Recent Post

        

KBSドラマ局の事情 マンホールも大変らしい

category - ドラマ マンホール
2017/ 09/ 13
                 

すでに おとといのですが、

タキシードジェジュンがあまりにイケメンだったので


(ことに一枚目が~♥)




● C-jeS instagram

私たちのポンピルが変わりました!
キム・ジェジュン1年365日タキシード ソチィ...☆



DJU17zxV4AI6yuL_201709110010286c3.jpg
(1200 x 1157)

DJU17zyU8AAnrJI_20170911001225cf1.jpg
(1200 x 1176)

DJU17zzVAAAl9y4_20170911001224fef.jpg
(1200 x 1185)



■ 'マンホール'キム・ジェジュン、スーツ着てジェームズ・ボンド変身? "独歩的タキシード ピット"

jjw1.png
(795 x 1183)

 キム・ジェジュンが卓越したタキシード ピットを誇った。

今日(10日)午前、所属事務所は キム・ジェジュンの公式SNSアカウントを介してKBS2「マンホール - 不思議の国のピル」の撮影現場のビハインドカットを公開した。劇中で結婚を控えてジンスク(チョン・ヘソン)と結婚式の写真を撮影しているシーンで、結婚式写真集を彷彿とさせるキム・ジェジュンの優れたタキシード姿が目を引いた。

写真の中には「マンホール」撮影真っ最中のキム・ジェジュンの姿が収められている。
スルリムピットタキシードにブラック ボータイをマッチさせて格別なフィジカルとカリスマを自慢するかと思えば、休息中には同僚俳優らと台本を議論したり、タキシードを着た自分のぎこちない姿を見て照れくさい微笑を浮かべるなど 優れた存在感を誇って女心をひきつけている。

とりわけこの日の撮影では、これまでトレーナーやスウェットを好んで着た失業者ポンピル(キム・ジェジュン)キャラクターとは全く違う姿を表わすと、現場では「私たちのポンピルが変わりました」と熱い呼応を得たという裏話だ。

一方、KBS2「マンホール」で28年目片思い中のスジン(ユイ)の結婚を防ぐためにマンホールを通じてタイムスリップ旅行をしているキム・ジェジュンは、今週の放送で愛と友情の間で孤軍奮闘する姿で見る人の応援を受けた。
これまで時間旅行をしていくに連れ 解けるどころかさらに絡まっている状況を、キム・ジェジュンが今後どのように解決していくのか成り行きが注目される。毎週水木夜10時放送。

jjw22.png
(795 x 1182)
jjw23_201709120131246d8.png
(767 x 1177)

(ソース 9/10 THE STAR
.








■ 「クリックTV] 危機のKBSドラマ
ハ・ギョンホン スポーツ京郷エンターチーム記者

 一時 放送関係者では「番組のタイトルを作る時は意味を考えてうまく作らなければならない」という言葉が流行しました。 嘘のように多くのプログラムがタイトルと同じ結果を出す場合が多かったからです。

すぐに思い浮ぶ番組は MBCが放送した芸能番組<待望>です。
2009年MBCで放送された番組は「大きな希望 (大望)」程度の意を持っていたが 悲惨な視聴率のために4回で幕を下ろした‘黒歴史’を持っています。

最近KBSドラマ局も似た苦悩をしているのではと思います。
平日ミニシリーズの軸をなす月火ドラマと水木ドラマの視聴率が悲惨な状況だからです。

20170919_76_01.jpg

通常の放送で 関係者に過去よく出てきた言葉の中に「愛国歌視聴率」という言葉があります。 ある番組が視聴率3%にならなかったりした時に「愛国歌視聴率よりもない」という言葉でからかったからです。

最近放送終了したKBS2月火ドラマ<学校2017>の視聴率は4%台です。 水木ドラマ<マンホール:おかしな国のピル>(以下マンホール)の視聴率は1%台です。

先月31日の放送でさらに<マンホール>は1.4%の視聴率を収めたましたが、これは2000年以後放送された地上波ドラマ視聴率の中で最も低い数値に落ちました。

タイトル通りという説になぞらえば、<学校2017>は学校内に閉じ込められてしまい、<マンホール>は深いマンホールの中に陥ったということになりました。

KBSドラマはわずか前には光栄の時を過ごしたりもしました。
昨年最も大きなシンドロームを起こしたドラマ二編の両方がKBSから出ました。
上半期にはソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ主演で海外派兵軍人と医師の愛を扱った<太陽の末裔>、そして下半期には‘青春史劇’の枠組みを持って俳優パク・ボゴムを青春スターに押し上げた<雲が描いた月明かり>がありました。 その他にも<町の弁護士チョ・ドゥルホ>などの作品も人気を得ました。

今年はナム・グンミン、ナム・サンミ主演の<キム課長>が人気を得ました。
KBSはドラマ局次元で単発ドラマを集中的に育成し、このプログラムを通じて育成されて成長した作家とPDが独特の世界観を持って作品に臨んで評論家と視聴率の好評を得ました。

しかし、このようなシステムがいつからか少しずつ崩壊している感じです。
KBS出身で名前を得た作家は、KBSでなくとも他のチャネルとの契約も可能になって他社に進出し始めたし、後に続くほどの人材を養成するサポートが徐々に弱まっているためです。

さらにドラマ局幹部の編成、つまり ドラマを指定して作品を見る感覚が悪くなったという理由があります。 実際多くの専門家たちも、現実を反映できない浮き立った学園物<学校2017>と、時間に逆らう‘タイムスリップ’素材をなぜ使ったのか分からない<マンホール>の編成が容易になったということにいぶかしさを持っています。

その上KBSドラマ局はメガトン級悪材料が控えています。
4日から始まったゼネストのためです。
実際<マンホール>の場合は、共同演出者がストライキに参加して責任プロデューサーが現場に飛び込みました。
これはMBCも事情が似ていますが、ストライキの局面が長期化すればKBSドラマの低迷は当分続くと思われます。


本当につい最近まで愛されたようだったが‘隔世の感’を感じることになるということです。

(ソース 9/12 スポーツ京郷



▼ 韓国放送プロデューサーらも「コ・デヨン社長退陣するまで制作拒否」

韓国放送(KBS)でも社長の退陣を要求する制作拒否が広がっている。
28日から記者らが制作拒否に入ることにしたのに続き、プロデューサーらも30日から制作拒否に参加する。

韓国放送のプロデューサー協会は24日、30日午前7時から制作を中止すると明らかにした。プロデューサー協会は「23日に総会を開き、所属、職位と関係なく放送制作及び関連業務一切を拒否することにした」とし、「すべてのプロデューサーはコ・デヨン社長が退陣するまで制作を拒否するという連帯署名に参加する」と強調した。
韓国放送プロデューサー協会に加入したプロデューサーは約850人で、制作を担うプロデューサーの90%以上が加入している。協会は今回の制作拒否には役員などを除く750人余りが参加すると見ている。ここにはチーム長・部長級のプロデューサー80人余りも含まれている。以下略。

(ソース 8/25 ハンギョレ


 韓国では、公営放送を「大統領選挙の戦利品」程度に考えるのが政界の認識だそうで、野党時代は公営放送局のトップは政治的に中立的な人物が就くべきとしながらも、いざ政権をとれば 自分達の望む社長を任命するために態度を変えるということが延々と続いているそうで、今回のムン・ジェイン大統領も同じくで、「トイレに入る前と出た後は言う事が違うヒト」と皮肉たっぷりに労組側が批判してますね。









小難しい話になりましたが、
なかなかとんでもない時に主演ドラマ撮影となったジェジュン


明日(今日になってました)は 警察官姿でお目見え
現実のピルは警察公務員試験受験3年目
合格おめでとうござりマス


DJgGAxpUQAA08hh.jpg
DJgGAxpVoAAVo4s.jpg
DJgGAxqVYAAUTcx.jpg



027n_20170913005356b38.png






にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村