ジェジュン

        

何かしてるジェジュン(^^) ほか

category - ジェジュン
2017/ 05/ 04
                 


ジェジュン Instagram

「アップ アップ アップ」

jjist20170503.png



「ワタリ蟹 ピリ辛海鮮鍋(ヘムルタン)を煮てみました」

                                  
jjist201705032_20170503202700713.png 

jjist201705033_201705032026590db.png

jjist201705034_20170503202658ac5.png


蟹~~これはおいしいデショ♪ 
(ほかのがマズそう と言う意味ではありませんヨイ)

1327-1 - コピー



「フィットネス機器の組み立て中。これで背中運動開始。」

jjist201705035.png
jjist201705036.png
jjist201705037.png

(5/3 jj_1986_jj instagram)








■ 韓国アイドルグループ100大ブランド4月ビッグデータ

 アイドルグループ100大ブランド2017年4月ビッグデータ分析の結果、1位防弾少年団 2位WINNER 3位アップデートワイスと分析された。

韓国企業の評判研究所は、アイドルグループのブランドの評判ビッグデータ分析のために、2017年3月28日から2017年4月29日までに100個のガールグループとボーイズグループのブランドビッグデータ111,932,045個を抽出して、アイドルグループのブランドに対する消費者の参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数で測定しブランドの評判指数を分析した。

ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きい影響を及ぼすということを見つけて ブランド ビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。 アイドルグループ100大ブランドの評判分析を通じて アイドルグループ100大ブランドに対する否定評価、メディアの関心や 消費者の関心と疎通量を測定することができる。

 韓国企業の評判研究所(http://www.rekorea.net所長クチャンファン)は、国内ブランドのビッグデータ評判分析によりブランドの評判指数を測定して発表している。アイドルグループ100大ブランド2017年4月ビッグデータ分析は、2017年3月28日から2017年4月29日までのブランドビッグデータ評判分析を通じて行われた。



▼ ボーイズグループ

1位 防弾少年団 BigHitエンタ 2013~
2位 WINNER YGエンタ 2014~
3位 EXO SMエンタ 2012~
4位 SechsKies(ジェクスキス) YGエンタ 1997~
5位 SEVENTEEN プレディス・エンタ 2015~
6位 BIGBANG YGエンタ 2006~
7位 NU'EST(ニューイースト) プレディス・エンタ 2012~
8位 SHINee SMエンタ 2008~ 
9位 BTOB(ビツビ) CUBEエンタ 2012~
10位 INFINITE WOOLLIMエンタ 2010~

11位 神話 Shinhwaカンパニー 1998~
12位 Monsta X STARSHIPエンタ 2015~
13位 TEENTOP TOPメディア  2010~ 
14位 BEAST CUBEエンタ 2009~
15位 VIXX(ビックス) ジェリーフィッシュエンタ 2012~
16位 DAY6 JYP 2015~
17位 Block B(ブロックB) Seven seasons 2011~
18位 SF9 FNCエンタ 2016~
19位 GOT7 JYP 2014~
20位 Bromance RainbowbridgeWorld(RBW)

21位 スーパージュニア SM 2005~
22位 2PM JYP 2008~ 
23位  BOYFRIEND スターシップ 2011~
24位 B1A4 WMエンタ 2011~
25位 ASTRO Fantagio Music 2016~
26位 JYJ
27位 東方神起
29位 ZE:A(帝国の子供たち) スター帝国 2010~
30位 VICTON(ビクトン) Plan A 2016~



▼ 総合

1位 防弾少年団 BigHitエンタ 2013~
2位 WINNER YG 2014~
3位 TWICEアップデートワイス (girl) JYP 2015~
4位 LABOUM(ラブーム) (girl) 2014~
5位 レッドベルベット (girl) SM 2014~

52位 JYJ
53位 東方神起

(ソース 5/1 ヘラルドnews



1位の防弾少年団、
知ってみれば興味深い


《大型企画会社所属アイドルが、デビューの時から業界の注目を集めて派手なマーケティングを広げるのとは異なり、中小事務所所属のため一段階ずつ成長しファン層を拡大した》

有名プロデューサーが手がけたグループではあるものの、事務所の規模は三大事務所には及ばない中小事務所。そのためデビュー時に派手なマーケティングはできず、当然テレビ出演もままならない状態だった。このようなハンデの中で、ガオンチャート至上最高売上記録やビルボードチャート最高位成績、そして大賞受賞など数々の新記録を打ち立て、中小事務所で結成されたグループとしては異例の成功を収めた。

7人のメンバーの中にはソウル出身者が一人もいない。所属事務所は訛りを直そうとしたが、メンバーは方言を駆使するありさまで苦労したという。

最大の持ち味は、強烈なダンスパフォーマンス。 振付師ソン・ソンドゥク総指揮のもと、海外のライブ先でもスタジオを借り徹底した練習を日々重ね、デビュー曲の練習時間にいたっては一日に約15時間近くに及んだ。その振付けのクオリティの高さのおかげで、学校の文化祭や街角では防弾少年団のダンスがよくカバーされている。

SNSをうまく活用しているグループである。デビュー前から現在までTwitterやYouTubeを通じて、ファンに近況を頻繁に報告し、コミュニケーションを図っている。YouTubeではダンス練習動画を始め、各種音楽番組やジャケット撮影の舞台裏はもちろん、ラジオテイストでの座談会やモクバンという食事の様子を配信したりするものなどその内容は多岐にわたる。

最近ではNAVERによる動画配信コンテンツ「Vアプリ」で生放送も行っている。このアプリのフォロワー数は2017年現在400万人を突破しており、同コンテンツ内トップを走っている。
(引用元 wikipedia




世代交代が どんどん進んでますね

まあ、防弾少年団の場合

売れ始めたら TVに出られたのだろうから

中小事務所とはいえ、JYJとは違いますが、

グループ活動のために 必死で練習し続けて

そこがあっての結果なわけで、

ちょいと遠い目にもなる私めデス



それより ビックリだったのは、
韓国の第1世代アイドル「SechsKies(ジェクスキス)」


 《1997年デビュー。当時H.O.T.と韓国アイドル界の二大巨頭と呼ばれるほどの人気を享受していたが、2000年5月20日のドリームコンサートを最後に突然解散》

人気絶頂期の突然の解散であったため、その理由については様々な原因が噂されたが、メンバーと所属事務所間の不和が解散の決定的な理由であったという説が有力であり、メンバーも同様の理由を仄めかす内容を放送等で言及している。一部ファンが所属事務所の前で解散に抗議するデモを行なったが、解散の決定を覆すことはできなかった。

2016年4月14日に人気テレビ番組の企画をきっかけに16年振りに再結成を発表し活動を再開中。
(引用元:.wikipedia




へえ~ ほほお~~ と、

JYJはさて置き、興味をそそられた記事でした




私めも けっこう暇なんだなぁ


033_20170504003049867.png











にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村

                         
                                  
        

ジェジュン インスタ&Vライブ

category - ジェジュン
2017/ 05/ 02
                 


ジェジュン Instagram

「一緒に夜ドライブしに行こうか?
と言ったら.. 本当に車8台が一緒にドライブ中..
外には出られないでしょうね┬
定時に開始できなくてごめんなさい..😯
付いて来るファンの方々は丁寧にお願いしますね😔😮😌」



jjist201705021_20170502202907591.png



▼ C-JeS Instagram

ジェジュンのV Liveは
現場の状況により、8時から行わせていただきます。
待ってくださったファンは本当に申し訳ありません。
#キム・ジェジュン#Vlive」


cjaist20170502.png




いやはや,,,

相も変わらず

やってくれとりますな



796-1 - コピー



━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━



ジェジュン V Live
《一緒に夜ドライブしに行こうか?》












にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
                         
                                  
        

一泊二日で記事をだらだら書いてたら、平和を願う夜。

category - ジェジュン
2017/ 04/ 12
                 


▼ C-jeS Instagram

キム・ジェジュンのびっくり画報のお知らせ!
'L'OFFICIEL HOMMES' 5月号画報が来ています
!

#キム・ジェジュン#在中#KIMJAEJOONG #L'OFFICIEL HOMMES#ジェジュンの#仕事_後#けだるい#キム・ジェジュンの_致命的_セクシー美#オムムパタル#そのもの#lofficielhommes #5月号#グラビア#表紙#Magazine #Cover」

cjsist201704111.png
(894 x 872) (cjes.tagram)


「HOMMES 5月号のカバーモデル、キム・ジェジュン!
ジェジュンの'夢幻グラビア'一部です~対で公開します💕」


cjsist201704121.png


「ロフィシェル オム5月号表紙は夢幻的目つきの所有者歌手'キム・ジェジュン'です。 女心を刺激するキム・ジェジュンのより多くの画報とインタビューにロフィシェルオム2017年5月号で会ってみてください」

ommjj.png
(647 x 865)



■発売日:2017.4月末(韓国発売日) / 発送5月初

■ 表紙2種類選択(A or B)

omab_20170412200425efe.png



雑誌 グラビア ですが、
届く前に、SNSにほとんど上がってくるのが当たり前の今日この頃なので、

いざ手元に届いて
ワクワクで ページを開くと、


018n_20170411234539637.png
「見たのばっかし。。」


分っちゃいるんですよ
なのについ見てしまう自分に毎回反省ちゅー

小出しが一番そそられまする









「(祝)キム・ジェジュン、「V-chart Awards」韓国最優秀男性歌手賞を受賞!いつも応援してくれてありがとう!💕
#キム・ジェジュン#ジェジュン#KIMJAEJOONG#YinYueTai#韓国#Top_Male_Artist#最優秀男性歌手#受賞#お祝い#グローバルスター#パチパチ#JJ#ホリック#Holic」






■ キム・ジェジュン、「音悦Vチャート Awards」韓国最優秀男性歌手賞

 歌手キム・ジェジュンが熱い中華圏内の人気を立証した。

キム・ジェジュンが去る8日、マカオで開かれた「第5回音悦taiVチャートAwards」で「韓国最優秀男性歌手賞(Top Male Artist-Korea)」を受賞した。

所属事務所C-jeSエンターテイメント側は、「去る3月 《2017 KIM JAEJOONG ASIATOUR - The REBIRTH of J》を介して、香港をはじめとしマカオ・台湾公演を成功させるなど 中華圏ファンたちの熱い愛を受けるキム・ジェジュンのグローバル人気に関心が集まっている」と伝えた。

「音悦taiVチャートAwards」は、中国の最大の音源サイトである「音悦tai」が主催する授賞式で、今年5回目を迎え中華圏での熱い人気を集めたアーティストやアルバムを選ぶ授賞式だ。

特に、キム・ジェジュンが受賞した「最優秀男性歌手賞(Top Male Artist)」は、一年間に中国ファンから最高の愛を受けた男性アーティストに与える賞で、アメリカのジャスティンビーバー、日本の赤西仁が受賞して肩を並べた。

一方、3月にアジアツアーのために訪れた香港では、合計40以上のメディアがキム・ジェジュンを取材するために集まったのに続いて、マカオと台湾まで総1万5千人余りのファンが会場を埋め、軍服務後久しぶりに訪れたキム・ジェジュンを熱く迎えて彼の相変わらずの人気を実感させた。

キム・ジェジュンは、「いつも応援してくださるファンの皆さんに心から感謝し、今年機会があればぜひまた中国ファンの皆さんに会うことができたらと思います。これから多くの応援お願いします」と所感を伝えた。

キム・ジェジュンは、去る2日に開かれた台湾高雄での公演を最後にアジアツアーを盛況裡に終えた。

(ソース 4/11 10asia)




所感映像を見に行く▶ https://goo.gl/sIFFcG


(rumirumijjさん動画)







【JYJ訴訟虚偽虚偽事実流布告訴によるお知らせ】

cjs1_20170412143504349.png
( ↑ ポチで拡大します)

上記を受け、㈱C-JeSエンターテイメントは、虚偽の事実をもって 決定及び調停の意味を湾曲し、JYJの名誉を毀損する行為に対しては、断固として法的措置を取ることにしており、その一環として、虚偽掲示物の流布者に対し、情報通信網利用促進及情報保護等に関する法律違反(名誉棄損)の嫌疑に告訴状を提出したことをお知らせします。何卒、多くのファンの方々が真実を確認し、これ以上誤解することがないことを願います。


ちょっと前から 、
終わったはずの1幕分裂から訴訟うんぬんまで、
おさらい?みたいなボリュームたっぷりの韓国記事を見かけてましたが、
こういうことだったんですなあ,,, 
 








 人気アイドルグループの分裂や脱退、一旦こうなると 日本も韓国も ドロドロなことは よ~~く判ってますが、中国音悦taiのVチャート Awardsの話題と、この一件が重なったということで、ジェジュンと並んで Awardsの"日本最優秀男性歌手賞と日本最優秀人気賞 をW受賞"した元KAT-TUNの赤西仁さんのことが気になって動画でソロ活動を覗いてみました。
「KAT-TUNのメンバー個々で見たら能力高いけど仁だけケタ違い」 ←だったんだろうなと私も思う

本気で寄り添うファン達とは違い、一般大衆側はメディアの扱い方でそのイメージを左右されますね。サラッとメディアを通して伝わることがインプットされていくのが自然なことで、(スマップは別として)ジャニオタでもKAT-TUNオタでもない私めは、赤西仁さんは正直どうでもいい存在だったし、とにかく良いイメージは持ってなかったんですよ(歌もダンスもちゃんと見たことなかったし)。KAT-TUNファンも大変だなあ位で。






赤西仁さんの映像を色々見ると、当時と今がどう他人の目に写っても、これが彼の道なんだと納得できてしまうという まさに目からウロコ。

逆にリアルに、客観的に感じたのは、
ジェジュンもそうなんだ ということです。
これもまた今更なんですけど "客観的に"というのがミソでして、
こんな苦労をしてまで,,とか、この位なはずがない とか、見返してやれとか 
多分私めの心に 昔を惜しむ気持ちがあって、時折悶もんとしたりする,,,
でも、私めには葛藤がない赤西仁さんの現在の姿を見て、ホントにスッキリさっぱり。
「やりたいことをやるのが一番★ そのために苦労しても」


あ~~ 偉そ 
才能ある子にしか言いませんヨー (〃▽〃) 


たまたま観たり聴いたりしたことで、人物象が180度変わることが簡単に起こる。
「NO.X」を聴いて キムジェジュンに興味や称賛を送ってくれた"ファンではない音楽ユーザー"のコメントを紹介したことがありますが、まさに自分がその立場になってみるとその気持ちがよく分かりました。


なお、赤西仁さんは、2014年3月にジャニーズ事務所を(円満?)退社。
電撃婚とか、事務所もやメンバーがどれほど大変だったは詳しくは知りません。 
音楽ユーザーが「おっ♪」と思うかどうかとはほとんど関係ないことなんです。

566-1 - コピー (6)


ということは  









ところで、
今夜のジェジュンインスタ


▼ ジェジュン instagram

「現在 僕の心こういう状態..」


除隊とは違って、兵役の期間が満了しても現役から予備役に変わっただけで、戦争が起きればいつでも予備役は召集されて戦わなければならないため、有事召集の際に軍務のレベルを維持するために、何年か毎に定期的な訓練を受ける義務があるそうですが、今の韓国の状況だと予備役は緊急の訓練に入ることもありうる?
これは心配、、、


あ、削除しましたね 
写真、消しときます







平和を願う夜です  





にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
                         
                                  
        

結局、溺愛か。。v(^^)v

category - ジェジュン
2017/ 04/ 09
                 


ジェジュン Instagram

「目黒川の花見はやっぱり🌸」

jjist201704082.png

「🕝🕚 🌃 #東京#tokyo」

C84yTpLVoAE0UCp.jpgC84yUgfUAAEEXhM.jpg

「僕が到着するとなぜ雨が降るんだろう。。また..」

jjist201704083.png

(jj_1986_jj instagram)


日本にも またネ







170407 Kim Jae Joong Asia Tour 終了コメント映像











雑誌 Harper's BAZAAR (ハーパーズ バザー)
2017年 06月号 ジェジュン特別版


170407 Jaejoong Harper Bazaar挨拶





■ キム・ジェジュン、日本ファッションマガジンの表紙飾る...これぞ「グラビア職人」


2017040710171312311x.jpg
(800 x 1098)

 キム・ジェジュンが日本ファッションマガジンの表紙を飾った。

7日、C-jeSエンターティメントは、キム・ジェジュンがファッション マガジン「ハーパーズバザー(Harper's Bazaar)ジャパン」6月号のカバーモデルに選ばれたと明らかにし、キム・ジェジュンの写真集カットを公開した。
画報にはラフなスタイルのニットから致命的な魅力のスーツまで多彩なコンセプトを完ぺきに消化した「グラビア職人」キム・ジェジュンの姿が盛り込まれている。

公開されたカバーの中キム・ジェジュンは、飾らないナチュラルな姿で遠くを見つめている。 自由さが色濃く感じられる彼の姿に今後彼が繰り広げて行く飛翔が期待されている。

グラビアと共に掲載されたインタビューでキム・ジェジュンは、特別なファン愛を伝えることもした。
除隊後、最初にアジアツアーを選択した理由をはじめとし空白期間に自分を待ってくれたファンへの感謝の気持ち、ステージ上でファンから受けるエネルギー、いつかファンと近くで疎通できる小規模の公演をしたいという願望など、率直な話をふんだんに伝えたという。

一方、キム・ジェジュンは去る1日、台湾公演を最後に除隊後初の歩みであるアジアツアーを盛況裡に終えた。キム・ジェジュンはこのツアーを通じてアジア9都市で13万のファンと向き合い成功裡にカムバック申告式を打ったし、現在 休憩を取りながら、次期の活動を検討している。

キム・ジェジュンの写真集とインタビューに会える「ハーパーズバザー(Harper's Bazaar)ジャパン」6月号は、20日に発行される。


C8yITc-UIAEHTA9.jpg
(800 x 1199)
(ソース 4/7 THE STAR)


カッコええ~~~ 


やややぁ
大人になって行ってるのねえ,,,



C8o8YazXUAAXAAF.jpg
(1000 x 645)


落ち着きとか、(ママ的じゃない方の)包容力とか、

嬉しい誤算なのか、お隣のォもろくて綺麗で可愛いジェジュンくんだったのが、
除隊してから 「あれ?あれれ??」

歌手ジェジュンの成長は 常に貪欲に夢見てきた私めですが、人間ジェジュンの成長については 考えているようでそんなに考えてなかったような 

昔とは違う。
多分、たくさんの強い愛情だけでなく、多くの敵や憎しみにも打たれてきたからこそでしょうが、遠い先になんとなく思い描いていた姿より 遥かに良い年の重ね方をしているようで、アジアツアーで次々上がってくる鮮明な写真にじっと見入ることが度々ありました。

今もジェジュンは、netで垣間見るだけでも事あるごとに容赦ない批判が書き込まれたりしますが、ジェジュン自身はとっくにそれらの越え方を見つけているのだとしても、川の底にへばりつた泥のように 消えて無くなるにはどれだけの時間がかかるのやら。

かつても今も、ジェジュンの選択や決断がファンを動かし喜怒哀楽を生む。
自分のためでも誰かのためでも、抗えない何かのせいだとしても、
ジェジュンがファンに対して負う責任は常に何よりも大きい。

自ら買ってまで 苦労して欲しかったハズはないけど、
ジェジュンが時折見せる眼差し、
-ホントに、目は口ほどにモノを言うらしい-

ジェジュンを見守っていく楽しみがまた増えた私めデス








とは言え、
可愛いジェジュンも
相変わらず 大好物yoo
 


「ニンジンでキムウサギじらしてみる」


「ニンジンでキムウサギ誘ってみる」



  しゃ~ない


037i.png


    









にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
                         
                                  
        

ジェジュンあれこれ&芸能人と所属事務所の紛争史、など

category - ジェジュン
2017/ 03/ 28
                 


▼ 3/27 C-jeS instagram

「Harper's BAZAAR Japan 6月号に'ジェジュン特別版'があるって本当!
表紙まで飾るジェジュンのレジェンド画報プレビュー😆」


cjsist201703281.png
(887 x 877) (cjes.tagram)



▼ 3/26 ジェジュン Instagram

「Thanks Makau 1f917.png

jjist20170325.png
(714 x 880) (jj_1986_jj instagram)


この魔っぽい感が ええわあ♡

ということで、
タイトルが気に入って選んでた記事を
 
  ↓


■ キム・ジェジュン生涯初マカオコンサート、
5千ファン憑りつかれた本物の魔物



 キム・ジェジュンが25日、アジアツアー・マカオ公演を大盛況のうちに終えた。

いつしかアジアツアー9都市のうち8番目の都市マカオ公演前日の24日からのファンは、マカオベネシアンホテルコタイアリーナ公演会場の前にかかったキム・ジェジュンのコンサートポスター横断幕を背景に記念写真を撮影して彼の公演を待ち、25日の公演が始まる前から起立して「キム・ジェジュン」を叫ぶなど 長い間待ってきたキム・ジェジュンの公演を見るためのときめきでいっぱいだった。

 ただ、この舞台を見るために待ったマカオ ファンたちと向き合ったキム・ジェジュンは、「マカオは始めて来ましたが、思ったより天気がよくなかったんですよ。 でも僕の心だけは晴れだったんです」と、初めての挨拶をした。 これに対しファンたちは大歓声を上げ喜び、舞台の上でジャケットを着替えるキム・ジェジュンは、「続いてお見せする舞台は、皆さんと楽しむことができる曲を準備しました。 皆一緒に立ち上がって楽しみましょうか?」と言ってファンたちと一つになり始めた。

 「Luvholic」「Kiss B」など ならではの魅力があふれ出るエネルギッシュな雰囲気のステージを相次いで披露したジェジュンは、ファンに向けた投げキスで会場の雰囲気を盛り上げた。そして、「旅行でマカオにまたもう1回来たいと思いました。マカオの面白いものを教えてください」と言うと、すぐにファンたちは先を争ってマカオの名所などを叫んで共に言葉を交わした。

ファン達は、ジェジュンのステージ一つ一つに熱い歓声を送った。ステージが終わるごとに、「キム・ジェジュン」と叫ぶファンの歓声が続き、これにジェジュンは「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。
「Love you to death」「Breathing」のような甘い曲で歌唱力を感性を同時に爆発させ、「Welcome to my wild world」「Good Luck」などのアップテンポの曲では、全エネルギーを吹き出すパフォーマンスでファンの目と耳をくぎ付けにした。
そこに短いけれど本気がそのまま感じられる広東語までと、キム・ジェジュンに陥るしかない理由がぎっしり詰まった公演だった。

マカオを揺らしたキム・ジェジュンは、公演を終えて、「初めてのマカオコンサート、すごく楽しかったし特別な時間でした。必ずまた会えることを祈ります。どこかに僕を呼んでくれる、求めてくれている場所があるというのは本当に幸せだと思います。また呼んでください。必ず駆け付けますね。」と伝えると、ファンも「キム・ジェジュン」「愛してる」と叫んだ。
続いてファンは最後のアンコール曲「守ってあげる」を合唱しジェジュンを感動させ、再びステージに登場したジェジュンは、「今日うの公演に来てくださった方に心より感謝します。また会いましょう」と再会を約束した。

一方、マカオ公演まで盛況裡に終えたキム・ジェジュンは、来る4月1日、台湾高雄アリーナで「2017 KIM JAEJOONG ASIA
TOUR ‘The REBIRTH of J’」 フィナーレ公演を開催する。

(ソース 3/26 NEWSEN



C7zqXt0UwAEEaJa.jpg
(1080 x 1080) (cr.cong)



034_2017032618285922f.png







韓流アイドルグループ「BEAST」、
事務所を出た5人が、グループ名を変えて第二のスタート



■ [歌謡 VIEW]ハイライト・JYJ、違うようで同じ人生2幕

 グループJYJとHIGHLIGHT(ハイライト)の違うようで同じ平行理論が目を引く。

HIGHLIGHTは、去る20日最初のミニ アルバム「Can You Feel It?」を発売してカムバックに出た。 今回のアルバムは、デビュー8年目に突入したBEAST出身5人のメンバーが所属会社を移籍、HIGHLIGHTに活動名を変更した後8ヶ月ぶりに発売したアルバムだ。

当初、HIGHLIGHTが大型企画会社であるCUBEエンターテイメント(以下CUBE)を離れて新生企画会社を設立するまでの過程に多くのファンたちの関心があふれた。 彼らは、BEASTの商標権を持っているCUBEとの交渉が決裂してやむをえず新しいグループ名を作ることになった。

これと関連してHIGHLIGHTは、去る20日進行されたショーケースで、「初めから最後まで容易なことは一つもなかったよ。 所属会社を設立すると決心すること自体から大変だった」と苦衷を打ち明けながらも、変わったグループ名を知らせるために努力したファンたちのためにHIGHLIGHTという名前をずっと使うと明らかにした。

グループ名の変更などいくつかの懸念にも、HIGHLIGHTは順調な活動2幕を発表した。ヨン・ジュンヒョンが所属する作曲チームグッドライフ(Good Life)が作業したタイトル曲「顔ひそめないで」は、発売3日目に入った22日に音源チャート1位を占めて人気を継続している。

これに対し、HIGHLIGHTが似たような別の方法で人生2幕開いて活発な活動を広げた先輩グループJYJの前轍を踏んでいけるか関心を集める。

JYJのキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスは、前所属会社SMエンターテイメントを離れて新しいグループで活躍中だ。 前所属会社と専属契約問題で決別したという点はHIGHLIGHTと違うが、元グループだった東方神起を離れて新しいグループ名で活動中という点が似ている。

また、JYJが所属会社移籍後、新しいアルバムを通じて作詞、作曲などの作業にも参加するなど 音楽的成長を見せたという点も似ている。HIGHLIGHTも やはり今回のアルバムに既存BEASTのヒット曲を作業したヨン・ジュンヒョンはもちろん、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァンまで作詞、作曲に参加して独自の製作グループらしい成長を証明した。

メンバーひとり一人の活動領域が幅広いという点も、両方のグループの共通点である。
JYJは現在、二人のメンバーが軍服務中で完全体の活動を見るまでには多少時間がかかる見込みだが、入隊前、国内外を行き来しながらソロ活動はもちろん、ミュージカル、ドラマ、映画など様々なジャンルで東方神起活動の時よりも各自の力量をより一層発揮してきた。 HIGHLIGHTも、やはり各メンバーがソロ活動とに加えドラマや芸能などで卓越した存在感を表わしたことがある。

所属会社移籍後より一層翼を広げたJYJの歩みのように、成功的な再跳躍を始めたHIGHLIGHTも やはり人生2幕を華やかにすることができるか関心を集める。

一方HIGHLIGHTは、来る23日ケーブルTV Mnet ‘エムカウントダウン’を通じて本格的な活動に乗り出す。

(ソース 3/22 chicnews )



‘エムカウントダウン’でカムバック
大変だろうけど、(今更ながらも)羨ましいですねえ

同じ時に次の記事も出ていたので
訳してみました




朝鮮日報 【イシュー(争点)まとめZoom】
構成及び製作=ニュースキューレーションチーム シム・ジウ



■ 「私のもののようで、私のものでないあなた」
芸能人と所属事務所の紛争史


'義理'で結ばれた間柄? 違う、 '契約'で結ばれた間柄だ。
昨日は同志だったが、今日は敵になることもある間柄である芸能人と所属会社.
これまでの大型紛争を整理してみた。



 最近、公正取引委員会が芸能企画会社の「練習生」契約書を審査して不公正約款条項を正した。
デビューできずに相対的に「乙」の練習生にも不当な規定を拒否する権利ができたのだ。

公正委が、すでにデビューした芸能人ではない練習生の契約書まで正すことができたところには、2009年から続いた所属会社と芸能人間紛争の功労が大きい。「奴隷契約」論争から損害賠償請求まで、芸能人と所属会社はより良くなるためにずっと闘いを行ってきた。


無題2

 他人の所有物になって働かさせられる人間が「奴隷」だ。
「奴隷契約」は非常に扇情的な表現だが、エンターテイメントの短い歴史とともに不公正になされた契約を現わすには不足がない表現だった。

「奴隷契約」については、基本的に芸能人と所属事務所それぞれの立場がある。
芸能人はデビュー後の功に対して補償してもらいたいものであり、所属事務所は芸能人をいわゆるトップスターにするための時間と費用を補償してもらいたいものである。

それでも不公正な契約に基づく分配の問題は、まだ芸能人と所属事務所の両方に敏感な事案である。



東方神起

2017031601181_3.jpg

 2009年、アイドル東方神起のメンバー3人(ジェジュン・ユチョン・ジュンス、以下JYJ)は、所属事務所であるSMエンターテイメント(以下SM)と「専属契約効力の不在」紛争を繰り広げた。東方神起の紛争で「奴隷契約」論議が水面上に浮上した。

何が問題だったのか?

JYJはSMに、13年間結ばれた「奴隷契約」を解消して 活動の正当な対価を支払うことを要求した。SMは、所属アイドルグループと13年専属契約を締結しており、自社制作番組には無条件に出演しなければならないという条項を入れた。

2017031601181_4.jpg
(左)グループ「東方神起」に関する記者会見中のSMエンターテイメントのキム・ヨンミン代表/朝鮮DB

 長い間の法廷争いの末に2011年JYJが勝訴した。
ソウル中央地方法院は、JYJが結んだ専属契約が不公正だと認めた。 また、追加協議を要求できなくして 契約を解約する場合にはメンバーだけが損害賠償をすることになっている条項もやはり「不公正契約」と判決した。

公正委は東方神起の専属契約と関連してJYJの手をあげたし、SM側も契約内容を自主是正し終わった。

東方神起、専属契約置いて「奴隷契約」の対立

紛争後...

「標準専属契約書」登場


これを契機に「最初の専属契約期間は最大7年とする」という内容の標準専属契約書が登場した。公正取引委員会は、このような内容を盛り込んだ標準約款第10062号大衆文化芸術人の標準専属契約書を2009年7月公示した。

標準専属契約書第2条(マネジメント権限の付与など)2項を見ると、「甲は、自己の才能と実力を最大限に発揮できるように誠実にマネジメント権限を行使して、甲のマネジメント権限の範囲内での芸能活動と関連しての私生活保障などの人格権が内外に侵害されないように最大限努力する」となっている。


2017031601181_5.jpg
'芸能界発展的契約関係樹立のための宣言式'で、少女時代ユリ、ハンナラ党チョ・ムンファン議員、少女時代スヨン、SMエンターテイメント キム・ヨンミン代表/朝鮮DB

SMの放送出演制裁で「JYJ法」発議

 JYJは、相当の期間中放送出演をしていなかった。
SMが複数の放送局にJYJの出演者剤を要請する公文書を送ったのである。
公正取引委員会がこれに対して是正命令を下したが、すでに訴訟期間は多くの過ぎた後だった。
JYJのメンバー、ジュンスは6年ぶりに放送に出演して涙を流した。

以降、明らかな事由なく出演者の番組出演を防ぐ行為を禁止する内容の「JYJ法」が、チェ・ミンフイ新政治民主連合議員の代表発議で国会に提出された。



<KARA>

 ガールグループKARAは、2011年にメンバー ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンの3人が所属事務所であるDSPメディアに専属契約解約訴訟を提起し、内紛に包まれた。

何が問題だったのか?

やはり収益配分と不当待遇が問題だった。KARAは、DSPメディアが不要芸能活動を強要し、各種の不正契約を日常行ったと主張した。「脱退派」三人の親まで出た攻防の末に、歌手協会と芸能製作者協会などが仲裁に乗り出し、メンバーたちと所属会社との合意で紛争は一段落した。しかし、最終的に後にメンバー2人が脱退し、2016年KARAは事実上解体された。


紛争後…

「模範取引基準」登場

 企画会社と所属芸能人の間の収益配分で雑音が続いて、公正委は模範取り引き基準を制定した。 模範取り引き基準によればまず出演料など芸能人の活動による収入があれば企画会社は金を受け取った日から45日以内に収益金を芸能人に支払わなければならない。

公正委はまた、企画会社が所属芸能人を自社関連事業に無理に動員するのを防ぐために、自らの制作物に出演させる場合、あらかじめ芸能人の同意を得るようにし、企画会社広報活動に無償または強制出演させるのも禁止した。


<B.A.P>

 2014年、アイドル グループB.A.Pメンバー6人全員が、所属会社TSエンターテイメントを相手に、「専属契約無効確認」訴訟を提起して、収まったと思った「奴隷契約」論争が再び膨らんだ。


何が問題だったのか?

B.A.Pメンバーは、専属契約が所属会社にだけに有利でメンバーには顕著に不利な条項でなされていると主張した。 活動期間3年の間99億ウォンの売り上げを上げたが精算収益は1人当り1790万ウォンに過ぎなかったということだった。

B.A.Pの場合は、国内より海外で沢山活動した。 訴訟直前まで国内外コンサート回数が50回に達し、休まずに国内活動をしてファンたちの間で「休まないじゃないB.A.P」という修飾語もできた。
.
長い紛争の末、B.A.Pは「お互いの信頼を回復した」として所属会社に復帰し、21ヶ月ぶりにアルバムを発売してカムバックした。



2017031601181_9.jpg

 歌手が芸能企画会社を離れて既存のグループ名を使おうとするとブレーキがかかる場合が多い。 有名グループであるほど紛争の可能性が高い。 その名前により相当な収益が行き来することがあるために商標権は歌手ではなく所属会社が一般的に持っている。

商標権において我が国は、「先出願主義」を選択している。 誰でも先に出願すれば商標権を取得することができる。 もし所属会社側で先に商標権にグループ名を出願した状態で所属会社を移そうとする場合、新しい所属会社に商標権を譲渡してくれない以上歌手はその名前を使えなくなるということだ。



<'BEAST'を'BEAST'と呼ぶことができなくて…>

最近アイドル グループ'BEAST'の前メンバー ユン・ドゥジュン、ヤン・ ヨソプ、ヨン・ジュンヒョン、イ・ギグァン、ソン・ドンウンユン5人が、所属会社キューブエンターテイメント(以下キューブ)との契約が終了して独立して出た。 しかし、彼らはもうBEASTという名前を使うことはできない。 BEASTという名称を使ってアルバムを出したり公演できる権利がキューブにあるためだ。

2017031601181_10_201703262156190e7.jpg
(左)グループ「ハイライト」で帰ってきたBEASTの5人
(右)新しいメンバーと共に「BEAST」でカムバック準備中のチャン・ヒョンスン/朝鮮DB


特にキューブはBEAST前メンバーであるチャン・ヒョンスンを 新メンバー2人と一緒に迎え入れてBEASTを3人組のグループに再編すると発表した。キューブ側と再契約を結んでいない前BEASTメンバー5人と どのような事前調整もなしでBEAST改編を発表した。これにより、メンバー5人はBEASTという名前を取り戻すのが難しくなったわけだ。

結局、ユン・ドゥジュン、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァン、ヨン・ジュンヒョン、ソン・ドンウン5人は、大衆に刻印されたBEASTという名前を使わずに「ハイライト」というグループ名を決めて新たに出発した。


<名前取り戻した'神話'>

 まだ活動しているグループ「神話」も、SMエンターテイメントとの契約が終了したときに商標権の問題で頭を悩また。SM側は神話との契約満了後の神話をアルバムに商標として出願して登録を取得し、その商標権を「準メディア」という会社に譲渡した。

神話メンバーの新しい所属会社である神話カンパニーは、準ミディアに使用許諾を受けてレコード・公演活動に神話という名前を使ったが、準ミディアとの間で商標使用料と関連する紛争がふくらんだ。 2015年、裁判所が紛争を強制調整した末に、準ミディア所有の商標権が神話カンパニーに移り紛争が終了した。


2017031601181_12.jpg

 東方神起を脱退した3人(JYJ)もやはりメンバー脱退以後'東方神起'という名前を使えなかった。 SMに残ることになった2人だけが東方神起という名前を使っている。


<MC The Max!・V.O.S・SS501…>

商標権紛争はこれまで大小なりにあった。 2007年には'MC The Max!'という名前を置いて論議があった。 MC The Max!が専属契約紛争後所属会社を離れて、該当企画会社は既存メンバーがチーム名を使えないように商標サービス表使用禁止仮処分申請を出した。 裁判所は商標権を侵害した事実がないとし棄却して援助MC The Max!はずっと活動中だ

2009年にグループV.O.SとBuzzも所属事務所の契約満了後の名前を置いて紛争があったが、合意がなされ名前を使用することができた。アイドルグループSS501出身ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、キム・ヒョンジュンの3名は、商標権侵害を避けるために「SS501」と類似の「ダブルエス301」という名前を使っている。



無題

 芸能人と所属会社は、お互いの本分を尽くさなかったという理由で法的損害賠償紛争も行う。 所属会社が契約条件に合わないようにしたという理由で、あるいは所属会社が芸能人に専属契約をまともに履行しなかったとして損害賠償を要求したりもする。


 俳優カン・ジファンは、2010年,前所属事務所から専属契約の効力の存在の確認などの請求訴訟を受けた。前所属会社との契約が終わっていない状態で、新しい所属事務所との契約を結んだという理由だった。前所属事務所は「カン・ジファンの誤りのために、実質的に活動していない10ヶ月分の契約が自動延長されなければならない」と訴訟を提起した。「二重契約」論議でカン・ジファンは、8ヶ月間芸能活動が禁止された。

また、▲カン・ジファンの一方的な専属契約違反と紛争を引き起こした件による所属事務所の莫大なイメージ損失に伴う損害賠償金▲カン・ジファンの要求で代納した未払貸付金、無理な車両要求と不誠実な契約履行に起因する損害金などを理由に損害賠償も請求した。

しかし、裁判所がカン・ジファンの手を挙げてくれカン・ジファンは再起した。裁判所は、「専属契約は実質的な芸能活動ができなかった期間 契約期間が自動的に延長されるという内容が含まれていない」とし、「所属芸能人に責任があるという理由で一定期間活動しない場合に契約期間が自動的に延長されるという慣行があるというのを認めるには不十分である」と判断した。


 最近ミュージカル俳優としても活躍中の歌手パク・ヒョシンは、2008年前の所属事務所から30億ウォンに達する損害賠償訴訟が受けた。

前所属会社のインターステージは、専属契約義務不履行を理由にパク・ヒョシンに30億ウォンの損害賠償請求訴訟を提起した。インターステージは「パク・ヒョシンと10億ウォンで専属契約を結んだ後、12億ウォンに達する前金まで提供したにもかかわらず、一方的にマネージャーとの連絡が切れ莫大な支障をもたらした」と主張した。

これにパク・ヒョシンは、「インターステージと、2006年の専属契約を結んだが、この会社の代表取締役であるナ某氏が、2007年1月に彼の名前を取ったナ・ウォンエンターテインメントを設立して代表取締役に就任し、パク・ヒョシンとの専属契約と関連したすべての権利を受け継いだ」とし、「ナ氏が自らパク・ヒョシンとの専属契約をナ・ウォンエンターテイメントに移転させた後、ここにきてインターステージとの専属契約を不当に破棄したと主張するのは明白な嘘だ」と対抗した。

前所属会社との至難な攻防の末、2012年に裁判所は、パク・ヒョシンに15億ウォンを賠償するよう判決を下した。パク・ヒョシンは2014年賠償金15億ウォンと法定利息金など計33億ウォンに達する債務を供託し復帰した。


 最近歌手ファ・ヨビは、前所属会社代表との長い法的攻防で1審勝訴した。
2014年、前所属会社ライオンミディオ代表パク某氏は、ファ・ヨビの同意なしでアルバム投資を名目に10億ウォン相当の投資契約を締結した疑惑を受けた。 パク某氏のこの投資契約の件で、ファ・ヨビは本人も知らない連帯保証人としてそれに伴う投資弁済責任を負わされ、これにファヨビは法的攻防を繰り広げた。


━━━━


 芸能人と所属会社は離そうとしても離すことはできない共生関係を結んでいるという点で「ワニとワニドリ(持ちつ 持たれつの関係)」に例えることができる。 お互いの利益のために助けを与える「win-win」の間柄という意味だ。

それでも芸能人と所属社間の大小の紛争が起きるのは、まだKーPOPの人気にふさわしい芸能企画システムが地位を掴めていなかったという傍証(間接的な証拠)でありうる。 また、標準専属契約書が制定された以後にも、相変らず分野を問わず専属契約と関連した紛争は絶えず行われている。

しかし、紛争を通じて芸能事業が堅固になるのは確実だろう。
長い紛争を通じて、「奴隷契約」と呼ばれる不合理さを破って行きつつあり、多くの芸能人準備生の権利もまた訪ねて行くところだ。

いまだ根絶されないと挫折するよりは紛争を継続しなければならない。
お互いの成果と利益を尊重するものの、一方だけが利益を詐取しない地点を探すことが、韓流と芸能産業の活性化のための道である。


(ソース 3/22 朝鮮日報 이슈 모아Zoom










にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村