2011年12月

        

ありがとうございました^^良いお年を~

category - まじょの遠吠え
2011/ 12/ 31
                 
いよいよ大晦日、

こちらで 本格的にまたブログ記事を書き始めたのが今年の10月からでした

"なんじゃコイツ?過ぎた話をくどくど と..."

(^^よくぞお付き合い下さいましたね ありがとうございます
自分でも、こりゃ読む気にゃならんだろ と思いつつ載せた記事も多いです)


ちょっとお話しますと、
今年のお正月までは、疑問を抱えつつもガチなオルペンでした


分裂問題が出てからというもの、関連情報やら記事やらをnetで検索しまくった方はお判りでしょうが、ま~ 3人には不利な情報が出てきて出てきて...

例の"真実をもとめて"(チャミペンさんブログ)やら、DNBN元管理人のメッセージやら諸々、
後に、強烈なアンチらがJYJ批判の根拠としたほとんどの記事がポンポンと、、
正直、そのころは悩みました

なんといっても 見てもよく判らなかったのは "625の動画"でしたねえ
投稿者の注釈だけが やけに印象的で、、
('こりゃ消される'、当時PCの調子が悪くてダウンロードできなかった私は、1場面ごと全て写真にして残しました。その後、じゃんじゃん記事になったのであんなに苦労すること無かったな 笑)

これについては、2009年に某韓国人ジャーナリストの方のミーティングに参加した際にも質問に出ましたが、その方が静かにこうおっしゃってました
"私は あれをそのまま信じてはいないんですよ。言葉は、編集されるとニュアンスが変わってしまうから、、、日本語だってそうですよね?"
("有名ブロガー〇ちゃんには、くってかかられましたが^^、" と困ったように微笑んでもおられた)

まじょは、そこで、"なんだ アレはそんなもんなのか" と、うっちゃることに(笑)

それでも、日本で流布されたnetやらの偏った情報量、
痛烈な3人批判が起こったのは、ある意味致し方なかったと思います

"してやられた" この悔しさは認めよう (キイーーっ



そういう状況になか、私がよく思ったのは、
これはたった5人のグループに起こった問題だということでしたね。"部活ならキャプテン首だろ!" というオルペンさんの記事も目にして "そりゃそうだの" と妙に納得したことも


<何もしていないホミンが可哀そう>

実は、この言葉を見るたびに "なんじゃそら?!" と首をひねっておりましたよ

可哀そうだとしたら、5人全員だろう、と

(実際、グループの問題に何もしない方がどうかしてます)
 

SMのタレント管理の問題は確かに5人共通のものだった
(これは ユノのお父上様も"SMに問題はあるが"と認識していたことを書かれています)

が、結局二人はSMを出なかった、出ないという選択をしたわけですね

片や 3人は、SMを出るという選択をしました

元々そういう気持ちは全員にあったけれど、自らの判断で(そして様々な事情が絡んで)道を分けた

そして当然のこととして、SMを出ることを選択した3人にはSMとの闘いが待っていたわけです


何もしていないメンバーなんぞ 誰ひとりいない 
それぞれが決断し、選んだ道を歩き始めたのだ
大いに、堂々と、自らの努力と力で 競っていけばよいではないか



と、一歩間違えば オールアンチにすら成りかねない'まじょ'でもあったわけですな
(なんで ならんかったのだろ? 


SMが3人の行動を化粧品事業のせい と発表したのは活動休止の直後
それとほぼ同時期に俗称ホテル女と呼ばれるJYJアンチ達もまた SMの尻馬に乗り同様のルーマーを流し始めました。
とにかく裁判記事の翻訳でもなんでも、どこよりもUPしてくるのが早かった、というのは有名な話で(JYJ優位な話はぼやかして)ま、後に、彼女達も大変な目に遇うわけです。誰のペンだったっけ?、、

3人がSMとの決別を決意した理由が、ドンドンゆがめられていくことに3人は非常に憤り、疲れ果てていった。
625はそうした誤解をなんとかしてやりたいという、ご家族達の思いからだった。
しかし、これも、後に3人を攻撃する大きなネタに使われ拡散してゆくことに、、、

その後、ホミンへのバッシングもあり
どちらにもとんでもないファンがいたことは事実ですね、実に悔しくて残念です

ホントに、まだまだじっくりと確認してみたいことだらけ



あは~~~
こんなこと書いてたら お正月に突入してしまいますな

と、いうことで、
来年も、あーだらこーだら まじょ目線で記事を書く所存でございます

ジェジュンが気になりますが(笑)

では、皆さん良いお年を~~





にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村