FC2ブログ

まじょの好物☆ ジェジュンがォもろくてしょうがない小おばはん  

ユチョン初出勤&ジェジュン・ジュンス ほか 





ユチョン初出勤






ずいぶんと ラフですね~ 
これから制服着用?
 



■ パク・ユチョン、優れた訓練兵として訓練所退所





 グループJYJのメンバーで俳優のパク・ユチョンが優れて訓練兵に訓練所を退所しました。

先月27日に入所したパク・ユチョンは昨日(24日)4週間の基礎軍事訓練を終えて論山訓練所を出所したんです。

パク・ユチョンはこの日、模範的な態度と優れた訓練成績を認められ、優秀訓練兵に選ばれて表彰を受けました。

パク・ユチョンは、今後江南区庁で公益勤務要員として2年間服務を継続する予定です。

(ソース 9/25K STAR



『この日現場を訪れたパク・ユチョン所属会社C-jeSエンターテイメント関係者は、newsenに、「肉が少し付いた姿だった。 元気に見えた」と近況を伝えた。
また、パク・ユチョンはこの日優秀訓練兵に選ばれて訓練兵らと共に連隊長表彰を受けた。』
(ソース 9/25 newsen





「#論山訓練所#修了式#同期たち
23連帯第3教育隊第9中隊2小隊1分隊
1月間苦労多かったし情が深くなった ファイティン!」





無題
cpq9ihlucaae_jo.jpg
cpq9iiquyaaiqpv.jpg
cpq9iivueaa9_cd.jpg
cpq9mhauwaagdiu.jpg
cpq9mdqveaaykky.jpg
cpq9mmvveaakqma.jpg
cpq9mmwu8aav57q.jpg




ユチョンと一緒に服務した方のFBから

「修了しました!23連帯3教育隊第9中隊2小隊!」

web_1850094993_9f06c473_IMG_20150925_3.png
web_1850094993_35f29c7d_IMG_20150925_2.png
web_1850094993_44c22410_IMG_20150925_1.png




コメントでの知人方々とのユチョンの話

「1ヶ月間一緒にシャワーしてご飯食べて訓練を受け寝てるのが不思議だった....笑

ふふふ、俺たち小隊1分隊は、ユチョン兄含めて団体トークもあった

サインも何枚か貰って写真も撮った!

性格本当にいい!

ハンサムだっただろ?

バランスも良いし ジャージ着てもカッコよかったんですよ。

インターネットメールもすごく沢山来てましたよ。(笑)

ふふふ ユチョン兄は韓流スターだからか本当にハンサムなんですよ

イケメンだ ふふふ


(コメント後記追加)

ふふふふふふふふふ
ユチョン兄に ときめいたこと何度もあったんだ
ふふふ、後で報告するから 笑

(知人曰く:ふふふゲイになるところだったか!)

ふふふ そういうのじゃなくて ただ話をする度にときめいて もー」


(http://gall.dcinside.com/board/view/?id=pyc&no=321947&page=1)


o(≧ω≦)o




 #弟#修了式に行って#パク・ユチョン







■JYJ ジュンス、11月にソウルでコンサート開催…アジアツアーに乗り出す

 JYJのジュンス(XIA)が11月にソウル蚕室(チャムシル)室内体育館でコンサートを開催する。

24日、C-JeSエンターテインメントは「来月にカムバックを予告したジュンスが11月7、8日にソウル蚕室室内体育館でコンサート「2015 XIA 4th ASIA TOUR CONCERT IN SEOUL」を開催する。10月24日と25日の横浜スタジアム公演を皮切りに、本格的なアジアツアーに乗り出すジュンスはソウル、中国などアジアの様々な地域でツアーを続ける予定だ」と伝えた。

続いて「信じて見ることのできるコンサートとして知られたジュンスの今回の公演は、今までリリースされた3つのフルアルバムの収録曲を一風変わったコンセプトで構成したステージはもちろん、10月にリリース予定のアルバム収録曲などで構成される予定だ」と伝えた。

ジュンスは彼ならではのボーカル色を盛り込んだバラードやダンスナンバーなど、秋と冬によく似合う曲で構成されたアルバムでカムバックすると発表し、国内外の音楽関係者やファンの視線を引き付けたことがある。現在、横浜公演のチケット販売も熱い反応を得ていることに続き、ソウル公演のニュースまで加わり、期待が膨らんでいる。

チケットは来月1日午後5時からAUCTION TICKETで販売される。

(ソース 9/24 kstyle


xia_20150926140717cc2.png
・XIA コンサート official HP








空から降りてくる可愛いモノ






世界軍人体育大会ポスター












『実際に大型企画会社は、少なくは100人、多ければ300人の専門家集団が集まっている。多くの俳優たちを獲得したC-jeSエンターテイメントの場合は、通常の放送会社と比較しても少なくない人数が広報だけ専門に担当している。これらは、俳優別担当が各々あって、彼らの一挙手一投足をチェックする。

C-jeSと縁を結んだ俳優たちの満足度も大きい方だという。芸能関係者は「俳優たちがC-jeS行きを選択する主な理由の一つは、イメージと作品の広報において体系的だと理解して これを好む」と伝えた』



『少なからぬ人数が広報をしており、俳優別担当がいるのに、
その中に泣くファン(兄?)の担当はいないようだ』  

https://twitter.com/coco_onekiss/status/646898750930030593









■ 「下賜品」さえあれば、もう知らん?
軍服務18ヶ月短縮は?将兵たち背骨(生活に困る件)は?


軍将兵に向けた、朴槿恵版「恩」大行進

大統領府は、パク・クネ大統領が去る20日秋夕(チュソク)連休を控えて、副士官以下軍将兵などに1泊の特別休暇(他の休暇に一日を付けて使える)と特別おやつを'下賜'すると明らかにしたことがある。

これに対して'下賜'という表現は「大統領を高めるために国軍将兵を低くする時代錯誤的表現」という批判を受けたことがあった。「下賜」は 封建王朝時代に王が臣下に あるいは上の人が下の人に金品を下すことを意味するためだ。


大統領選挙前日、急に‘コピーした’軍服務21ヶ月→18ヶ月短縮公約はどこに?

一方去る大統領選挙当時、パク・クネ セヌリ党候補は選挙運動期間末に任期内の軍服務期間を現行21ヶ月から18ヶ月に短縮するという公約を出して歩いたことがある。 これは先立ってムン・ジェイン当時 民主統合党候補が掲げた公約をそのまま従ったものである。

それも大統領選挙前日である2012年12月18日ソウル、光化門広場で開かれた最後の大規模な遊説で奇襲的に明らかにした内容で、非常に重要な公約だった。 当時セヌリ党ではムン候補の軍服務短縮公約に対して「北朝鮮が好む公約」と原色非難したことがあるが、結局自分たちも選挙が目の前に迫って若者たちの票を意識したように急いで応じたものである。

しかし実際に自分たちが政権を握ると、国防部は‘軍の兵力資源不足’など否定的な意見を前に出して、このような公約履行は推進もせず最初から撤回してしまった。 結局若者たちの票を意識し「軍服務3ヶ月短縮」公約を真似ておいていつそうしたように他の公約のように撤回した後、1泊の休暇を‘下賜’したと 途方もない恩恵を施していているように大々的に宣伝している。

先立って前の政府は「国防計画2020」により、2008年から2014年までの軍服務期間を段階的に24ヶ月から18ヶ月に短縮することに決めた。しかし、MB政権は、過去2011年、彼らだけの方案を通して軍服務期間を21ヶ月に短縮した後、これを維持することに決めた。

1500ウォン「特食」で恩?それも「騒音被害賠償金」で...

 また、1泊の特別休暇のように「下賜」と明らかにしたお盆特別食関連予算は12億ウォンが編成されたが、56万の将兵がいることを勘案すれば、1人当たり2140ウォン(216円)相当となる。また、12億ウォンのうち3億3千万ウォンは、励ましカード「印刷コスト」と明らかになり、最終的には特別食関連予算は8億7千万ウォンだ。 1人当たりわずか1554ウォン(157円)の特別食が提供されているわけだが、これはコンビニで買えるお菓子一袋程度の価格に過ぎず、将兵たちがPXでよく食べる「冷凍食品」の値段にも法外に足りない。

さらに、関連予算12億ウォンも、当初「軍の騒音被害賠償金」として策定されている軍の予算を転用することが確認された。結局、国民が出した血税を持って、自分たちが途方もない特典を施しているように‘恩着せがましさ’を振るっているわけだ。

MB政権以降抜いて食われる将兵達の背骨...やっと5千ウォン得ても生活必需品に消えた?

 逆に喫煙兵士たちは、MB政権の去る2009年に廃止された免税タバコ支給制度と今年から施行されたタバコ値2千ウォン引き上げがかみ合わさって 幾らにもならない給料の多くを費やす必要がある状況だ。また、部隊ごとに設置された公衆電話料金(国愛カードをにより支払)は、携帯電話よりも30%ほど高い。

その上 今年から国防部は将兵に支給してきた洗面・洗濯石鹸、歯磨き粉、歯ブラシ、洗剤、トイレットペーパー、かみそり刃など8種の個人日用品に対して補給を中断した。 個人の好みを考慮して補給を中断したということだ。 代わりに毎月5010ウォン(505円)が追加で将兵に支給されるが、生活必需品を買うには非常に不足するという指摘が出る。 国防部は来年予算も将兵1人当り5166ウォン(521円)で編成、昨年よりやっと156ウォン(15円)‘ちびりちびり’と増やした。

ベク新政治民主連合議員は、去る18日国政監査資料を通じてこのような8種の個人日用品を直接購入してみた結果を発表した。
ペク議員は、「PXで兵士たちがたくさん買う物を直接購入してみたところ合計2万4660ウォンで、軍の個人日用品月支給額より1万 9494ウォンも余計にかかった。」と明らかにした。 ほぼ5倍近い金額が要ったわけだ。

ペク議員が購入した物品は、洗面石鹸(1000ウォン),洗濯石鹸(990ウォン),歯磨き粉(1960ウォン),歯ブラシ(1700ウォン),洗剤(7700ウォン),トイレットペーパー6個(3030ウォン),かみそり4個(7600ウォン),靴墨(680ウォン)等だ。 このような結果を通じてペク議員は「国防部が将兵に‘愛国ペイ’を強要している。」とし予算拡大編成を主張した。

軍PX民営化推進に、休暇列車割引制度まで廃止…‘蚤の肝を引き抜いて食べるだろう’

 また、軍の将兵たちがKTXと一般列車を利用する際の料金の10%を一括割引してくれた「軍将兵割引制度」も今年に入って廃止されたことが明らかになった。

チョン・ミギョン セヌリ党議員が去る11日国防部から提出を受けた資料によれば、韓国鉄道公社(コレイル)が経営改善と借金縮小を理由に軍将兵割引特典を廃止したことが確認された。 国防部は「鉄道公社が軍将兵割引制度を再試行する方案を除いては代替方案がない」としてコレイルに白旗を揚げた。 兵士たちの福祉の責任を負わなければならない国防部は結局手をこまねいているわけだ。

ここで去る21日イ・チャニョル新政治民主連合議員が提出させた資料には、コレイルが去る5年(2010~2014年)の期間中に 高齢者・国家有功者・障害者運賃割引総額は9907億 2900万ウォンだったが、この内軍将兵に割引した運賃総額は合計229億 7600万ウォンだった。 軍将兵割引総額は全体割引額の2.3%に過ぎなかった。

これにより、コレイルは割引額が大きい他の分野の割引幅を調整することができているのに、一方的に兵士割引をなくしたという指摘が提起された。このように、軍将兵が休暇の季節に利用する利点さえ奪い士気高揚を論じることは恩着せという批判が出てくる理由だ。

また、4月に軍当局は、PX民営化事業を再推進したことを確認した。民営化でPX販売物品の価格が上がるという非難が殺到すると、国防部は過去2013年10月の民営化事業の中断を宣言したが、1年6ヶ月で立場を変えたのだ。

すでに2010年7月、海軍はGSリテールと、6月までPX委託運営契約を締結している。
続いてGSリテール側は、6月委託先に再選定され、2020年6月30日まで210個海軍PX店を務めることになった。 GSリテール側は初期投資額と海軍に支給すべき金額をカバーする必要があるため、PX販売物品価格を大幅に上げるしかない、その負担は将兵にそっくり転嫁せざるをえない。

結局、大々的に「恩着せがましい」光沢イベントを大々的に宣伝しないで、軍服務期間の間 昼夜苦労する将兵の福祉にでもまともに気を遣え との指摘が提起されざるを得ない理由だ。

(ソース 9/25 FactTV












にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村