であるC-Jesエンターテインメント側はこの日午後、プレスリリースを通じて各報道機関に「当社は15日に発売予定のジュンスの2ndフルアルバムのオンライン、オフラインの流通において、流通業者LOENエンターテインメント側から一方的な通知を受けることになった」とし、「昨夜これまで協議してきた全ての内容を覆す、一方的な通告をしてきた。ジュンスのオンライン、オフラインでの流通は行うが、その他の広報マーケティングは全て白紙化するという内容だった」と伝えた。

LOENの関係者は「広報マーケティングは全て白紙化する」という部分については「ジュンスの所属事務所ではイベントを一方的に廃止したと伝えたが、まだ進行中だ」とし、「契約の協議段階ではいくらか意見が行き来する。十分に意見調整することのできる部分だが、契約破棄という主張に当惑している」と付け加えた。

実際に15日に開催されるジュンスの2ndフルアルバムの発売記念ショーケースイベントは、MelOnのホームページに記載されている。全面白紙化されたというC-JeSエンターテインメント側の主張とは相反する状態である。
(ソース 7/9 kstyle




▼ JYJ活動再開、再び塞ぐ ガラスの天井、'圧力は誰のせい?'
[TVdaily カン・ヒョジン記者]

 ソロアルバム発売を控えているグループJYJのジュンス(XIA)が音源の流通を担当していたロエンエンターティメントから一方的な音源広報協議の白紙化の通告を受けて、再び浮上するJYJ活動規制論議が浮き彫りになる見通しだ。

このような中で、順調に進行中だったJYJメンバージュンス守のソロアルバムPR、マーケティングの全面白紙化の通報は、疑わしい現状であるしかない。

8日にオープンしたジュンスのアジアツアーのソウル公演で、1万8000席のチケットがたった15分に全席完売したのはもちろん、ジュンスが出演するミュージカル'エリザベート'もやはり、出演回が全部売り切れになるなどジュンスは国内にわずかな強力なチケットパワーを持った人物だからだ。

いわゆる、「売れる'アイテムのジュンスのアルバム広報マーケティングを あえて全面白紙化するという主張が釈然としないことはもちろん、白紙化通報の時期も、すでに協議を終えてアルバム発売だけを残している状況で発生したものであるため、さらに疑念を抱く。」

また、ビジネス関係での信義に反してまでこれを放棄するという理由を明確にしない状況は、今一度JYJにだけ存在する地上波への参入障壁を浮かび上がらせる。

是が非、正当な法的紛争が終わったJYJと元所属会社間のしこりが、いまだJYJの主流な活動舞台への進入を防ぐガラスの天井として今回のことに適用されるのなら、これはスーパー甲に通じたこれらの横暴と見ることができる。

だが、JYJは、このような甲の横暴の中でも幅広い支持基盤のおかげで、今年まで4年間活動をつなげており、長年の法的紛争の後開催した東京ドーム公演で 冷めない人気を確認しながら 活動を再開できる足場を用意することができた。


 しかし、これは支持するファンが多いJYJの場合だったから対応が可能だった状況で、一般的な場合なら活動を妨げる様々な制約の中で、隅々に潜んでいる外部圧力を相手に対抗することは岩で卵を砕くことになるのがオチだ。

アルバム市場で甲の位置に立っている流通会社側が、適当な説明も理由もなく現状を押していけば、これは結局、市場の秩序を崩す行為となる。

まだ ロエン側がジュンスのアルバム発売の広報を全面白紙化通告することになった状況を正確にしない状況で、C-jeS側は 通知の撤回とともに当初協議された内容を履行することを要求。受け入れない場合、対応を辞さないという意味を明らかにした。

 今後、JYJの事例が、歌謡市場で巨大権力の外圧に正面から対抗した代表的なケースに位置づけられると見られている中、今度の紛争がどんな結論を生むこととなるかが注目される。
(ソース 7/9 tvdaily





■ '訴訟の神'C-jeS SM エイベックスに続き、'スーパー甲'ロエンと'喧嘩'
[スターファッション=ソジウォン記者]


20130404003560_0.jpg



 JYJの所属事務所C-jeSエンターティメントは、今回も、'スーパー甲横暴'に勇敢に乗り出した。

C-jeSは、ロエンエンターティメントが ジュンス正規2のアルバム発売に合わせて流通で収益を得て、甘い汁だけ吸ったと主張している。

9日、C-jeSの報道資料によると、ロエンエンターティメントは、ジュンスの正規2枚目のアルバムについて、オン・オフライン流通だけ進めて、最終協議されたすべての広報マーケティングの進行は白紙化すると通知した。
C-jeS側は、「ジュンスの固定ファンを通じて収益は得つつ、アルバムのための流通会社の義務はしないという立場のようだ」と伝えた。

'melon'を通じて音源を流通するロエンが、
流通事業権者の有利な地位を悪用して一方的に契約破棄を宣言したものとみられる。
アルバム発売6日を残して一契約破棄で、cj側は困っている模様だ。
これは、他の広報代行社と契約を進行しないように足を引っ張っておいたスーパー甲の横暴と見られる。


※以下は、SM/Avexとの訴訟の概要~略
(ソース kstarfashion.com






【C-jeSの立場表明】

 こんにちは. C-jeSエンターティメントです.

当社C-jeSエンターティメント(以下C-jeS)は、来る15日発売予定である XIA(遵守) 正規2集の全オフライン流通において、流通社であるロエンエンターティメント(以下ロエン)側か突然の一方的通告を受けることになり、不公正な状況を正そうとファンの皆さんと大衆に下のような事実を申し上げます。

当社は、去る5月からロエンと XIA(遵守) 正規2集の全ての オフライン流通契約を口頭的に決めて業務協議を進行して来ました。 その後、担当実務者たちが 5回以上直接会って 50通以上のメールをやりとりして XIA(遵守)2集流通に対する業務を進行して来ました。 また 15日にアルバムリリースを控えている時点で、先週当社はロエン側と最終的に下の広報マーケティングを進行することに最終的に決定しました。
1. メロン顧客対象のショーケース及びメロンTV 生中継イベント
2. メロンスペシャル映像参加
3. 各主要音源サイト 5個の流通による広報マーケティング全般

しかし、ロエン側は、昨日夕方それまで協議して来たすべての内容を覆す一方的な通告をして来ました。
ロエン側は 「私たちは XIA(遵守)の全, オフライン流通を進行するが、それ以外の広報マーケティングは全面白紙化する事にした」と言う内容でした。
ロエン側は 引き続き 「これは内部役員決定なので了解を望む。メロン顧客招待ショーケースの場合はロエンTV で生中継はするが メロンでの露出は不可能だ」と知らせてきました。

しかし、このショーケースはロエン側の提案で始まりました。
ロエン側は、去る6月、オフライン会議とメールを通じて 「C-jeSがロエンとショーケースを進行する場合、メロンウェブ及びモバイル露出が可能で、大きなアルバム広報効果を納めることができる」と説明して、ショーケースイベントを提案したし、当社はその理由を受け入れてポータルサイトではなくロエン側にショーケースイベントを任せることに最終決定し進行していました。
そして去る 7月3日、ショーケースに関する最終報道資料をメディアに配布する前に、当社は資料内容をロエン側と共有したし、ロエン側は 「ロエンTV, メロンTVに対する言及が追加されたら良いだろう」と返信し、私どもはこれを受け入れ適用させてメディアに報道資料を配布しました。

しかし、ショーケースを 6日後に控えた今、役員たちの決定という理由でメロンの露出は不可能、ロエンTV生中継で進行すると決めたことは、明白なスーパー甲の横暴と考えます。
また、ロエン側から発売6日前に来た、オフライン流通はするものの広報マーケティングは白紙化するという主張はXIA(遵守)の固定ファンを通じて収益は得つつ、XIA(遵守)正規2枚目のアルバムのための流通会社の義務はしないという立場のようです。

ロエン側は、この2ヶ月間XIA(遵守)正規アルバム流通のために実務者たちが業務を進めてきたし、XIA(遵守)2番目のアルバム'11時その適当さ'の場合、音源先行公開と一緒にスペシャルクリップのための映像も製作して露出させており、海外アイチューンズ流通も一緒にサービスされていました。
これは契約書に捺印はしていないが、双方が交わした協議内容を調べる<先進行後契約>形態とみなすことができ、双方が主な受けた数多くのメールと文字、電話コミュニケーションをその証拠に代えることができます。

しかし、2日先行公開以後、7月4日からはメールとミーティングを通じて進めることが約束されたショーケースバナーがWebとモバイルメインページから姿を消し、昨日(8日)XIA(遵守)のミュージックビデオティーザーが公開されたにも露出やバナーは見つかりません。
XIA(遵守)と同時期にロエン側が流通する他のアーティストのバナーは、現在メロンWebページとモバイルで易しく探して見ることができますが、XIA(遵守)のコンテンツだけが去る4日以降、すべてのメロン主要ページから消えたわけです。

昨日の夕方、ロエン側の通告を受けてC-jeSアルバム企画チームは ロエン側が通告した広報とマーケティングが皆無のアルバム流通は コンテンツを死蔵させるのと同じである。また、発売日を6日後に控え、これらの通知を行うことは、我々がほかの好条件の契約を進行できないように足を引っ張っておく専横なものだとし、公式文書を通じて強く反発したが、ロエン側の答弁は変わりがありません。

はっきり申し上げられることは、私たちはこれまで絶えず行われてきたJYJに向けた見えない圧力に悩まされてきており、今回のスーパー甲流通会社の横暴にも絶対に妥協しないことです。
当社は、流通事業権者の有利な地位を悪用して企業大企業の業務協議を一方的に破棄しようとするロエンを公正取引委員会と苦情処理委員会に苦情提起して、正当な権利を探し最善の努力をつくすつもりです。

また、今日までロエン側がメロンTV中継の約束を再確認しない場合、15日に行われるショーケースはメロン顧客が対象ではなく、主管社のC-jeSの運営のもと、先着順で進行する予定であり、生中継また、C-jeS公式チャンネルを通じて進行するはずです。
ファンの皆さんに残念な事をして申し訳ないという言葉を申し上げ、今後進行されるショーケースと流通が円満に進行されるために最善を尽すことをお約束いたします。


また、今日までロエン側がメロンTV 生中継約束を再確認しない場合 15日進行されるショーケースはメロン顧客が対象ではない主管社であるC-jeSの運営のもと、先着順入場で進行する予定で、生中継もCjeS公式チャンネルを通じて進行になるでしょう。
ファンの皆さんに切ない消息をお伝えすることを申し訳ないと申し上げて、これから進行になるショーケースと流通が円満に進行されるために最善を尽くすことをお約束致します。






 関連記事等のみ載せましたが、

出ましたね

"理由は役員たちの決定"

この後に及んでまさか とは思いましたが、
それにしても、何度も煮え湯を飲まされてきたC-jeS
なぜ、事前に契約書を交わさなかったのか?

(それとも交わしてもらえなかったのか??← だとしたら、危ないとは思わなかったのか、、)
なんとも歯がゆい、スーパー甲とJYJの力関係という気がしてなりません


さすがにがっくり やら 腹が立つやら。。




※連絡事項:
minminさん、メールでコメ(お名前のみでいいです)いただけますか?
よろしくお願いしますっ^^










にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
またですかって(呆れて)
なまらぐったりのmathです。
こんばんは~まじょ様

壁は本当に次から次とやってくる・・・
韓国を離れるタイミングも計算済みかって、疑いますねプンプン
はぁ~寝る前に何だかなぁの気分です

シジェスさん、ここふんばる時だよ~!
No title
まじょ様

実は、ちょっと期待してました。
大手と組むということは、TV出演あり?とか、もしかして年末の賞レースに呼ばれる?とか、JYJの活動に弾みがつく?とか。

ホント、がっくりやら・・・ですね。

溜息がでますが、ジュンスの楽曲が素晴らしいのは変わらない!と気を取り直して、CD発売日が来るのを待ちたいと思います。

これからもJYJを応援していくぞ!負けないぞ!OH!ですわよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re:くぅさんへ
> 悔しくて残念で仕方なかった

わかりますよ~~
でも、メディアが取り上げた途端に、、、これですから
こんな重要な話が、上に伝わらずに進められとは普通は考えられないですよね
一晩明けてみると、ますます不可解な気がしてきました
今さらですけど、、やっぱり、C社もJYJも立場弱いからぁ

本当に、音楽史に残るイジメ、
冷静になればなるほど、
ちょっと考えられないこと て気がしてきますね
あ~ 3人はどうしてることやら

Re: math さんへ
朝起きて、私も なまらぐったりです
昨日これを知ったときより、腹が立ってきました

Cさんもなんで??とは思うけど、それどころじゃない暴挙ですよねえ
よって?朝から雨です 音たてて降ってます
ファンも、YJどころじゃなくなりましたね
いつまで・・
まじょさん、おはようございます。
J Y J の今後も左右する嬉しい記事の直後に、なんとも無念な公式発表でしたね。

まさに天国から突き落とされたような翻りに呆気にとらわれました。
まぁ、ロエンなら前歴がありますからホントに大丈夫かいな~なんて一抹の不安もありましたが。。
ジェジュンが出たあのMVだってどうしてお蔵入りになったものやら。
”所属歌手の個人的な問題”ってジェジュンのこと?
相手女優さんが被害を被る恐れありみたいな記事も出ていましたが。
香港にまで行き濃厚キスシーン?まで撮って世界中のジェジュペンをやきもきさせたのにね。
リアルすぎて落ち込みましたが、やっぱジェジュンってKISS達人!なんて関心したり~^^

逸れてしまいました。
ロエンの親会社はSMとも親密というので不安がいっぱいでしたが、なんていってもメロンのオンライン・オフラインに乗れるのが嬉しくて有頂天になってました。
その足元をすくうような今回の事態にはどうにも憤りを超えてまったくあきれ果ててしまいました。
行く足を捕まえておいて身動きさせなくする。
前にもありましたね。
現場は着々と進行していたのに上からのお達しで~とか、重役会議で~とか。。

そもそもことの始まりは口頭やメールで進めていても、正式契約書取り交わしって”何時やるの~~?”
韓国芸能界では普通のこと?いや、韓国社会ではどうなの?日常茶飯事?
日本ではあまり聞いたことがないような。知らないだけなのかしら。
それにCjesには法令担当とか顧問弁護士とかはいないのかな、なんて疑問ばっかし・・

なんといっても三人が不在中ということ。
ジェジュンのサセン動画のときもそうだったな。
しかも2幕のアルバムが出るそうで、いつもそんな時期に勃発するような。

4日以降XIAのコンテンツが消えたということは、三人が出国する前には知らされていたのかしら?
そんな中ジェジュンはキティちゃんツイを上げてくれたの?

撮影中だからしばらくはツイもラインもないのかと思ってましたが、三人のいえジュンちゃんのお顔が見たいですね。
あのライトが消された舞台で”ただ来ていただいたファンに最高のパフォーマンスを見せたくて”と言うジュンスの強さに期待したいです。




管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ねー さんへ
やや~~ また大どんでん返しがありましたね=
こうなると、本気で期待してよさそうですね♪

あ~疲れた 笑
歌番組へのTV出演、どうなるでしょうね?
そして年末の賞レース
なにより、これから出るJYJのアルバムの広報が がぜん楽しみになってきました!
ジュンちゃんの新曲、ちょっと聴いただけでもいいカンジだったからね~
楽しみが増えましたわ~~

Re: pera さんへ
日参、毎度ありがとうございます^^
正直、嬉しい+ちかれた~ で、まだご飯食べる気になれません 笑
そうですよね、私めごときも、どんだけ吠えても所詮は遠吠え
こりゃ久々に、やらねばならぬ と思った昨晩でしたが、
あれもけっこう疲れるので、正直助かりました

正義というより、四面楚歌に追い込まれたロエン、ということだったんでしょうが、
あれがまかり通るほど、社会は甘くはなかった てことですよね
また訴訟に。。? というのもすごく嫌だったし、
C-jeSも、これからは基本を相当きっちりやっていくんじゃないでしょうか
あ、YJファンの件どころじゃなくなってましたね^^

最近、なぜC-jeSだったのか?ペク代表だったのか?
そのことを改めて考えるきっかけがありました
3人は、c社のマネージメントが気に入らないとは一言も言ってない
細かい不満や、改善点はあるにしても、この魑魅魍魎な世界で、頼れる者は必要だったと思います
知恵熱出そうなこの頃です 笑
Re: kanaha さんへ
こんばんは^^
なんかも~~ 頭が疲れますね 笑
いいだけ老け込むところでしたよお
天国⇒地獄⇒天国、3日間で往復でしたね
それにしても、今までは、天国から突き落とされて終了、だったのが、こういうことがあるとは、想定外でした
私なんかは以前のパターンが沁み付いちゃってて、ぼーぜんみたいとこありました
未だに ほんとにホントだろうな?なんてね^^;
やはり、ロエンもライバルがいる人気商売だから、メディアも全く好意的じゃなかったし、あわてたのかもですね
とにかく、発売前にいい方向で一段落してほっとしました
ロエンが扱うなら自分のところも、という空気が出て来ると嬉しいですよね

あ、香港でのPV撮り!そんなのありましたねーー
すっかり忘れてましたよ
でも、わざわざチューは見たくないですね pupu~

ジェジュンのツイもいつもどおり出てきてホッ、沈黙してるとなにかと心配だけど
ささ、いよいよジュンちゃんですね、
こうなったら、ロエン&メロンの威力、見せてもらいましょ=
Re: minminさんへ
すみませんでした~~^^
いつもありがとうございます
さっきメールしましたから、チェックしてみてくださいね