Post

        

ジェジュン、アジアツアー台湾も成功裡に公演終了

category - 2017アジアツアー(JJ)
2017/ 04/ 03
                 


5秒ジェジュン(Taiwan ver.)
Thank you all my fans 💕

彼のすばらしいパフォーマンス 彼の5秒を楽しもう。
#驚くほどの瞬間。 #ルックス
いつものように素晴らしい!
 







■JYJ ジェジュン、コンサート中に失神?会場に緊迫した空気流れるも、実は“エイプリルフールイベント”…特別だったアジアツアーフィナーレ公演


r2_2017040217022597d.jpg


 JYJのジェジュンがアジアツアーの台湾・高雄公演を成功裏に終えた。

今月1日、台湾の高雄で初めてコンサートを開催したジェジュンはエイプリルフールを迎え、ファンと特別な思い出を作った。

台湾ファンはオープニング曲が終わると一斉に「実は私たちはアンチャン(ジェジュンのマネージャー) のファンだった」というプラカードを持ち、ジェジュンは驚いて爆笑した。ジェジュンは自らマネージャーをステージに呼んで紹介し、ファンはマネージャーの名前を連呼したりもした。

次はジェジュンの反撃だった。ビート感のあるロックステージである「Good morning night」公演後、アンコールタイムでジェジュンがステージ上で倒れたのだ。ジェジュンが倒れると公演は中断され、セキュリティたちがステージに上がり、緊迫した雰囲気を演出した。しばらくして音楽が再び始まり、ファンはお茶目なジェジュンのイタズラに歓声を送り、愛嬌交じりの安堵感を表出した。このように、アジアツアーのファイナル都市である高雄ファンはエイプリルフールにジェジュンと忘れられない思い出を作った。

台湾ファンはジェジュンのすべてのステージに爆発的な反応を見せた。コンサート会場が浮いてしまいそうな凄まじい歓声が絶え間なく続いたことに、ジェジュンも完璧なライブで答えた。青いレザージャケットを着てステージを走りながら「KISS B」のロックバージョンを歌ったジェジュンは「高雄は平穏で静かな都市で、皆さんの歓声がより大きく感じられた。フィナーレステージなので本当に楽しめる公演になればと思う」と感謝の気持ちを伝えた。

独歩的な声色で様々なロックジャンルを繊細かつ恍惚に飾ったジェジュンは、幅広い音域帯で「One Kiss」「Breathing」「Mine」などを歌い、ファンの爆発的な呼応を引き出した。ジェジュンは8人のバンドメンバーと9つの都市を周り、豊かなサウンドと甘く神秘的なボーカルからハードロックの強烈さまで、多彩な曲解釈で埋め尽くしたライブステージを完成させた。特にソロで約3時間を埋めなければならないコンサートで、2年間の空白を感じさせなかったのはジェジュンの卓越した歌唱力と多様なパフォーマンスのためだった。

高雄アリーナを埋めた台湾のファンは、アンコールタイムで韓国語で「ジェジュン! 愛してる」を叫び続け、ジェジュンは「アジアツアーフィナーレが皆さんのおかげで特別で、楽しかった」とし「出来るだけ早いうちにまた来る。高雄が初めてでドキドキだったが、本当に来てよかったと思う」と気持ちを伝えた。


r_20170402170135d0e.jpg


 台湾・高雄はジェジュンが初めて訪れた都市だが、ファンの情熱はどの都市にも負けないものだった。公演当日の朝から約4千人のファンは公演会場前を埋め尽くし、ジェジュンのコンサートを待ち、公演の間、ジェジュンが軍服務中にプレゼントとして発表した曲を披露すると、韓国語で一緒に歌うなど、ジェジュンに対する大きな愛を思いっきり表現したりもした。

台湾の関係者は「ジェジュンの台湾での人気を実感することが出来た公演だった。軍服務前のコンサートと同じぐらい熱い関心を集め、高雄で開催された最近のコンサートの中でもっとも大きな声援だった。ジェジュンは到着してすぐに高雄の夜市を訪れ、公演中に様々な言語で台湾ファンと交感するなど、ファンの愛に答える温かい一面を見せた」と明かした。

ジェジュンは除隊後、初めてのアジアツアーで関心を集めた「2017 KIM JAEJOONG ASIA TOUR ‘The REBIRTH of J」で2ヶ月間9つの都市でツアーを成功に導き、再び自身の底力を証明した。

(ソース 4/2 kstayle)


━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━


ファンの観覧後記

▼個人的には無限のヒーリング受けた高雄公演後の短い所見

 まずは音響の話をしないわけにはいかない。

高雄アリーナ自体が公演で専用の会場ではないか...という推測をしてみる。

舞台正面と後方のスピーカーの間のサウンド空間感と、
バンドの楽器のいずれも飛び散らないずば抜けたサウンドバランスに
鮮やかなデリバリー

ソウル、日本から香港、マカオ、台湾まで来たツアーのうち、
個人的には最も最高に音響が良かった日ではないかと考えてみる。
バランスの頂点に会ったような気持ちというか。

ある記者様のキム・ジェジュン舞台の美しさについてよく形言して下さったのを聞いた後に観る公演だからなのか、舞台効果に集中するというのもあった。

特に記憶に必ず残しておきたい...と思って書いておいたポイントの幾つかだけ話す。

「恨みます」の背後に三角状の中央画面に燃え上がるような赤い画面からブルーに清々しく歌のストーリーに沿って変わっていく感じで、
Don't close the door から No I can't live~へ移るとき..
中央に立ったキム・ジェジュンの周囲で10個のピン照明が1つのポイントで合わさるブルーの照明と交わって、"恨みます" という言葉を使うにはこの曲があまりに美しく感じられるが、これ以上考えずに書くことにする。





この後の"Run sway" では、照明が中央舞台の後ろの観客席側に挿すように降りてきて、その形は中央で見ると青い花が咲いたようだった。

逆に花道には何の照明も無かった。 当然 "Run sway"の最後の歌詞が終わると、振り返って戻る三角画面の間にキム・ジェジュンが消え、これはあたかも花道は闇の世界で、後ろの明るい中央画面が天国に歩いていくような感じがしたりした。





そしてこれは本当に....

公演に これだけ沢山通ったが、初めて知ることになった。

"All thet glitters"で、初めて導入部ビットの音に応じて照明色が変わりながら輝くということを今知ってしまい-_- それも彩度を変えていく形でおそろしく格好良く。

ハ... 最後の公演ででも分かって幸いだ ^_^;;;;;;;;;

しかもまた特別だったのは、"MINE" のピアノ振り付けでキム・ジェジュンが見事な花びらのように手を伸ばして踊る時
舞台中央の明るい白い照明がキム・ジェジュンの後から当たって、ピアノ振付けがツアー回った中で最も歴代級によくできていて素晴らしかった。





そして休暇式以後そんなに泣いたことがないのに 久しぶりに安堵感が湧き立ってストレス解けたような-_-?

開始から今日のステージはものすごいということを感じさせていた。
(一部略)

追加するなら、キム・ジェジュン海外公演でも舞台設備の投資を惜しまずに ソウルで行ったことを最大限具現しようとするのが毎公演ごとに見えてとても感動だった。

後ろに三角の大型中央スクリーンは常にあり ステージ上に最小8個以上? 照明がダイヤ構図を成し、その中にまた-照明が4個打ち込まれたワンセットが6個が上がったその美しい照明もソウルと違うところがなかった。 ほぼ毎公演ごとに。

彼らはそれを知るべきなのだが、
自分たちがどれくらい高クォリティーの努力と投資が入った公演を鑑賞しているのかについて。

(ソース 4/2 Kjj ギャラリー ※動画は勝手に載せました







ジェジュンの "ただいまアジアツアー" 終了なりですね^^

だんだんと、
喉とか体調とか 大丈夫かー?
そんな余計なお世話オバはん化しつつあった私め

ありがと~~~
楽しかった~~
ほっとした~~


005.png
   ↑
同じ思いの みなさんに   






にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
はぁ~ ツアー 終わりましたね。

しっかり楽しませてもくれましたが 驚かせてもくれました。
彼の頭の中は どうすればファンが喜ぶか そしてその反応も計算済み  たえず舞台演出を考えているのでしょうね、
日本ツァーは 嬉しさのあまり躁状態でお喋りツァーになりましたね。
本人曰く 一晩中でも喋っていたいって言ってましたからね、 最長 3時間45分  一時は鍋 布団を しょって行くかーになりましたよ(笑)
しかし私にとっても至福の時を過ごせましたがまじょさんのように仕事の関係、子育て中、介護現場を離れられない方々 がたくさんいらっしゃるのに参戦できなかった方には 申し訳ない気持ちです。

次にどんな仕事に取り組むことになるのか判りませんが 夏の終わりごろ つぎのアルバムを出し11月ごろ又ツァーなんていいと思いますがファンを甘やかすと何処までもおねだりしてしまいますね、私のように、
ひとまず疲れをとって欲しいですがジェジュンは仕事が切れるのが嫌いでたえず続けていたいほうなんでしょうね。

家の前の桜(目黒川とおなじ川の両脇から水面に張り出しています)
やっと8分咲きになりました、午後からぶらぶらしてみます。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: よ~ちんさんへ
 こんばんは^^
(今夜は、私のコメ返が消えました v-12

ジェジュンはどこからあのエネルギー出てくるのか? 永遠の謎デス
身体も心も丈夫に育ったものだとまたも感心ちゅー
無駄な無理をしてないんでしょうかね
いつでもどこでも誰にでも、どこか自然に素の部分で向き合っているような?
目いっぱいカッコつけてる時でもそう(持って生まれてますネ)

いや もーー 
行かないのは自分のせいですから 申し訳ないなんてとんでもないデスっ
それこそジェジュンには《ごめめネ》と平謝りですが。 
除隊してからネット見てるだけでも十分へとへとになる位楽しませてもらって、
ここらでしっかり一息付いて、なんなら北海道旅行もして fufu

韓国のファンが、次はドラマだねと言ってるのを見たりしますが、さてどうなるのやら
なんたってトレジャーより過去のDVDよりアルバム待ってます~~~

最近TVでよく本州の桜映りますよ
目黒川のちょうちんが映ると、ジェジュンて書いてないかと真剣に探してしまうジェジュペンの性(←なんとかしてほしい笑)

Re: 日和さんへ
 こんばんは~^^
思うに、翻訳すること自体が趣味化してるのかもしれません 笑
訳したら何が出てくるか?そんな面白みもあって、
芸能記事とは違う目線とか本音とか、それが知りたいと思うのがファン心♥
いろんな人にどんどんジェジュンを語って欲しいデスね
今日もありがとうございました(^^)/




面白い視点(*≧∀≦*)
まじょ様今晩は^ ^

翻訳凄い凄い!楽しく拝見しました。
この記事に出てくる記者さんって
まじょ様のひとつ前の記事の記者さんかしら

顔見てきゃーきゃー言ったり
ジェジュンの声の出方とか
毎回当たり前のとこしか観てないですが
視点を変えるとまた面白いかもしれないですねー^ ^

まじょ様が以前紹介してくれた
韓国のロック好きな方の翻訳で
歌を楽しみたければ2階席の方がいい
って書いてあったんですけど
アタシそれ読んで
席が遠かったら遠いで
楽しみ方があるんだって思えるように
なったんですよ〜^ ^

この記事の見方もそうですねー
全体が見える遠い席ならではの
楽しみ方で

席がどうあっても
これから納得出来そうです^ ^
次のアルバム楽しみですね!





Re: minminさんへ
 コメント入れて下すってたのに スミマセンですう
いきなりの暑さで 我を忘れてました
(オバはん的には身が持ちません^^;)

それにしても、賢いファンているもんですね
ほぼ全部観てるようだから それなりに見方も変わっていくのかも
私なんぞは、やっとこさ参戦が多いのでそれどころじゃない 
会場出たら記憶飛びますからねーハハハ
(たまにレビュー書いてみたいぞー)

> この記事に出てくる記者さんって
そうだと思いますv(^^)v やっぱ皆読んでる~~

私はけっこう前から音がいい席希望派で、2階席ど真ん中あたりはそこそこ嬉しいんですよ
(もちろん触れそうな位近い席なら音どうでもいい♥)
今回、動画しか見てないけど、ひょっとして音響良かったですか?
あまり音割れしてるファンカム動画ないので、そうかなと思って

そそ、いろいろ読んでも名古屋の一体感はピカイチだったみたいで、頑張って行って良かったデスネ

アルバム、予想つかないですよね 
初めましてのジェジュンがどのアルバムにもいるから
ジェジュンの新たなチャレンジが楽しみだわん(^^♪