日常の話

        

しばし休業のお知らせ

category - 日常の話
2015/ 03/ 04
                 




 いつも読みに来てくださっている皆様、ありがとうございます 

実は、しばしの間、ブログを休ませていただくことにしました。

休業の理由は、このところnetの繋がりが非常に悪いため、
記事だけでなく コメントやメールの確認やお返事が滞ることもよく起きておりまして、
PCなのかnet環境なのか判らず ともどもメンテに出すことにしました。

加えて、
(こっちの方が時間かかりそうなんですが)
昨年末に雪かきで 右手が腱鞘炎になり 治ったと思っていたら
このところの雪続きで もっとヒドイことになってしまいまして、
文字は打てるのですが、それをやっていると完治が遅くなる ということで我が身もメンテ。


ジェジュント"ライアングルFM"のチケットが動き出した時で、タイミングが悪いのですが、
今回はチケットの仲介もお手伝いできませんので 何とぞご了承ください。
(すでに譲渡希望を複数の方から頂いてますが すみません。
祈 満員御礼!!!)

それでは、皆さま
よき春を迎えてくださいませ= 

( どうか、ポチなどお気遣いなくm(__)m )







                         
                                  
        

真央ちゃんで泣き笑いな一日だった^^

category - 日常の話
2014/ 02/ 22
                 




 今日は、遅い冬休み
ということで、昨晩はソチオリンピック初の 朝まで夜更かし 


 女子フィギュア 真央ちゃんのフリーの演技、
何かこう、せめてこの瞬間だけでも真央ちゃんと共有したい
自分が思ってた以上に 真央ちゃんの存在は大きかった と自覚した私めでもありました
何が起ころうとしっかり見守りたい 
そう腹をくくってTVの前で正座で観戦
(普段は全くそんなタイプじゃないのに=!!!)

視聴率もあの時間で20%近かったそうで、
同じような気持ちの人がどれだけいたか!ってことですよね


そして、
も~~うるうるでしょ
演技を終えた瞬間の真央ちゃんの表情見たらね


FSの演技、
オリンピックというこの場所を 噛みしめているかのようだった


テクニカルエレメンツ(技術点)は、参加選手中第2位!
(1位は金メダルのソトニコワ選手)
プログラムコンポーネンツの採点には、諸々ブーイングの嵐みたいだけど、
なんだかもういいわ~て感じ
次元が違った~

リンクで熱く繰り広げられている競技とは違うものを観ているような、
緩やかに泳ぐように流れていく4分半という時間
すべてのジャンプが成功していくのが、しごく当たり前に感じて、真央ワールドにどっぷり 

え?もう終わり?!
真央ちゃんの涙で 一気にどわーっと我に返った私め
成績は6位 しかしその価値たるや 


真央ちゃん 大人になったなぁ


夢と運命

試合の順位とか 世界ランキングとか
真央ちゃんはもう 私のなかでは 超えた存在になったかも

いい演技を見せて欲しい 
それが一番の願いと楽しみになった


でもね^^
今はとにかく 解放感を存分に味わって
ゆっくりしてほしいです




・鈴木明子選手Twitter
suzukitwi.jpg

suzukitwi2.jpg


あはっ TVに撮影隊ほか?映ってるね♪
みんなでわいわいやってたんだな~~

あ~~良かった^^


鈴木選手、村上選手もすっきりした笑顔
お疲れ様ですっ 





★プルシェンコがクワンが!
真央のフリー演技に世界の名スケーター達が感動


 真央の"最高の演技"に 世界のスケーターたちが感動した! 
ソチ五輪フィギュアスケートの女子シングルでショートプログラム(SP)16位からフリーで6位に巻き返した浅田真央(23)に、プルシェンコら有名スケーターたちからツイッターで称賛の声が寄せられた。

皇帝エフゲニー・プルシェンコは、真央は素晴らしかった。トリプルアクセルは特に良かったよ。君は真の戦士だ」と前夜のミスを引きずらずトリプルアクセルを成功させた浅田を称賛。

また、前夜のショートプログラムのミスの際「ミスは残念だけどこのプログラムは大好き」と応援したバンクーバー五輪銅メダリストのジョアニー・アボット選手も「真央!なんてスケータ!なんてファイターなの!」とミスをはねのけたハートの強さをたたえた。

クワンは「真央の姿に涙した。一生忘れない演技だった」と感動のコメント。

トリノオリンピック銅メダリストで羽生結弦の振付を担当したジェフリー・バトルは「僕の目から涙がこぼれた。ありがとうまお。華麗だったよ」と感動をつづる。

(記事全文は⇒ こちら


ジェフリーバトルはお母さんまでも「胸が痛い。明日のフリーは解き放たれて自由に滑りなさい!」とツイート



★ タラソワ元コーチ、
真央に大粒の涙 「ありがとう」


ロシアフィギュアスケート界の重鎮で、浅田真央の元コーチ、タチアナ・タラソワさん(67)が、20日に行われたソチ五輪フィギュアスケート女子フリーを見て、「これほど素晴らしい演技はなかった。彼女は自分に打ち勝った。私のプログラムを演技してくれたことに感謝したい」と述べた。

 タラソワさんは地元テレビ局に解説者として出演。バンクーバー五輪で師弟関係を組んだタラソワさんは、今回のフリーの曲目、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」の振りつけを担当した。

 タラソワさんは演技に入る前から「がんばって」と述べ祈るような声で解説。そして冒頭のトリプルアクセルを決めたとき、「よしっ」と大きな声を上げた。

 浅田が演技終了後、大粒の涙を流し始めると、「ありがとう」を何度も連発、「辛くて私も見てられないわ」とも語った。 
(ソース⇒ 産経新聞


タラソワ元コーチ、TV放送の実況解説中だったにも係らず
途中から興奮して立ち上がってしまった!らしい
 



★ 浅田真央に絶賛
クワン「永遠に忘れられない」安藤美姫「彼女らしい演技」


記事はこちら⇒ huffingtonpost


★ ソチ五輪 浅田真央、涙のラストダンス!
「今夜、どれだけの人が彼女とともに涙しただろう」


ショートプログラム(SP)ではトリプルアクセルの転倒などにより55.51点(16位)という悪夢のような結果となった。金メダル争いから早々と脱落し、多くの彼女のファンがため息をついただろう。

2010年のバンクーバー五輪ではキム・ヨナに敗れ銀メダルに終わり、翌年末には母親を亡くした。夢への道はいばらの道だった。しかし、浅田は今日まで耐え忍んでこの苦しい道を歩んできた。

フリーの演技は、浅田真央のスケート人生の集大成となった。冒頭のトリプルアクセルを成功させると、その後のすべての演技を完ぺきにこなした。142.71点は彼女のフリーでの自己ベストだ。浅田の五輪での別れの演技は、人々を最も震わせ、涙を誘った。彼女は真の勇者であり、最も勇敢な方法でそれを証明した。

演技が終わると、浅田は涙を流した。CCTVの解説者2人も泣いた。日本、世界のどれだけの「真央ファン」が泣いたことだろう。ある種の感動に、勝敗は関係ないのだ。(
(ソース全文は⇒ Redord china



"他の選手は審判を征服し、Maoは観客を征服した!

全中国が泣いた!感動コメント殺到、中国版ツイッターで検索1位に




このほかにも、

クリスティ・ヤマグチ(米・アルベールビルオリンピック女子金メダリスト)
‏@kristiyamaguchi
「MaoAsadaのことはとても心が痛みます。
このプログラムは私のお気に入りなので、
もし彼女本来の滑りができたならどんなにか
本当に残念」


ダグラス・ラザノ(米・男子シングル)
@DouglasRazzano·
「Mao Asadaマオの事を考えると心が痛む。
 彼女は今までで一番のお気に入りの一人
 ずっとそうであり続けるから❤️」

 

グラント・ホッホスタイン(米・男子シングル)
@Grant_Hochstein
「Maoのプログラムなら ジャンプ無しでもずっと観ていたい。
 あの小さな子供達の ジャンプ ジャンプな演技を観てるより。」


NHKの五輪特番では、あのプルシェンコと金メダルを争ったヤグディンさんの感動のコメントも紹介されてましたね


次から次へと、ネタが尽き無い^^




mao3.jpg
mao2.jpg









 22日夜(日本時間23日未明)に行われるソチ五輪のフィギュアスケートのエキシビション出演者が20日発表され、日本男子は、金メダルの羽生結弦(ゆづる)=ANA▽5位の町田樹(たつき)=関大▽6位の高橋大輔(関大大学院)の全員が出演。女子は、6位の浅田真央(中京大)が名を連ねた。
上位5人・組までは全員出演し、6位からは高橋と浅田が選ばれた。



楽しみ全開ちゅーー♪


Bg_yB43CEAAo6J6.jpg


演目はバラエティ??


日本チームは、基本お笑い系



それにしても、

日刊スポーツの狙いとは??(2月18日の記事)


Bg_p95xCcAAUS6K.jpg

編集長出てこいや== 

可愛いけどネ 









20140221165951-1.jpg


■ キム・ヨナ、浅田真央の涙に共感=「こみ上げてくるものがあった」

  2014年2月21日、韓国・聯合ニュースによると、引退を表明しているキム・ヨナがソチ五輪での試合後、インタビューに応じ、ライバルの浅田真央の涙にこみ上げてくるものがあったと明かした。中国新聞網が伝えた。

20日(現地時間)に行われたフリーでは、ジャンプにミスのあったソトニコワ(ロシア)に149.95点という高得点が付けられ、ノーミスで演技を終えたキム・ヨナには144.19点が付けられたことで、韓国ネットユーザーらからは採点を疑問視する声があがっている。

しかし、キム・ヨナは「五輪参加の目的は金メダルだけじゃないので、結果は気にしていない。試合が終わったので、自由な時間を楽しみたい」とし、ショートプログラム(SP)、フリーともにミスなく演じ切ったことに満足している様子だったという。

また、「スケート人生の中で最も印象深いライバルは?」と聞かれると、浅田真央の名前を挙げた。キム・ヨナは、「私たちほど長年比較され、競争してきた2人の選手はいない」とし、「私たちはともに自国で大きな注目を浴びたので、彼女の気持ちが理解できる」と話した。キム・ヨナは、浅田がフリーの演技後に涙を流す様子をモニターで見た際、自身にもこみ上げてくるものがあったことを明かした。
(ソース recordchina


■ 浅田「キム・ヨナはジュニア時代からずっと一緒に…」

浅田真央がインタビューでキム・ヨナに言及した。

21日(以下、日本時間)にロシア・ソチのアイスバーグスケートパレスで行われたフィギュアスケート女子シングルのフリーの後、浅田真央はインタビューで「オリンピックという恐さを知ってしまい、ショートプログラムの後、気持ちを切り換えるのが難しかった」と話し初めた。

浅田は「今まで自分がしてきたことを信じてスケートをした。今大会で日本代表としてメダルを望んでいたが、ショートプログラムの演技がよくなかった。フリーでは最善を尽くして、今まで支えてくださった方々に感謝の意味を込めて最高の演技をしたかった」と率直な心境を語った。

浅田は「キム・ヨナ選手はとてもすばらしい選手だと思う。ジュニア時代からずっと同じアジアの選手として多くの注目を浴び、自分も成長することができた」とし「大変なこともあったが、スケート人生で一つのよい思い出になったと思う」と話した。

浅田真央のインタビューを見たネットユーザーは「胸が熱くなる」「感動的な言葉」などの反応を見せている。
(ソース 中央日報日本語版







▼ 浅田「4年後は想像できません」改めて引退示唆

 フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)が20日、フリーの演技後に今大会が最後の五輪となる考えをあらためて示した。2018年平昌冬季五輪に向けて、さらに4年間の挑戦を想像できるかを問われ、「できません」と答えた。昨年4月、今シーズン限りで引退する考えを表明していた。

 3月の世界選手権(埼玉)については「一応エントリーはしている」としており、現役最後の試合となる見通し。佐藤信夫コーチは「やる、やらないは現時点で一言も聞いていない」と話した
(ソース 産経ニュース



▼ 浅田、3月の世界選手権に出場
フィギュアスケート女子で今季限りでの引退を表明している浅田真央が21日、上位選手によるエキシビション(22日=日本時間23日未明)の全体練習に参加し、五輪後の世界選手権(3月26~29日・さいたまスーパーアリーナ)について「出場します」と明言した。

 女子6位の浅田は日本男子初の金メダルを獲得した羽生結弦や5位の町田樹、6位の高橋大輔とともに練習した。晴れやかな表情で高橋や外国人選手と談笑する姿が見られ、各種目のメダリストらと一緒に披露するステップや振り付けを確認した。羽生は全体練習後にリンクに残り、ジャンプやスピンなどで氷の感触を確かめた。

(ソース デイリースポーツ


soc14022201060002-p2.jpg











にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村